2023年 ④12月8日(木) 20:00~21:30【オンライン開催】

PT・OT・STのための臨床研究・統計学のすすめ|相関と回帰(因果関係)

販売価格 価格 ¥3,300 通常価格 単価  あたり 

税込

講師:鈴木 雄太 先生

九州栄養福祉大学 リハビリテーション学部

理学療法学科 助教

/ PT, PhD, JSPO-AT

 ※その他略歴はこちら

 

 ※本セミナーはアーカイブにて見逃し視聴が可能です。当日ご参加ができない場合もご安心ください。

※一括申込で単発受講よりリーズナブルに受講が可能 ※一括申込はこちら(一括申込で10%OFF)

 

リハビリの臨床研究に必要な統計学の6つのコンテンツを網羅

EBPEvidence Based Practice:科学的根拠に基づく臨床)という言葉は

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士なら誰しも耳にしたことがあると思います。

 

リハビリテーションの分野におけるEBPを展開するためには、

エビデンスの構築のための臨床研究の積み重ねが重要です。

 

学校での卒業研究や依頼研究をしたことがない、

という臨床家の理学療法士や作業療法士、言語聴覚士は多いと思います。

そのため統計学は学んだことが無いという方も少なくないはず。

  

“難しそう…”

“自分にはできない…”

 

そう感じる方も多いのではないでしょうか?

 

本セミナーは臨床研究をする上で必要な統計学の知識を学び

実際のセミナー中に臨床経験を実体験することができます。

 

統計学の知識で必要な相関と回帰とは?

 

AとBに相関がある。

このような表現はよく耳にすると思います。

相関とはある2つの変数の関係の度合いです。

相関係数が高いほど強い相関があると言えます。

 

前回相関についてセミナーを行いました。

今回は因果関係です。

因果とは原因と結果のことであり、2つの変数の原因と結果の関係を知りたい時に用いるのが回帰分析です。

原因となる変数の事を独立変数、結果となる変数の事を従属変数と呼びます。

 

これらを聞いたことがあるけど、いまいち何のことか分からないという方は本セミナーの対象です。

ぜひ、本セミナーで回帰分析を理解してください。

 

統計学の知識を利用してデータの関連性を調べよう

例えば生活習慣病の有無で心血管イベントになる可能性が高いかを調べたいとします。

原因となるであろう生活習慣病の有無が独立変数、結果となる心血管イベントの有無が従属変数になります。

このような疑問を臨床で持つことは多々あるため、回帰分析は学会発表や論文執筆において頻繁に利用されています。

 

本セミナーでは講師の鈴木先生が実際に経験した臨床研究を元に研究デザインの立案から統計解析、データの解釈までをお話頂きます。

 

  • 臨床研究をしてみたいけど、何から手を付けてよいかわからない
  • 統計解析が苦手で研究に手が出せない
  • 臨床の疑問を研究テーマにすることができない

 

このようなお悩みをお持ちの方にはぜひ受講頂きたいセミナーとなっております。

本セミナーでは無料の統計解析ソフトを利用しての実演を行いたいと考えています。

 

統計解析として利用頻度の高い回帰分析を使いこなそう

 

ロジスティック回帰分析、単回帰分析という言葉をよく目にすると思います。

学会発表を聞いていてもよく聞く統計手法です。

我々は疾患と症状の因果関係やある症状と別の症状のどちらが原因でどちらが結果なのか気になることが多いと思います。

 

そのような臨床の疑問を解決するために用いられる統計解析手法が回帰分析です。

目的変数が量的変数であれば単回帰分析、カテゴリーデータであればロジスティック回帰分析を用います。

このように、データの種類によっても統計解析手法は異なりますし、正規分布しているかどうかによっても違ってきます。

 

よくわからないという方は、この機会に苦手意識を克服しませんか?

 

エポックオンラインセミナーのプログラム

  1. 回帰分析を用いた研究事例(コホート研究を中心に)
  2. 単回帰分析と重回帰分析、ロジスティック回帰分析
  3. 共変量とはなにか
  4. オッズ比とリスク比
  5. 統計解析の実際と結果の解釈

 

 

エポックの統計学のすすめは研究論文を読むスキル、考えるスキルが身につきます

実は、臨床での思考過程において研究的な視点は非常に重要なのです。


極端に言えば、臨床研究はしなくてもその視点や考え方は理解しておくことが質の高いセラピストの条件とも言えると考えます。

 

今回、臨床研究の初学者のために6日間に渡ってセミナーを開催することになりました。

 

  • とにかく研究は苦手でやりたくない、けど勉強しないといけない
  • 臨床研究に興味はあるけど周りに相談できる先輩もいない
  • 臨床研究を始めてみたけど、やり方があってるのか不安だ

 

このような方は当セミナーを受講することで悩みを解決し臨床研究に楽しく取り組むことができるようになるでしょう。

     

     

    鈴木先生から皆様に一言

    臨床研究の第一歩は日頃の臨床での疑問(クリニカルクエスチョン)です。

    日々患者さんに真剣に向き合っていれば必ず疑問が湧いてきます。

    文献を読んだり書籍を読み漁って疑問を解決していると思います。

    そのような疑問を臨床の疑問(リサーチクエスチョン)に置き換えれば、臨床研究につながります。

    本セミナーを通して一人でも多くの臨床家が研究に興味を持ち、研究的目線で臨床を見れるようになってもらえれば幸いです。

     

    オンラインセミナーの統計学のプログラム

    本セミナーは6回シリーズとなっています。

    もちろん、単発での受講でも理解できるような構成となっております。

    しかし、セットでまとめて受講頂いた方が臨床研究や統計解析の理解度はより深まります。

    セット割引も適用されますのでお得に臨床研究や統計解析を学ぶことができます。

     

    1日目:9月18日 2群比較と3群比較(ANOVA) ※詳細はこちら

    1. クリニカルクエスチョンからリサーチクエスチョンの考え方
    2. 研究計画の立案とデザイン設計
    3. データの収集と統計解析
    4. 結果の解釈

     

    2日目:10月13日 2元配置分散分析 ※詳細はこちら

    1. クリニカルクエスチョンからリサーチクエスチョンの考え方
    2. 研究計画の立案とデザイン設計
    3. データの収集と統計解析
    4. 結果の解釈

     

    3日目:11月10日 相関と回帰(相関関係) ※詳細はこちら

    1. クリニカルクエスチョンからリサーチクエスチョンの考え方
    2. 研究計画の立案とデザイン設計
    3. データの収集と統計解析
    4. 結果の解釈

     

    4日目:12月8日 相関と回帰(因果関係) ※詳細はこちら

    1. クリニカルクエスチョンからリサーチクエスチョンの考え方
    2. 研究計画の立案とデザイン設計
    3. データの収集と統計解析
    4. 結果の解釈

     

    5日目:1月12日 感度、特異度、カットオフ値 ※詳細はこちら

    1. クリニカルクエスチョンからリサーチクエスチョンの考え方
    2. 研究計画の立案とデザイン設計
    3. データの収集と統計解析
    4. 結果の解釈

     

    6日目:2月9日 ケーススタディ ※詳細はこちら

    1. クリニカルクエスチョンからリサーチクエスチョンの考え方
    2. 研究計画の立案とデザイン設計
    3. データの収集と統計解析
    4. 結果の解釈

           

          エポックセミナーの受講をお悩みの方へ

          コロナ禍以降、オンラインセミナーを行うことで、夜の隙間時間を利用した学習が可能になりました。

          またオンラインセミナーを利用することで、地域格差を無くすことができ、

          何より会場に足を運ばなくてもいいというメリットもあります。



          いつでもどこでも誰でも鈴木先生の講習会を受講することができる

          これがオンラインセミナーのメリットです。


          確かに対面でお話ができないことで、雰囲気がわかりにくいということはあるかもしれませんが、

          それ以上に、いつでも気軽に学べるのがオンラインセミナーの魅力です。

          ぜひご参加のご検討をお待ちしております。


          オンラインセミナーのお申込みの注意点


          ZOOMを用いたオンラインセミナーで行うため、時間の余裕がない方でも
          お手元のスマートフォンやパソコンを使って受講できます。


          オンラインセミナーお申し込みから受講までの流れについて

          1. お申込みの際はパソコンメールからお申込みをくださいますようお願いいたします。※招待コード、ID資料を添付します

          2. 専用フォームからお申し込み後、弊社から申し込み完了メールが届きますのでご確認ください。

          3. お申し込みが完了しましたら、セミナー当日の朝に弊社からメールが届きます。


          メールには


          • ZOOMの招待URL
          • ミーティングID
          • 資料

          を添付しております。


          ※資料ダウンロード期限は1週間です。
          当日参加できない場合においても、資料の再配布は致しませんのでメールからダウンロードをしていただきますようお願いします。


          オンラインセミナーのお申込みの注意点

          お申し込みについては開催日前日の23:59までにお申し込みをお願いいたします。

          もし上記時間以降にお申込みをいただいた場合はこちらからの当日ログイン情報が届くのが遅れる場合があります。


          オンラインセミナーの領収書について

          領収書をご希望の場合は、弊社にお問い合わせください。