2022年9月3日(土) 20:00~21:30【オンライン開催】

アナトミートレインと経絡治療|エポック筋膜リハスクール初級編

販売価格 価格 ¥4,400 通常価格 単価  あたり 

税込

波田野 征美 先生

理学療法士 /エポックスポーツ事業部部長

 

※その他略歴はこちら

 

 

 

 ※エポック筋膜リハスクールは一括申込でリーズナブルに受講が可能!※詳しくはこちら

 ※本セミナーは後日アーカイブ視聴が可能です。セミナー当日参加が難しい場合もご安心ください。

 

 

東洋医学とも関連がある アナトミートレインと経絡は同じもの?

 

アナトミートレインの筋膜連鎖と東洋医学の経絡は同じものです!!

そんなことを言ったらあなたは信じることができますか?
 
  

アナトミートレインの第2版以降を読んだ方は知っているかもしれません。

読んだことがない方は何のことはわからないでしょう。

いや、読んでいる方でも「だから何?」と思った方もいるのではないでしょうか?

 

もしも、あなたもそう思っているならこんなに勿体無いことはありません。

アナトミートレインの筋膜ラインと東洋医学の経絡は誰がどう見ても同じ走行をしています。

そこで本セミナーでは一部ではありますがアナトミートレインと経絡の一致を利用した治療法をお伝えいたします。

エポックオンラインスクールとは?

 

アナトミートレインを使った理学療法の新しい可能性をお伝えします


東洋医学では経絡を「気の通り道」と説明をすることが多いのですが、この「気」という考え方が西洋医学を学ぶ人間にとっては「胡散臭い」と思ってしまう要因の一つだと思います。


しかし、アナトミートレインの著者であるトム・マイヤーズ自身が経絡との類似性を認めていますし、

東洋医学には経絡の走行に沿った筋肉の繋がりとして「経筋」という考え方があります。

そこで経絡をアナトミートレイン同様に筋肉や筋膜の繋がりとして考えて、アナトミートレインと組み合わせればアナトミートレインだけでは説明できないような分析やアプローチが可能になります。

 
アナトミートレインと東洋医学の本格的な運用法は中級編や上級編でお伝えしますが、アナトミートレインの新しい可能性を追求したい方には受講をオススメします。


オンラインセミナープログラム

  1. 経筋の走行とアナトミートレイン
    ・経筋とアナトミートレインの一致
  2. 経筋特有の分岐と接続を考慮した治療
    ・膝窩と肩の繋がり
    ・肩のツボと腰痛の治療
    ・不定愁訴への経筋治療

など

 

アナトミートレインで考える筋膜リハ スクールスケジュール一覧

 

    エポックセミナーの受講をお悩みの方へ

    コロナ禍以降、オンラインセミナーを行うことで、夜の隙間時間を利用した学習が可能になりました。

    またオンラインセミナーを利用することで、地域格差を無くすことができ、

    何より会場に足を運ばなくてもいいというメリットもあります。

    いつでもどこでも誰でも波田野先生の講習会を受講することができる

    これがオンラインセミナーのメリットです。



    確かに対面でお話ができないことで、雰囲気がわかりにくいということはあるかもしれませんが、

    それ以上に、いつでも気軽に学べるのがオンラインセミナーの魅力です。

    ぜひご参加のご検討をお待ちしております。




    オンラインセミナーのお申込みの注意点


    ZOOMを用いたオンラインセミナーで行うため、時間の余裕がない方でも

    お手元のスマートフォンやパソコンを使って受講できます。




    オンラインセミナーお申し込みから受講までの流れについて

    1. お申込みの際はパソコンメールからお申込みをくださいますようお願いいたします。※招待コード、ID資料を添付します

    2. 専用フォームからお申し込み後、弊社から申し込み完了メールが届きますのでご確認ください。

    3. お申し込みが完了しましたら、セミナー当日の朝に弊社からメールが届きます。



    メールには

    • ZOOMの招待URL
    • ミーティングID
    • 資料

    を添付しております。


    オンラインセミナーのお申込みの注意点


    お申し込みについては開催日前日の23:59までにお申し込みをお願いいたします。

    もし上記時間以降にお申込みをいただいた場合はこちらからの当日ログイン情報が届くのが遅れる場合があります。


    オンラインセミナーの領収書について

    領収書をご希望の場合は、弊社にお問い合わせください。