2022年8月22日(月) 20:00~21:30【オンライン開催】

脳卒中片麻痺患者の歩行分析に必要な知識とリハビリテーション|短下肢装具装着症例の歩行分析

販売価格 価格 ¥3,300 通常価格 単価  あたり 

税込

講師:奥野 泰介 先生

加納総合病院 

リハビリテーション科 科長

理学療法士

※その他略歴はこちら

 

※本セミナーはアーカイブにて見逃し視聴が可能です。

シリーズセミナーは一括申込でリーズナブルに受講が可能です→詳しくはこちら

 

臨床の中で脳卒中片麻痺患者様の動作分析は必須技術です。

しかしながらどのような流れで勉強すべきなのか、

どこから見ればいいのか悩む若手セラピストは少なくありません。

 

  • 片麻痺患者様の動作分析がわからない
  • 分析から考察するための思考過程を教えてほしい
  • 装具療法の適応やその進め方がわからない
  • 実際の症例を元に勉強を進めたい

 

もしこのような悩みを持っているのであれば

本シリーズセミナーがおすすめです。

 

脳卒中患者の歩行動作治療に必要な動作分析からアプローチまで徹底解説

歩行動作の治療には、まず正常動作の理解から始め、

そこから逸脱する動作を見つけたうえで、その問題点を推測して治療します。

 

この動作観察の段階で躓いてしまうと、なかなか歩行動作の治療は困難を極めます。

 

本シリーズセミナーでは歩行動作の観察能力を鍛え、

その上で短下肢装具を用いた症例の歩行動作の考え方や問題点の捉え方、

実際自立できない患者様の問題点の考え方や痛みの捉え方を徹底的に解説していただきます。

 

脳卒中片麻痺患者様の短下肢装具を用いた症例の歩行の考え方 

本セミナーでは短下肢装具が適応する患者様について、

短下肢装具を装着した場合と裸足の場合の問題点の考え方について考えます。

 

本セミナーでは麻痺の程度が中等症レベルの患者様を元に講義を進めます。

視床出血を呈し、Brunnstrom-recovery-stage-test(以下BRS-T)Ⅳレベルの患者様を元に

動作分析や問題点の解釈方法について学びます。

 

装具なしでは歩行介助が必要なレベルで、中枢部の出力が弱く軽度弛緩性麻痺を呈する患者様に

どのように治療を進めるかを考えていきます。

 

歩行は漠然と全体を見ていても何も分かりません。

目的をもって問題点を見つける必要があります。

片麻痺患者様の歩行は代償の差はありますが、ある程度力学的特性は似ているので、

このあたりについて徹底的に講義を進めます。

 

オンラインセミナーのシリーズプログラム

※各セミナーのリンク先で詳細を確認できます。

 

 

エポックセミナーの受講をお悩みの方へ

コロナ禍以降、オンラインセミナーを行うことで、夜の隙間時間を利用した学習が可能になりました。

またオンラインセミナーを利用することで、地域格差を無くすことができ、

何より会場に足を運ばなくてもいいというメリットもあります。

いつでもどこでも誰でも奥野先生の講習会を受講することができる

これがオンラインセミナーのメリットです。



確かに対面でお話ができないことで、雰囲気がわかりにくいということはあるかもしれませんが、

それ以上に、いつでも気軽に学べるのがオンラインセミナーの魅力です。

ぜひご参加のご検討をお待ちしております。




オンラインセミナーのお申込みの注意点


ZOOMを用いたオンラインセミナーで行うため、時間の余裕がない方でも

お手元のスマートフォンやパソコンを使って受講できます。




オンラインセミナーお申し込みから受講までの流れについて

  1. お申込みの際はパソコンメールからお申込みをくださいますようお願いいたします。※招待コード、ID資料を添付します

  2. 専用フォームからお申し込み後、弊社から申し込み完了メールが届きますのでご確認ください。

  3. お申し込みが完了しましたら、セミナー当日の朝に弊社からメールが届きます。



メールには

  • ZOOMの招待URL
  • ミーティングID
  • 資料

を添付しております。


オンラインセミナーのお申込みの注意点


お申し込みについては開催日前日の23:59までにお申し込みをお願いいたします。

もし上記時間以降にお申込みをいただいた場合はこちらからの当日ログイン情報が届くのが遅れる場合があります。


オンラインセミナーの領収書について

領収書をご希望の場合は、弊社にお問い合わせください。