2022年7月28日、8月4日 20:00~21:30【オンライン講習会】

PT・OT向け嚥下の理解と誤嚥性肺炎予防に必要な姿勢改善の運動療法

販売価格 価格 ¥5,500 通常価格 単価  あたり 

税込

講師:乾 亮介 先生

リハティスプラス 代表 / 理学療法士

※その他略歴はこちら






※アーカイブ動画にて見逃し視聴が可能です。当日ご参加ができない場合もご安心ください。


臨床の中で姿勢評価をする機会は多いと思います。

その中でこのような悩みは持っていたりしませんか?



  • 食事の際によく誤嚥して熱発してしまいリハビリがうまく進まない
  • 高齢者の円背姿勢が強くてどうすればいいかわからない
  • ベッドサイドでのリハビリがマンネリ化している



あなたがこのような悩みを持っているのであれば、

このセミナーで解決することができるかもしれませんよ


理学療法士・作業療法士が嚥下する時の姿勢を評価できれば誤嚥を防げる

高齢の嚥下障害患者や誤嚥性肺炎患者に対する理学療法士・作業療法士の役割としては、

排痰及びそのための呼吸ケアやポジショニング、

咳嗽力や嚥下機能向上のための呼吸筋強化や舌骨上強化など多岐にわたります。



またそれだけではなく、これらの患者は低栄養に起因する
低ADL、廃用症候群なども合併しており離床が困難であるケースも少なくありません。



そのため、離床からADL動作獲得のための基本動作訓練や、

その前段階としての運動療法(体幹機能や下肢機能に対するアプローチ)も理学療法士・作業療法士には必要です。



しかし、嚥下障害や誤嚥性肺炎の高齢患者においては円背(脊柱の後彎)を呈している患者も少なくなく、

離床を進めるのがより困難であるケースを臨床上よく経験します。

だからこそ、言語聴覚士だけでなく
理学療法士や作業療法士が嚥下機能の評価をできるようにしていかなければいけません。


円背姿勢の患者様は積極的に嚥下機能を評価しよう

特に円背と呼吸機能に関する報告は国内外でも多数あり、

呼吸・嚥下機能のためにも円背の軽減や予防は重要であるにも関わらず、

国内の高齢患者の理学療法・作業療法における円背に対する具体的アプローチはガイドラインにも記載がありません。



今回のセミナーでは、前回の『セラピストのための呼吸・嚥下の理解と誤嚥性肺炎の予防』に関する知識を踏まえた上で、

臨床上セラピストが具体的にできるアプローチの実践について実技を交えて紹介します。



特に姿勢の評価の振り返りの際には、骨盤や脊柱アライメントの確認、胸郭や肩甲骨の配置なども復習し、

一般的な理学療法の臨床においても応用できるための基礎も学習していただきます。

次に姿勢と呼吸機能の関係性にも触れながら具体的な肋骨・胸郭可動性の重要性と改善のための運動療法を

リハビリテーションピラティスのエクササイズを応用しながら紹介します。


円背姿勢や誤嚥リスクのある患者様のリハビリを工夫してみよう

呼吸器疾患のリハビリを考えるうえで、

  • なぜ息苦しさが起こっているのか
  • なぜ誤嚥性肺炎を引き起こすのか
  • 誤嚥性肺炎はどう予防すべきか
ということは適切に評価しておくべき内容です。
ではその評価に対して適切な治療技術をあなたは持ち合わせていますか?

本セミナーでは高齢の嚥下障害患者や誤嚥性肺炎の患者にも適応できる
呼吸・嚥下機能のためのエクササイズを紹介します。


また、これらのエクササイズをより安全かつ効率的にできるようにするための
補完方法としての関節モビライゼーションや
筋膜リリースのテクニック等の手技も可能な限り紹介します。



これらのプログラムの内容は、嚥下機能や呼吸機能低下、円背に対する高齢者のためのエクササイズにとどまらず、

より若年層、中年層やその他の脳血管障害や運動器障害の理学療法にも応用できるようなものも含まれます。

そしてよりよい呼吸・嚥下機能のためにも姿勢は重要であり、
そのためにも下肢のバランスやアライメント、筋力も向上しながら
安全かつ効率的に運動療法が実践できるセラピストになって欲しいと願ってこのプログラムを作成しました。


ぜひ興味がありましたらご参加をお待ちしております。


プログラム

〇理想的な姿勢についての確認

姿勢の評価について

 

  • 骨盤のチェック方法
  • 背骨のチェック方法
  • 胸郭の捻じれ
  • 肩甲骨の位置の確認
姿勢と呼吸機能の関係について
徒手的肋骨・胸郭可動性改善アプローチ
肋骨・胸郭可動性改善のための運動療法
  • 胸郭周囲の動的筋膜アプローチ
  • 呼吸筋ストレッチ
  • リハビリテーションピラティス(胸郭・肋骨・胸椎へのアプローチ)
機能的な姿勢改善のために必要な下肢の重心感覚獲得のための可動域と骨アライメント
機能的な起立・歩行のために必要な筋膜リリース
姿勢改善のために必要な体幹への運動療法(リハビリテーションピラティスの応用)
脊柱へのアプローチ(棘突起調整)

 

エポックセミナーの受講をお悩みの方へ

コロナ禍以降、オンラインセミナーを行うことで、夜の隙間時間を利用した学習が可能になりました。

またオンラインセミナーを利用することで、地域格差を無くすことができ、

何より会場に足を運ばなくてもいいというメリットもあります。

いつでもどこでも誰でも乾先生の講習会を受講することができる

これがオンラインセミナーのメリットです。

確かに対面でお話ができないことで、雰囲気がわかりにくいということはあるかもしれませんが、

それ以上に、いつでも気軽に学べるのがオンラインセミナーの魅力です。

ぜひご参加のご検討をお待ちしております。

 


オンラインセミナーのお申込みの注意点


ZOOMを用いたオンラインセミナーで行うため、時間の余裕がない方でも

お手元のスマートフォンやパソコンを使って受講できます。





オンラインセミナーお申し込みから受講までの流れについて

  1. お申込みの際はパソコンメールからお申込みをくださいますようお願いいたします。※招待コード、ID資料を添付します

  2. 専用フォームからお申し込み後、弊社から申し込み完了メールが届きますのでご確認ください。

  3. お申し込みが完了しましたら、セミナー当日の朝に弊社からメールが届きます。



メールには

  • ZOOMの招待URL
  • ミーティングID
  • 資料

を添付しております。



オンラインセミナーのお申込みの注意点

お申し込みについては開催日前日の23:59までにお申し込みをお願いいたします。

もし上記時間以降にお申込みをいただいた場合はこちらからの当日ログイン情報が届くのが遅れる場合があります。



オンラインセミナーの領収書について

領収書をご希望の場合は、弊社にお問い合わせください。