セラピストの為のストレスマネジメント~マインドフルネス瞑想とそれにつながるヨガアプローチ~

講師

葦田 ひとみ 先生

理学療法士/シニアヨガインストラクター


開催情報

2021年8月21日(土)14:00-16:00

オンラインにて行います。

3,850円(税込)

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

ストレスマネジメント・瞑想・マインドフルネス・心理学…

これらの言葉は、リハビリテーションには関係ないと思っているそこのあなた。

どれだけ勉強しても、なぜかうまくいかない

何かが足りない気がする

そう思ったことはありませんか?

 

気持ちの強いセラピストの方の中には、

患者様の気持ちに同調してしまい、自分自身も精神的に落ち込んでしまう方もいると思います。

 

・マイナスな発言をされる患者様に、なんて声を掛けたらいいかわからなくなることはありませんか?

・患者様に共感しすぎて、疲れてしまうことはありませんか?

・治療場面で相手の機嫌をとることばかりを考えてしまうことはありませんか?

・苦しむ人(=患者様)を目の前にして、何もできない自分に無力感を感じてはいませんか?

・つい自分は能力のない人間なんだと自分を責めてしまうことはありませんか?

 

日常の中においても、家事や育児、仕事、仕事の中での雑務など日々やるべきことに追われ、今、目の前のことに集中できず、ミスをくりかえしてしまったり。

治療する側である理学療法士・作業療法士がそのような状態になれば、

適切なアプローチを提供することが難しくなり、

治療効果も減ってしまうことも考えられます。


       申し込みはこちら       

 

選択的心理学の観点から治療アプローチを考える


 

理学療法士・作業療法士の皆さんの中には、

心理学?なんかうさんくさい

役に立たなさそう…

そう思っておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

確かに、

運動学・生理学の基礎知識をはじめとして、

各運動療法のアプローチ、バイタルサイン等内科系の知識、装具の知識、福祉用具の知識、

リハビリには学ばなければならないことは多岐に渡ります。

心理学なんて学ぶ暇ない、と思うかもしれません。

ただ、心理学は日々の治療戦略を立てる上で、治療効果を引き出すうえでとても重要な要素なのです。

その理由を、このセミナーでお伝えします。

 

セラピストがストレスマネジメントをできるようになると、どうなるのか


・患者様との良好な人間関係が築けるようになり、セラピーがより効果的なものになります。

・自分のセラピーに対する無力感が軽減し、自信につながります。

・患者様のペースに吞まれることなく客観的な視点を持つことができるようになります。

・今、ここに集中できるようになる為仕事のパフォーマンスが上がり、ミスも軽減します。

・慢性疼痛を抱える方のケアをする際の声掛けや、相手に姿勢が変わります。

 

この講座ではこんなことが学べます。


・人をケアするセラピストとして、まずは自分のマインドを整える方法がわかります。

・自分を認めることで自分を責める思考の癖をコントロールできる方法がわかります。

・慢性疼痛の治療において、特に重要なのが、セラピストとの良好な人間関係であるといわれています。自分を認めることで、目の前の人も認められるようになり、良好な人間関係が構築できるヒントが得られます。

・特に在宅医療では慢性疼痛に悩む方が多く、そのような方の痛みとの付き合い方、セラピストとしての声掛けのヒントが得られます。

 

マインドフルネスをリハビリテーション、そして日常へ活かす


マインドフルネスとは、過去の経験や先入観にとらわれることなく、

身体の感覚に意識を集中させ、今ある状態を「あるがまま」に受け入れることをいいます。

 

あるがままを受け入れられることで、自分に対する無力感や自信のなさが軽減し、

自分を認められることで、自分の目の前の人もそのまま受け入れられるようになります。

 

人とかかわる職業、人を癒す職業、セラピストとして習得すべき技術です。

マインドフルネスを獲得する方法を、ヨガを通してお伝えします。

 

人を癒す職業だからこそ、まずはこの方法を学び、実践し自らを変化させてみませんか?

目の前の人を変化させようと努力するのではなく、まずは自らが良い状態に変化する方法を一緒に学んでいきましょう。

きっとあなたにも、そしてあなたが関わる大切な人にも大きな変化がもたらされるでしょう。

 

プログラム

①そもそもマインドフルネスって?

・瞑想について(マインドフルネスストレス逓減法について概要)

②なぜセラピストにマインドフルネス瞑想が必要なのか

・ストレスマネジメントの観点から

・疼痛コントロールの観点から

・瞑想の種類(呼吸瞑想、ヨーガ瞑想、歩く瞑想などなど)

③日常に生かすマインドフルネス(日常でマインドフルネスを実践するには?)

④マインドフルネスストレス低減法の具体的な実践方法

⑤実践

1)呼吸瞑想につなげるヨガポーズ(三ポーズ程)

・胸郭を広げるワーク、脊柱の可動性を広げるワーク

・安楽座で行うなら股関節の可動性を広げるワーク

2)ヨーガ瞑想ポーズ一例

 

注意事項

できたらヨガマットもしくは畳などでヨガレッスンを受けやすい環境をご用意ください。

ご用意できましたらバスタオル・スポーツタオルをご準備ください。

動きやすい服装でご参加ください。

 

 

※セミナー受講を複数ご検討の受講生様でお振込をまとめたい方はこちら

※セミナーログインIDと資料の送付時期についてのお問い合わせ

 

※ZOOMを用いたオンラインセミナーで行うため、時間の余裕がない方でも

お手元のスマートフォンやパソコンを使って受講できます。

お申し込みの際には【お申込みから受講までの流れについて】と【お振込の注意点について】をよく読んでお申し込みくださいますようお願い申し上げます。

【お申し込みから受講までの流れについて】

①お申込みの際にはパソコンメールからお申込みをくださいますようお願いいたします。

※こちらからお送りする招待コードやIDに加え、資料を添付しますので容量の加減でお送りできない可能性がございます。



②専用フォームからお申し込み後、弊社からメールが届きます。振込先情報をご確認の上、お振込みをお願い致します。



③ご受講料金をお振込みいただきましたら、セミナー当日の朝に弊社からメールが届きます。

その中にZOOMの招待URLとミーティングIDを添付しておりますので、メールが届きましたら招待URLをクリックしてアクセスする

又はzoomアカウントをお持ちの方はIDとパスワードでアクセスしてご参加ください。

※また、本講座はzoomアプリでの講座ですのであらかじめアプリをダウンロードいただき、zoomミーティングが可能な環境下で受講をお願いいたします。

【お振込の注意点について】

お申し込み、お振込については開催日前日の23:59までにお申し込み、お振込をお願いいたします。

もし上記時間以降にお振り込みをいただいた場合は、入金の確認についてお電話をさせていただく可能性がございますので、

大変お手数をおかけいたしますが、お振込みの際の振込明細書はお手元にお持ちくださいますようお願いいたします。
【領収書について】

領収書は原則、振込の際の振込明細書が領収書代わりになっておりますが、

もし別名義で領収書が欲しいなどの場合は、弊社にお問い合わせください。




       申し込みはこちら       

講師

葦田 ひとみ 先生

理学療法士/シニアヨガインストラクター


開催情報

2021年8月21日(土)14:00-16:00

オンラインにて行います。

3,850円(税込)

あなたにオススメのセミナー