心リハ理解に必要な心肺運動負荷試験|エポック心リハスクール

講師

真鍋 周志 先生

理学療法士 / 呼吸療法認定士 / 認定理学療法士(呼吸、循環器) / 心臓リハビリテーション指導士


開催情報

2021年8月18日、19日20:00-21:30

オンラインにて行います。

6,600円(税込)

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

運動療法に必要な嫌気性代謝閾値(AT)の理解と適正負荷量


心臓リハビリテーションは基本的に心肺運動負荷試験(Cardiopulmonary Exercise testing:CPX)結果に基づいた運動処方が原則です。

 

心肺運動負荷試験は医学の中でも数少ない運動負荷を伴う試験であり、

運動生理学においてはとても重要な指標を示してくれます。

 

しかし、実際の現場では無酸素性作業閾値(AT)しか活用されていなかったりします。

他にもたくさんの情報を与えてくれているのに、実にもったいないですよね。

 

このセミナーの到達目標は

 

『心肺運動負荷試験(CPX)の結果を読み解くことができる』

 

ことです。

 

このセミナーを受講することで以下のことが身につきます。

・心肺運動負荷試験の結果を理解することが

・運動生理学に強くなる

       申し込みはこちら       

心肺運動負荷試験を理解するにはまず基礎運動生理の理解が必要です


 

心肺運動負荷試験は心臓リハビリテーション指導士の試験においても難しいとされています。

おそらく、心臓リハビリテーションに携わっていないと関わることがない分野なので、知識がありません。

 

まず必要なのは基礎的な運動生理学です。

 

さらに、循環器疾患についての病態の理解も欠かせません。

私はこれらを合わせて病態運動生理学と解釈しています。

これらの知識があれば心肺運動負荷試験の結果を解釈しやすくなりますので、そちらのお話もしていきます。

 

 

このセミナーを受けて欲しい人

○病院で心肺運動負荷試験を実施しているがイマイチ活用できていない

○今より深く臨床での運動生理学を深めていきたい

 

 

プログラム

心肺運動負荷試験の指標の解説

心肺運動負荷試験には特有の指標がたくさん出てきます

まずはそれらを理解するところから始めましょう

循環器疾患特有の運動時の反応

心不全や虚血性心疾患患者さんは正常とは異なる循環応答が起こります

心臓リハビリテーションにおいてはそのような患者さんを相手にするため、病態を理解しておきましょう

 

③心肺運動負荷試験の実際

実際の症例を通して心肺運動負荷試験の結果を解釈していきましょう

 

セミナー受講を複数ご検討の受講生様はこちらをチェック

※セミナーログインIDと資料の送付についてのお問い合わせ



 

※注意点※

▽このセミナーはオンラインセミナーでZOOMを用いて行います

▽途中でグループワークを行います。講義の復習とディスカッションによって理解を深めます

▽理解度をチェックしながら2日かけてゆっくり丁寧に進めていきますので、あなたの臨床スキルを確実にUpさせます

▽2回で1セットのセミナーとなりますので、必ず2回とも受講頂くようお願い致します

 

エポック心リハスクールで循環器に強くなろう!


エポック心リハスクールでは初級12回、中級10回の全22回のコースをご用意しております。

スクールに参加することで以下の特典があります。

 

□一括での申し込みにより受講料がお得になります。(一回受講料5,500円で受講が可能)

 □エポック心リハスクール卒業生限定オンラインサロンへご招待

 □スクール生限定セミナー、質問会、テストによってさらにスキルアップ!

 

一括申込みはこちら

 

循環器を味方につけると、理学療法士・作業療法士として自身が持てるようになります。

スクールなので仲間と共に成長することができ、卒業後もオンラインサロンにて交流・成長ができます。

 

・・・エポック心リハスクール 中級編 今後のスケジュールについて・・・

※スケジュールをクリックすると詳細ページに飛ぶことができます。

6月30日 7月1日 講義1) 循環器疾患各論~心不全~

7月6日、8日   講義2) 循環器疾患各論~虚血性心疾患~

7月14日、15日  講義3) 循環器疾患各論~弁膜症・心音~

7月21日、22日  講義4) 循環器疾患各論~閉塞性動脈硬化症(ASO)・大動脈疾患~

7月28日、30日  講義5) 循環器医師監修!心筋梗塞後の治療と超急性期管理~人工呼吸器・IABP・IMPELLA・ECMO、医師に報告すべき所見~

8月4日、5日     講義6) 心臓リハビリテーション関連領域①~患者教育・二次予防・栄養~

8月18日、19日    講義7 ) 心臓リハビリテーション関連領域②~心肺運動負荷試験~

8月25日、26日  講義8 ) 心臓リハビリテーション関連領域③~フレイル・サルコペニア~

9月1日、2日   講義9) 心臓リハビリテーション関連領域④~ペースメーカー~

9月8日、9日   講義10) 心臓リハビリテーション関連領域⑤~地域・在宅での心臓リハビリテーション~

 

エポック心リハスクール 初級編(現在第1期開催中、次回開催時期は決まり次第掲載します)

講義1 循環生理

講義2 血圧と運動生理学

講義3 血液生化学検査・血液ガス分析

講義4 胸部レントゲン

講義5 不整脈とモニター心電図

講義6 不整脈と12誘導心電図

講義7  心臓超音波検査

講義8  リスク管理・フィジカルアセスメント

講義9 循環器疾患総論~心不全~

講義10 循環器疾患総論~虚血性心疾患~

講義11 循環器疾患総論~弁膜症・心音~

講義12 循環器疾患総論~閉塞性動脈硬化症(ASO)・大動脈疾患~

 

 

真鍋先生よりひとこと

本セミナーは90分の講義を2日、合計180分かけてじっくり行います。

グループディスカッションや症例検討を交えて実践能力を養っていきますので、すぐに臨床で活用できる内容となっています。

 

グループ内では講師と受講生の意見交換があるため、大人数でのセミナー開催はできません。

そのため少人数での人数限定のセミナーとさせて頂いております、ご了承下さい。

 

単発でのお申込みももちろん可能です。

 

スクールに入ればアーカイブ動画にて復習もできますし、スクール生同士の交流も可能。

スクール終了後も個別の相談や質問への対応も随時行えますので長期的に安心して成長することが可能です。

 

あなたにセミナーでお会いできることを楽しみにしております。

 

 

ZOOMを用いたオンラインセミナーで行うため、時間の余裕がない方でも

お手元のスマートフォンやパソコンを使って受講できます。

お申し込みの際には【お申込みから受講までの流れについて】と【お振込の注意点について】をよく読んでお申し込みくださいますようお願い申し上げます。

 

【お申し込みから受講までの流れについて】

 

①お申込みの際にはパソコンメールからお申込みをくださいますようお願いいたします。

※こちらからお送りする招待コードやIDに加え、資料を添付しますので容量の加減でお送りできない可能性がございます。



②専用フォームからお申し込み後、弊社からメールが届きます。振込先情報をご確認の上、お振込みをお願い致します。



③ご受講料金をお振込みいただきましたら、セミナー当日の朝に弊社からメールが届きます。

その中にZOOMの招待URLとミーティングIDを添付しておりますので、メールが届きましたら招待URLをクリックしてアクセスする

又はzoomアカウントをお持ちの方はIDとパスワードでアクセスしてご参加ください。

※また、本講座はzoomアプリでの講座ですのであらかじめアプリをダウンロードいただき、zoomミーティングが可能な環境下で受講をお願いいたします。

  

【お振込の注意点について】

お申し込み、お振込については開催日前日の23:59までにお申し込み、お振込をお願いいたします。

もし上記時間以降にお振り込みをいただいた場合は、入金の確認についてお電話をさせていただく可能性がございます。

大変お手数をおかけいたしますが、お振込みの際の振込明細書はお手元にお持ちくださいますようお願いいたします。

 




       申し込みはこちら       

講師

真鍋 周志 先生

理学療法士 / 呼吸療法認定士 / 認定理学療法士(呼吸、循環器) / 心臓リハビリテーション指導士


開催情報

2021年8月18日、19日20:00-21:30

オンラインにて行います。

6,600円(税込)

あなたにオススメのセミナー