モニター心電図の読み方|エポック心リハスクール初級編

講師

真鍋 周志 先生

理学療法士 / 呼吸療法認定士 / 認定理学療法士(呼吸、循環器) / 心臓リハビリテーション指導士


開催情報

2021年4月21日、22日 20:00-21:30

オンラインにて行います

5,500円(税込)

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

モニター心電図は不整脈管理の必須アイテム


入院中の患者さんが首からぶらさげているやつ、あれがモニター心電図です。

簡便で24時間監視ができるのがモニター心電図のメリットです。

 

12誘導心電図とは役割も目的も異なります。

我々理学療法士や作業療法士にとっては身近であり唯一無二の不整脈の情報源と言っても過言ではないでしょう。

 

このセミナーではモニター心電図を中心に見方と不整脈の知識を学びます。

 

このセミナーの到達目標は

『臨床でよくある不整脈を理解しモニター心電図をリスク管理に役立てる』

ことです。

 

この到達目標に達すると、以下の知識・技術が身につきます。

●漠然とした不整脈への恐怖がなくなり自信をもてる

●患者さんの状態を把握することができる

●リスク管理において心電図がいかに重要かが分かる

●毎日心電図を見ることが楽しみになる!


エポックオンラインスクールとは?


 

不整脈は最大のリスク要因である


心リハは心肺運動負荷試験をしているから安全な負荷が分かって良い。

確かにそうですが、心肺運動負荷試験をしてもわからないことがあります、それは不整脈です。

心肺運動負荷試験をしても不整脈の出現は予測できないとされています。

つまり、安全とされている運動強度であっても、不整脈は突然起こることがあるのです。

裏を返すと、不整脈は常に気を付ける必要がある厄介者なのです。

 

このセミナーは

〇モニター心電図のリコールを見ても何が何だかよくわからない

〇不整脈があると怖いのでとりあえず低負荷にしてしまう

〇心臓リハビリテーションに従事しているが心電図が苦手

 

このように感じているあなたにおすすめのセミナーです。

 

不整脈は心機能の1つである


不整脈は循環動態に直接的にも間接的にも影響を及ぼします。

心臓が起源なので、循環動態を規定する心機能の1つであると考えてよいでしょう。

 

そして、命に直結します。

 

リハビリテーションにおける中止基準にも多くの不整脈関係の指標があります。

それらを理解せずにリスク管理を行うのはちょっと難しいのです。

 

そして、心電図をとっているにも関わらず見ていない、そんなことはあってはいけないと考えています。

このセミナーを受けて、モニター心電図の見方を理解すればモニターを見ることが楽しみになってくるでしょう。

 

セミナープログラム

本講義では、不整脈を頻脈性・徐脈性・期外収縮で分けてお話をしたいと思います。

1. 心電図の基本原理
心電図というのは心臓の電気的活動を体表面から記録した記号です
ご存知の方が多いと思いますが、まずは基本からしっかり押さえておきましょう

2. 頻脈性不整脈とモニター心電図
臨床での遭遇頻度が比較的高い頻脈性不整脈の解説とその心電図波形を見ていきます
頻脈性と言っても危険なものとそうでもないものと様々です

3. 徐脈性不整脈とモニター心電図
徐脈性不整脈はそれほど多くありませんが、有症状でリハビリの問題となることも多いです
ペースメーカ適応になることもありますので、理解しておきましょう

4. 期外収縮とモニター心電図
期外収縮波最も臨床で良く見る心電図です
致死性不整脈につながることもありますので時に注意が必要です

 

エポック心リハスクールで循環器に強くなろう!


エポック心リハスクールでは初級12回、中級10回の全22回のコースをご用意しております。

スクールに参加することで以下の特典があります。

 

□一括での申し込みにより受講料がお得になります。(一回受講料4,400円で受講が可能)

□エポック心リハスクール卒業生限定オンラインサロンへご招待

□スクール生限定セミナー、質問会、テストによってさらにスキルアップ!

 

循環器を味方につけると、理学療法士・作業療法士として自身が持てるようになります。

スクールなので仲間と共に成長することができ、卒業後もオンラインサロンにて交流・成長ができます。

 

※本セミナーは初級編12回のスクール開催になります。

今後、初級編・中級編受講後に皆様にはオンラインサロンへの招待をさせていただきます。

スクールの一括申込をご希望の方はこちらからお申し込みください。

一括申込はこちら

 

 

初級編の今後のセミナー予定一覧

※スケジュールをクリックすると詳細ページに飛ぶことができます。

 

講義5) 4月21日、22日 不整脈とモニター心電図

講義6) 4月28日、29日 12誘導心電図の読み方と不整脈

講義7 ) 5月5日、6日 心エコーの見かた

講義8 ) 5月12日、13日 リスク管理・フィジカルアセスメント

講義9) 5月19日、20日 循環器疾患総論~心不全~

講義10) 5月26日、27日 循環器疾患総論~虚血性心疾患~

講義11) 6月2日、3日 循環器疾患総論~弁膜症・心音~

講義12) 6月9日、10日 循環器疾患総論~閉塞性動脈硬化症(ASO)・大動脈疾患~

エポック心リハスクール 中級編

講義1 循環器疾患各論~心不全~

講義2 循環器疾患各論~虚血性心疾患~

講義3 循環器疾患各論~弁膜症・心音~

講義4 循環器疾患各論~閉塞性動脈硬化症(ASO)・大動脈疾患~

講義5 循環器医師監修!心筋梗塞後の治療と超急性期管理~人工呼吸器・IABP・IMPELLA・ECMO、医師に報告すべき所見~

講義6 心臓リハビリテーション関連領域②~患者教育・二次予防・栄養~

講義7  心臓リハビリテーション関連領域③~心肺運動負荷試験~

講義8  心臓リハビリテーション関連領域④~フレイル・サルコペニア~

講義9 心臓リハビリテーション関連領域⑤~ペースメーカー~

講義10 心臓リハビリテーション関連領域⑥~地域・在宅での心臓リハビリテーション~

 

 

ZOOMを用いたオンラインセミナーで行うため、時間の余裕がない方でも

お手元のスマートフォンやパソコンを使って受講できます。

お申し込みの際には【お申込みから受講までの流れについて】と【お振込の注意点について】をよく読んでお申し込みくださいますようお願い申し上げます。

 

【お申し込みから受講までの流れについて】

お申込みの際にはパソコンメールからお申込みをくださいますようお願いいたします。

こちらからお送りする招待コードやIDに加え、資料を添付しますので容量の加減でお送りできない可能性がございます。

専用フォームからお申し込み後、弊社からメールが届きます。

(直前の申し込みをされた場合、こちらから振込先情報を別途お送りさせていただきます。)

ご受講料金をお振込みいただきましたら、セミナー当日の朝に弊社からメールが届きます。

その中にZOOMの招待URLとミーティングIDを添付しておりますので、メールが届きましたら招待URLをクリックしてアクセスする

又はzoomアカウントをお持ちの方はIDとパスワードでアクセスしてご参加ください。

 また、本講座はzoomアプリでの講座ですのであらかじめアプリをダウンロードいただき、zoomミーティングが可能な環境下で受講をお願いいたします。

 

【お振込の注意点について】

お申し込み、お振込については開催日前日の23:59までにお申し込み、お振込をお願いいたします。

もし上記時間以降にお振り込みをいただいた場合は、入金の確認についてお電話をさせていただく可能性がございます。

大変お手数をおかけいたしますが、お振込みの際の振込明細書はお手元にお持ちくださいますようお願いいたします。

講師

真鍋 周志 先生

理学療法士 / 呼吸療法認定士 / 認定理学療法士(呼吸、循環器) / 心臓リハビリテーション指導士


開催情報

2021年4月21日、22日 20:00-21:30

オンラインにて行います

5,500円(税込)

あなたにオススメのセミナー