【基礎から学ぶ2days】リハビリに必要な循環器の基礎知識~弁膜症・心音~

講師

真鍋 周志 先生

理学療法士 / 呼吸療法認定士 / 認定理学療法士(呼吸、循環器) / 心臓リハビリテーション指導士


開催情報

2021年2月22日、25日 20:00-21:30

オンライン上にて行います。

4,400円(税込)
このセミナーに申し込む

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

※このセミナーは循環器疾患の評価や治療を、よりわかりやすくかみ砕いてお話しいただきますので、若手セラピスト向けになっています。

理解度をチェックしながら2日かけてゆっくり丁寧に進めていきますので、あなたの臨床スキルを確実にUpさせます。

 

===========================

心リハ業界では近年弁膜症患者は増加傾向にあります


弁膜症は循環器病棟にしかいないから、自分には関係ない。

そう思っていないでしょうか?

実際にはそうでもなくて、おそらくあなたが思っている以上に一般的な疾患なんです。

弁膜症と言うと、昔はリウマチ熱などの感染症を原因とした患者さんが多数でした。

しかし、それも昔の話で今では高齢化に伴う弁膜症が増加しているんです。

その代表が『大動脈弁狭窄症』です。

あなたの周りにも大動脈弁狭窄症を合併している患者さんがいないでしょうか?

 

○そもそも、弁膜症のことを良く知らない方

○基本的な心エコーの理解や聴診の方法を知りたい方

○高齢大動脈弁狭窄症患者が多くて困っている方

 

もしあなたがこのような方ならこのセミナーはおすすめです

 

代表的な2つの弁膜症を理解しよう


心臓には4つの弁が存在します。

大動脈弁・肺動脈弁・僧帽弁・三尖弁

これらの弁の機能に問題が生じているのが弁膜症です。

弁膜症には大きく分けて2通りあります。

弁が硬くて開かない『狭窄症』

弁が閉まらない『閉鎖不全症(逆流)』

つまり、4つの弁に2通りの異常があるので少なくても8通りの弁膜症が存在します。

その中でも臨床で遭遇頻度が高いのは2つです。

『僧帽弁閉鎖不全症』と『大動脈弁狭窄症』

まずはこの2つの病態を理解すると他の弁膜症もおおよそ病態を理解することができますので、この2つをしっかり押さえましょう。

 

弁膜症の理解には心エコーが大事


弁膜症に関しては心エコーで検査することが可能です。

つまり、エコーの所見を見れるようになることがとても大事ということになります。

エコーの動画を見れるのも大事ですが、まずはエコーの検査結果に上がってくるあの膨大な英語と略語の意味、そして数値の理解ができるようになりましょう。

もちろん、弁膜症以外でもエコーは見れるようになった方が良いですね、何より非侵襲的に心臓の中の動きが分かるというのはとてもありがたいことです。

 

聴診も弁膜症の理解に役立ちます


聴診で聞いている心音って、何の音か知ってますか?

諸説ありますが、弁が閉じるときに生じる音であるというのが一般的な理解となっています。

つまり、心音の聴診は弁の状態を診ているということができます。

また、心音には心雑音と呼ばれる特有の雑音があります。

呼吸音の聴診で言うラ音みたいなものです。

ラ音って、けっこう微妙な時、判断に迷うときが多くないですか?

それに比べると、この心雑音は比較的聞きやすいものなので、知っておくと結構便利です。

 

隠れ弁膜症患者さんがけっこういます


どんな疾患でもそうなんですが、隠れ○○って必ずあります。

一時、隠れCOPDって言葉が流行った記憶がありますが、やはり隠れ弁膜症患者さんはけっこういると予想されています。

COPDはそもそも手術をするものではないですが、弁膜症は治療は原則弁置換術です。

隠れ弁膜症は聴診などでスクリーニングし、必要であれば心エコーをとってもらえば痛くもかゆくもなく診断が可能です。

しかし、それより悩ましいのは治療を希望しない方が多いことかもしれません。

高齢化に伴う弁膜症が多いので、高齢な方は手術を拒否される方がいます。

最近はカテーテルを利用した弁膜症の治療ができるようになっているので、開心術以外の方法もあるのですが、それでも拒否される方はいます。

そういった方が心臓とは関係ない疾患で入院し、リハビリのオーダーが出る。

こういうケースが実際にけっこうあるんです、だから脳神経外科でも整形外科でも消化器外科でも、どこにでも弁膜症患者さんは隠れている可能性があります。

セミナープログラム

1. 弁膜症の病態
代表的な僧帽弁閉鎖不全症と大動脈弁狭窄症の病態を理解します。
最終的には心不全症状を呈することになりますが、なぜ心不全になるのか理解しましょう。

2. 弁膜症の評価・検査~心エコーの基礎~
弁膜症の検査の代表は心エコーです。
エコーは細かなところまで見るのは難しいですが、代表的な数値や所見をまずは見れるようになることでエコーを見る習慣がついてきます。

3. 弁膜症の評価・検査~心音の聴診の基礎~
心音の聴診は弁膜症の有無のスクリーニング的要素がけっこうあります。
確定診断まではできませんが、ここでは弁膜症に関係する心音・心雑音について理解します。

4. 弁膜症の運動療法
重度のケースを除いて、弁膜症患者さんは運動療法の適応となります。
Ope適応前の患者さんの場合は心不全症状の管理が基本となります。
弁膜症患者さんの運動療法について基本的な考え方を学びましょう。

 

 

エポックオンラインセミナーの心リハ講座は基礎から学べるから安心


心リハを学ぶ上で重要な学問が生理学、病態生理学です。

ですがこれは実は学生の中でもトップ3に入るくらい苦手だという学問でもあると思います。

 

それはなぜか?

この学問は座学だからです。

 

身体を使って学ぶ治療技術は人気だったと思いますが、生理学は難しい用語や

化学の知識が必要になったりと苦手意識を持つ学生は多かったと思います。

 

臨床にでてからも、実苦手だというセラピストも少なくないのではないでしょうか?

 

しかしエポックオンラインセミナーの講師を務めてくださる真鍋先生は

心疾患の基礎から徹底的にわかりやすくご講義をいただくため

受講生様からも大人気の講習会になっています。

 

もし生理学の知識があまりなくて心リハを学びたいけれどなかなか手が出ない

と思っているあなたにはぜひこのセミナーをお勧めします。

 

質問しやすい雰囲気作りが上手な講師だから人気があります


真鍋先生の人気の秘訣は質問のしやすさにあります。

とても端的にわかりやすく質問の答えを出してくださいますので、

低価格であると共に上記の理由からリピートされる受講生が多いのが印象的です。

 

エポックオンラインセミナーでは時間帯が遅いこともあり

自宅の空き時間で学べるということも人気の秘訣です。

 

特に2021年以降は時間を少し多めに取り

よりわかりやすい内容に仕上げていただきました。

 

ぜひ一度体験してみてください。

 

エポックオンラインセミナーが安価でご提供するには理由があります


様々な勉強会がある中でも、この講習会はとりわけ安価に設定しています。

なぜなら「何度も受けて復習していただきたい」からです。

 

記憶に定着させるためには、何度も繰り返し学ぶ必要があります。

知っているだけではいざという時に使い物になりません。

 

だからこそ何度も何度も繰り返し学びなおしていただきたいという思いから

この低価格でのご提供に踏み切りました。

 

ですので、ぜひ皆様にはわからないところを何度も受けて

記憶の定着に努めていただきたいと思います。

エポックの心リハセミナーの受講をお悩みのあなたへ


エポックセミナーでは、本来日曜日の日中に開催を行っていました。

しかしながら今回オンラインセミナーを行うことで、夜の隙間時間を利用した学習が可能になりました。

 

またオンラインセミナーを利用することで、地域格差をなくすことができ、

何より会場に足を運ばなくてもいいというメリットが一番の大きい理由ではないでしょうか?

 

いつでもどこでも誰でも真鍋先生の講習会を受講することができる

これがオンラインセミナーのメリットです。

 

確かに対面でお話ができないことで、雰囲気がわかりにくいということはあるかもしれませんが、

それ以上に、いつでも気軽に学べるのがオンラインセミナーの魅力です。

ぜひ一度ご参加のご検討をお待ちしております。

 

 

 

 

ZOOMを用いたオンラインセミナーで行うため、時間の余裕がない方でも

お手元のスマートフォンやパソコンを使って受講できます。

お申し込みの際には【お申込みから受講までの流れについて】と【お振込の注意点について】をよく読んでお申し込みくださいますようお願い申し上げます。

 

【お申し込みから受講までの流れについて】

お申込みの際にはパソコンメールからお申込みをくださいますようお願いいたします。

こちらからお送りする招待コードやIDに加え、資料を添付しますので容量の加減でお送りできない可能性がございます。

専用フォームからお申し込み後、弊社からメールが届きます。

(直前の申し込みをされた場合、こちらから振込先情報を別途お送りさせていただきます。)

ご受講料金をお振込みいただきましたら、セミナー当日の朝に弊社からメールが届きます。

その中にZOOMの招待URLとミーティングIDを添付しておりますので、メールが届きましたら招待URLをクリックしてアクセスする

又はzoomアカウントをお持ちの方はIDとパスワードでアクセスしてご参加ください。

 また、本講座はzoomアプリでの講座ですのであらかじめアプリをダウンロードいただき、zoomミーティングが可能な環境下で受講をお願いいたします。

 

【お振込の注意点について】

お申し込み、お振込については開催日前日の23:59までにお申し込み、お振込をお願いいたします。

もし上記時間以降にお振り込みをいただいた場合は、入金の確認についてお電話をさせていただく可能性がございますので、

大変お手数をおかけいたしますが、お振込みの際の振込明細書はお手元にお持ちくださいますようお願いいたします。

※領収書をご希望の方へ

弊社は金融機関の払込受領書、もしくは払込完了画面をもって領収書に代えさせていただいております。

大変お手数をおかけいたしますが、ご理解、ご了承のほどお願いいたします。


▼ お申し込みフォーム ▼

セミナー情報

【基礎から学ぶ2days】リハビリに必要な循環器の基礎知識~弁膜症・心音~

2021年2月22日、25日 20:00-21:30
オンライン上にて行います。
申込者情報

※ スマートフォンでドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

申込者情報 (二人目)

※ ドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

申込者情報 (三人目)

※ ドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

※ 個人情報保護方針およびセミナー利用規約について、ご同意いただける方は下記の申し込み内容確認ボタンを押してください。お申し込み頂いた時点で、上記にご同意いただいたものと致します。
 

講師

真鍋 周志 先生

理学療法士 / 呼吸療法認定士 / 認定理学療法士(呼吸、循環器) / 心臓リハビリテーション指導士


開催情報

2021年2月22日、25日 20:00-21:30

オンライン上にて行います。

4,400円(税込)
このセミナーに申し込む

あなたにオススメのセミナー