解剖学と自律神経の機序から学ぶウィメンズヘルスとヨガ

セミナー内容

ヨガをツールにセラピストはウィメンズヘルスに対して何ができる?


「ウィメンズヘルス」=「一生涯にわたる女性の健康」です。

私達理学療法士・作業療法士は「ウィメンズヘルス」をどう捉え、
自分に対して、身近な人に対して、
「女性の健康」を具体的にどのように実践していったら良いのでしょう?

 

「ウィメンズヘルス」に含まれるものには、
 年代別による生理的変化・身体的変化から女性特有の疾患まで
 仕事・出産・育児・家事など、社会・家庭における役割まで

内容は多岐にわたります。

 思春期から更年期まで
 部分的な問題からつながりにおける二次的な問題まで
 身体面から心理面・環境面まで

全てを把握していくことが理想であるがために、
医療の中で扱うことが難しい分野でもあるのです。

女性セラピストだからこそ、
女性の身体や不調を、「女性の健康」を、より理解しやすいはずです。

私達理学療法士・作業療法士は、
医療の知識があるからこそ医療の枠を超えて制約のある人へのケアを行なうことができると考えています。

 

「ヨガ」は誰でも受け入れやすく取り入れやすいもの


この講義では、

・疾患にならないものに対して、ヨガをツールにどんなことができるか。

・なぜヨガは体に良いと言われるのか。

解剖・生理学的な背景も含めて、お伝えします。

 

女性特有の解剖学的生理学的特徴を知ることでより治療を深めやすくなります。


初産年齢が高く、出産回数も少ない現代女性は、昔に比べて月経回数が多くなっています。

これにより月経前症候群や月経痛の経験回数も増えるということになります。

月経回数が多いことによって子宮内膜症や子宮筋腫などのリスクが増大します。

 

骨盤底筋群は、浅層・中間層・深層に大きく分けられ、

排泄機能・生殖機能に関わるだけでなく内臓の保持という重要な役割を担っています。

 

産後の女性の身体は骨盤底筋群が弛緩した状態にあり、

尿漏れ・臓器下垂・姿勢の崩れから肩こり・腰痛などのトラブルを引き起こされます。

女性のライフステージに合わせた身体の変化を知ることで、

今起きている問題の、根本的な要因に対してアプローチすることができます。

 

さらに女性は特に、自律神経やホルモンの影響を受けやすい、という特徴があります。

自律神経を整えることで、女性特有の不調を改善することができます。

では、自律神経にアプローチするにはどうしたらいいのでしょうか?

自律神経は基本的に不随意に調節されるものですが、

唯一、随意的に調節できるのが『呼吸』です。

呼吸を整えるために、相性が良いのがヨガです。

今回の講義では、ヨガをツールに自律神経にアプローチする方法をお伝えします。

 

「病気でない」不調を理解することがウイメンズヘルスでは重要になる


医療現場において疾患は多様化しつつあり

病院ではケアしきれない疾患がたくさんあります。

 

例えば、

疾患・病気ではないこと…産後のマイナートラブル(産後の腰痛や尿もれなど)

疾患にならないもの…肩こり・だるさ・気力体力の低下など

慢性疾患…治療効果のない痛み・心理状態で左右する痛みなど

これらは西洋医療において疾患名が付きにくいものであり“医療から排除されやすいもの”です。

 

withコロナで、さらにその傾向は増していると感じています。

西洋医学では、

「健康」又は「病気」

二極化しかありませんが、

「生命の科学」とも呼ばれるアーユルヴェーダでは

「健康」「蓄積」「増悪」「播種」「極在化」「発症」「慢性化」

7つの段階に分けて捉えていきます。

 

このように分けて病気の発症を防ぐことを医療の中で行っていくのです。

今回の講義では、アーユルヴェーダの知識も取り入れ、

アプローチや考え方の幅を広げることができます。

新しい視点での治療アプローチを模索しているセラピストには、受講いただきたいセミナーです。

 

プログラム

◉女性の体を整えるためになぜヨガが体に良いのか(スライド60分)
・ヨガが女性に良い解剖学的・生理学的な理由
・より女性の体を整えるポーズとその理由
・ヨガを通してできる妊活のための体づくり
・切迫早産をどう考えるか、ヨガで予防できること
・女性に多く見られるストレスと体の不調・肩こり・腰痛の関係
・自律神経を整えるためにできる3つのこと
(体から・心から・環境からできる具体的なケアとは?)
・アーユルヴェーダやヨガから学ぶ「女性の健康と幸せ」とは

◉自律神経を整えるヨガレッスン(ポイントをお話ししながら40分)
・効果的なポーズやシークエンス
・自律神経を整える呼吸法

◉質疑応答(20分)
【事前課題】
以下のYouTube動画を見ていただくことで、講座をスムーズに行うことができます。
(ゆっくりお話していますので2倍速でもお聴き頂けます。)

◉臨床でうまくいくためにヨガでできること(リンクはこちら)

◉体のどこが硬いかを感じてみる(リンクはこちら)

 

注意事項

できたらヨガマットもしくは畳などでヨガレッスンを受けやすい環境をご用意ください。
ご用意できましたらバスタオル・スポーツタオルをご準備ください。
動きやすい服装でご参加ください。

 
町田先生からのメッセージ

女性としてどのように年齢を重ねていくのが理想なのか。
一緒に考えていきましょう。

セラピストとしてもっと幅広く活躍したい方
自分自身がもっと健康になりたい方
妊活・マタニティの方
妊娠出産を通してウィメンズヘルスを学びたい方、伝えていきたい方

全ての女性にお伝えしたいと思います。

当日お会いできるのを楽しみにしています。

 

 

※ZOOMを用いたオンラインセミナーで行うため、時間の余裕がない方でも

お手元のスマートフォンやパソコンを使って受講できます。

お申し込みの際には【お申込みから受講までの流れについて】と【お振込の注意点について】をよく読んでお申し込みくださいますようお願い申し上げます。

【お申し込みから受講までの流れについて】

①お申込みの際にはパソコンメールからお申込みをくださいますようお願いいたします。

※こちらからお送りする招待コードやIDに加え、資料を添付しますので容量の加減でお送りできない可能性がございます。

②専用フォームからお申し込み後、弊社からメールが届きます。振込先情報をご確認の上、お振込みをお願い致します。

③ご受講料金をお振込みいただきましたら、セミナー当日の朝に弊社からメールが届きます。

その中にZOOMの招待URLとミーティングIDを添付しておりますので、メールが届きましたら招待URLをクリックしてアクセスする

又はzoomアカウントをお持ちの方はIDとパスワードでアクセスしてご参加ください。

 ※また、本講座はzoomアプリでの講座ですのであらかじめアプリをダウンロードいただき、zoomミーティングが可能な環境下で受講をお願いいたします。


【お振込の注意点について】

お申し込み、お振込については開催日前日の23:59までにお申し込み、お振込をお願いいたします。

もし上記時間以降にお振り込みをいただいた場合は、入金の確認についてお電話をさせていただく可能性がございますので、

大変お手数をおかけいたしますが、お振込みの際の振込明細書はお手元にお持ちくださいますようお願いいたします。


※領収書をご希望の方へ

弊社は金融機関の払込受領書、もしくは払込完了画面をもって領収書に代えさせていただいております。



大変お手数をおかけいたしますが、ご理解、ご了承のほどお願いいたします。


▼ お申し込みフォーム ▼

セミナー情報

解剖学と自律神経の機序から学ぶウィメンズヘルスとヨガ

2021年1月16日(土) 14:00-16:00
オンライン上にて行います
申込者情報

※ スマートフォンでドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

申込者情報 (二人目)

※ ドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

申込者情報 (三人目)

※ ドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

※ 個人情報保護方針およびセミナー利用規約について、ご同意いただける方は下記の申し込み内容確認ボタンを押してください。お申し込み頂いた時点で、上記にご同意いただいたものと致します。
 

講師

町田 ユカリ 先生

理学療法士 / ヨガインストラクター