【オンラインセミナー】セラピストのための呼吸・嚥下の理解と誤嚥性肺炎の予防

講師

乾 亮介 先生

リハティスプラス 代表 / 理学療法士


開催情報

2020年10月20日.27日(火)20:00-21:30

オンライン上で行います。

5,500円(税込)

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

 

皆さんは呼吸リハビリと聞くと何を思いつきますか?

 

・呼吸器疾患の方のリハビリ

・肺炎の排痰法

・深呼吸のための呼吸介助

・痰が詰まっているかどうかの評価

 

確かに呼吸器疾患のリハビリの際によく使われる手技や知識ではあります。

ですが、摂食嚥下の際にも呼吸リハの知識は重要だということをご存じですか?

 

呼吸リハ=呼吸器疾患対象

 

このように考えている人は今すぐ呼吸リハを今一度学びなおしてみてください。

理学療法士や作業療法士が、呼吸リハを行う上で知っておかなければいけないのは

呼吸器疾患だけでは足りません。

 

摂食嚥下障害とも切っても切り離せないのです。

本セミナーではその理由について詳しくご講義いただきます。

 

呼吸器疾患と嚥下障害のリハビリには相関関係があります


呼吸器疾患のリハビリと聞くと、呼吸困難感の軽減と体力面の強化が目的だと考えられると思います。

呼吸困難感は加齢とともに増強し、その息苦しさによって活動量の低下が起こります。

 

その結果、そもそも運動することが嫌になり引きこもりがちになります。

この悪循環により寝たきりになってしまうという最悪の結果を回避するために、

呼吸リハビリを実施するのです。

 

この負のスパイラルを断ち切り、

健康を維持するための運動機能を向上させることを目的にしますが

そもそも、患者様の死亡リスクの第一位をあなたは知っていますか?

 

日本人の死因の3位が肺炎なのです。

 

肺炎を引き起こす原因はさまざまですが、この超高齢化社会の中で

我々セラピストが一番予防していかなければいけないのは、誤嚥性肺炎ではないでしょうか?

 

そのため、呼吸器疾患のリハビリを考えるうえで、

「なぜ息苦しさが起こっているのか」

「なぜ誤嚥性肺炎を引き起こすのか」

「誤嚥性肺炎はどう予防すべきか」

 

これは呼吸リハビリテーションに携わるセラピストなら、避けては通れない道です。

本セミナーを受講すると、この関係をきちんと把握することができます。

 

 

嚥下中に呼吸困難感を訴える理由は「呼吸が停止」するからです


まず覚えておいてほしいのは、呼吸と嚥下は無関係ではないということです。

 

食事中には必ず、あるタイミングでどんな人でも呼吸が止まっているということを知っていますか?

これは嚥下時無呼吸と言い、ものを飲み込むときに喉頭拳上が起こり、

舌口蓋閉鎖、鼻咽腔閉鎖、喉頭閉鎖が起こることで、

呼吸を一時的に止める働きがあります。

 

呼吸器疾患の患者様は、根本的に呼吸を正常に行うことが難しい上に、

こうした摂食嚥下のメカニズムにおける呼吸停止において

余計に呼吸困難感を感じてしまうのです。

 

それに加えて高齢者は食事の際の姿勢が崩れ、

頭部のアライメントや脊柱のアライメント

座位保持姿勢のアンバランス

これらの環境がより不安定になることで嚥下が難しくなってきます。

 

例えば頸椎が伸展位を取っていると喉頭挙上がしにくくなり、嚥下しにくくなります。

こうした姿勢の変化により呼吸苦や嚥下障害により

食事がうまく取れない、食事中に息苦しくなる、食事をすると誤嚥してむせてしまう

 

こうした悪循環が生まれるのです。

 

理学療法士・作業療法士が嚥下障害を学ぶべきなのは理由があります


前述したとおり患者様の死因第三位は肺炎です。

 

これは今の情勢のようにコロナウィルスや

慢性閉そく性肺疾患のような原疾患ではなく

高齢者が肺炎を併発する理由は、誤嚥が原因であることが多いからです。

 

唾液や食物、胃液などが気管に入ってしまい、その際に含まれている細菌が肺に入り込んで誤嚥性肺炎を引き起こすのです。

 

ではなぜ食物が誤嚥するのでしょうか?

 

その時の口腔機能だけではなく、食事時の姿勢や食事環境(テーブル上の環境、姿勢環境)

これらを評価し、トレーニングを行っていくのは理学療法士や作業療法士であるべきなのです。

 

なぜなら私たちは姿勢や動作のスペシャリストだからです。

 

・姿勢を見る

・機能を高める

・環境調整について考える

・栄養状態を考える

 

これらの評価を言語聴覚士に任せてしまって大丈夫ですか?

 

「嚥下障害のリハビリは言語聴覚士の分野でしょ?」

 

自分の専門性を否定することになるので、こうした認識はもう捨てましょう。

 

誤嚥性肺炎はリハビリを阻害する 肺炎予防はセラピストの責務だ


 

臨床で熱発を繰り返し、リハビリがうまく進まないという状況に出会ったことはないですか?

 

高齢者や神経疾患(脳梗塞後遺症やパーキンソン病など)で

寝たきりの患者では口腔内の清潔が十分に保たれていないこともあり、

口腔内で肺炎の原因となる細菌がより多く増殖してしまいます。

 

高齢者や寝たきり患者は咳反射が弱くなり嚥下機能が低下します。

その結果、口腔内の細菌が気管から肺へと吸引され、肺炎を発症します。

また、栄養状態が不良であることや免疫機能の低下なども発症に関与してきます。

 

これらは臨床の中で数多くみられる症状です。

 

・熱発が起こっているから仕方がない、

・上記内容を予防するのは看護師や言語聴覚士の役割だ 。

 

こうした考えは今すぐ捨てましょう。

 

誤嚥性肺炎を繰り返しているのは担当セラピストにも責任があるのです。

そもそも、今まで頑張ってリハビリを進めてきたのに、誤嚥性肺炎による熱発で

今まで積み上げてきた運動療法の効果が消失してしまうということが起きます。

 

あなたはこの現状を許すことができますか?

 

 

 

エポックオンラインセミナーの呼吸器セミナーは若手でも安心して受講可能


 

呼吸リハの勉強会は実技がないと・・・

 

そう思われる受講生様はとても多いと思います。

しかしながら理論や治術を学ぶためのセミナーは一日1万円を超える高額なセミナーが多く

年間数回しか受けられないということが近年増えてきました。

 

しかしながらエポックオンラインセミナーでは若手セラピストでも安心して受講できるセミナーをご用意しています。

 

その理由は

・実績のある講師をお呼びしていること

・知識や技術をよりリーズナブルで紹介できること

・若手セラピストにわかりやすい講義を心掛けていただいていること

 

皆様の治療の悩みを少しでも解決できる内容を提供できる秘密をお教えします。

 

多くの受講生が絶賛!呼吸器リハは乾先生に学ぼう


 

今回ご講義いただく乾先生は、嚥下機能障害のメカニズムについて

その重要性を理学療法士・作業療法士にご講演いただいている先生です。

 

特に地域の患者様への講演活動もされておられ、

お話内容がとても面白い、わかりやすいと評判の先生です。

 

また呼吸器リハビリの患者様向けの書籍も発行されておられ

さまざまな分野に精通されておられるセラピストとしても有名です。

 

過去の受講生様からも、ぜひまた先生のお話を聞きたいといったお喜びの声をいただいております。

今回コロナウィルスの影響により実技講習会が開催できないという状況を

残念に思われている方も多く、今回乾先生には無理を言ってオンラインセミナーのご講演をお引き受けいただきました。

 

ぜひあなたがどの勉強会を受ければいいか迷っているなら、ぜひこのセミナーをおすすめします。

 

エポックオンラインセミナーが安価でご提供するには理由があります


さまざまな勉強会がある中でも、この講習会はとりわけ安価に設定しています。

なぜなら「何度も受けて復習していただきたい」からです。

 

記憶に定着させるためには、何度も繰り返し学ぶ必要があります。

知っているだけではいざという時に使い物になりません。

だからこそ何度も何度も繰り返し学びなおしていただきたいという思いから

この低価格でのご提供に踏み切りました。

 

ですので、ぜひ皆様にはわからないところを何度も受けて

記憶の定着に努めていただきたいと思います。

 

エポックセミナーの受講をお悩みのあなたへ


エポックセミナーでは、本来日曜日の日中に開催を行っていました。

しかしながら今回オンラインセミナーを行うことで、夜の隙間時間を利用した学習が可能になりました。

 

またオンラインセミナーを利用することで、地域格差を無くすことができ、

何より会場に足を運ばなくてもいいというメリットもあります。

 

いつでもどこでも誰でも柴本先生の講習会を受講することができる

これがオンラインセミナーのメリットです。

 

確かに対面でお話ができないことで、雰囲気がわかりにくいということはあるかもしれませんが、

それ以上に、いつでも気軽に学べるのがオンラインセミナーの魅力です。

ぜひご参加のご検討をお待ちしております。

 

 

プログラム

1日目

・摂食嚥下リハビリテーションとは?

・誤嚥性肺炎について

・嚥下の基礎解剖、運動学

・嚥下評価

 

2日目

・呼吸器合併症の予防と対処について

・摂食嚥下障害のための姿勢調整

・呼吸理学療法について

 

 

 

ZOOMを用いたオンラインセミナーで行うため、時間の余裕がない方でも

お手元のスマートフォンやパソコンを使って受講できます。

お申し込みの際には【お申込みから受講までの流れについて】と【お振込の注意点について】をよく読んでお申し込みくださいますようお願い申し上げます。

 

【お申し込みから受講までの流れについて】

お申込みの際にはパソコンメールからお申込みをくださいますようお願いいたします。

こちらからお送りする招待コードやIDに加え、資料を添付しますので容量の加減でお送りできない可能性がございます。

専用フォームからお申し込み後、弊社からメールが届きます。

(直前の申し込みをされた場合、こちらから振込先情報を別途お送りさせていただきます。)

ご受講料金をお振込みいただきましたら、セミナー当日の朝に弊社からメールが届きます。

その中にZOOMの招待URLとミーティングIDを添付しておりますので、メールが届きましたら招待URLをクリックしてアクセスする

又はzoomアカウントをお持ちの方はIDとパスワードでアクセスしてご参加ください。 

 また、本講座はzoomアプリでの講座ですのであらかじめアプリをダウンロードいただき、zoomミーティングが可能な環境下で受講をお願いいたします。

 

 

【お振込の注意点について】

お申し込み、お振込については開催日前日の9723:59までにお申し込み、お振込をお願いいたします。

もし上記時間以降にお振り込みをいただいた場合は、入金の確認についてお電話をさせていただく可能性がございますので、

大変お手数をおかけいたしますが、お振込みの際の振込明細書はお手元にお持ちくださいますようお願いいたします。

講師

乾 亮介 先生

リハティスプラス 代表 / 理学療法士


開催情報

2020年10月20日.27日(火)20:00-21:30

オンライン上で行います。

5,500円(税込)

あなたにオススメのセミナー