【エポックオンラインセミナー】腰痛に対する評価と治療の実際

講師

柴本 圭悟 先生

総合上飯田第一病院 理学療法士 / 運動器認定理学療法士 / 体表解剖学研究会講師 / マッケンジー法認定資格


開催情報

2020年10月9日、16日(金)20:00-21:30

zoomを使ったオンライン上にて行います。

6,600円(税込)

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

腰痛は現代社会人の悩みNo1といっても過言ではありません。

あなたの患者様、もしくはあなたはこのような悩みを持っていませんか?

 

・腰が痛くて動けない

・時折足に痛みやしびれが出る

・足の力がなかなか入らない

 

こうした神経症状や下肢の痛みは、脊柱管狭窄症やヘルニアの症状と酷似していますが、

腰痛が原因で起こることもあります。

 

もしあなたが、もしくはあなたの患者様が足の痛みや腰の痛みに悩んでいるなら

このセミナーを受講することで解決する糸口になります。

 

理学療法士・作業療法士なら腰痛治療のために必要な知識を学ぼう


腰痛は、原因がよくわかっていない非特異性腰痛と、特異性腰痛に分けられます。

特異性腰痛とは、原因が画像診断や診察で特定できる腰痛のことであり、

非特異性腰痛は、腰痛の原因を特定できないものの総称として知られています。

 

そんな中、臨床の中で見られる腰痛は85%が非特異性腰痛といわれており

レントゲン診断などで、なかなか原因が特定されにくいと言われています。

 

しかしながら、私達理学療法士・作業療法士が担当させていただく患者様は

その腰痛に悩んでいる以上、治療を行っていかなければいけません。

そんな時に必要な知識は解剖学や生理学だけでなく、

理学検査が重要になってきます。

 

腰痛治療には解剖学や運動学の知識が必須です


腰痛の原因は、椎間板ヘルニアなどの疾患だけが原因ではありません。

腰痛の前弯増強のような姿勢の変化や、過度の負荷がかかることでも腰痛が起こります。

 

このような姿勢の変化によって起こる腰痛については、レントゲン診断などでは

原因が特定されることが少ないです。

そのため原因が特定しにくい腰痛のことを、非特異性腰痛と呼ばれます。

 

しかし臨床の中での腰痛は、この非特異性腰痛が85%を占めるのです。

この腰痛を治療できるのは、姿勢のスペシャリストである理学療法士や作業療法士であるべきです。

 

それはなぜか?

 

私達セラピストは運動学や解剖学のスペシャリストです。

運動学的に負担がかかっている姿勢や部位を特定することにかけては

多職種に負けない知識や技術があるはずです。

 

だからこそ腰痛を引き起こす姿勢の原因を、解剖学・運動学的に説明できるようにしなければいけません。

 

もし骨盤前傾が著明になっている方の腰痛の原因を、患者様にきちんと説明できないのであれば

このセミナーで知識の補充をしてください。

明日から患者様を納得させることができる、知識や治療技術を学ぶことができます。

 

 

非特異性腰痛を理解するために必要な理学検査の重要性を学ぶ


非特異性腰痛は画像診断などで特定できない腰痛です。

しかしながら原因はどこにあるのかを特定していかなければ治療はできません。

 

その時に重要なのが理学検査です。

 

わかりやすいところで言えば下肢伸展挙上テスト(SLRテスト)や、

大腿神経伸展テスト(FNSテスト)が有名ではないでしょうか?

 

SLRテストでは、第四腰椎や第五腰椎の椎間板ヘルニアの際に下肢の痛みがみられます。

このように、下肢の痛みをある検査を用いて誘発していくことで

どこに問題があるかを特定していくことが理学検査ではできます。

 

検査方法は数多くありますが、これらの知識や技術があるだけでも

非特異性腰痛の原因を特定することができ、治療が容易になりますので

ぜひ勉強してみてください。

 

 

 

 

エポックオンラインセミナーの腰痛セミナーは若手でも安心して受講可能


腰痛治療の勉強会は実技がないと・・・

 

そう思われる受講生様はとても多いと思います。

しかしながら理論や治術を学ぶためのセミナーは一日1万円を超える高額なセミナーが多く

年間数回しか受けられないということが近年増えてきました。

 

しかしながらエポックオンラインセミナーでは若手セラピストでも安心して受講できるセミナーをご用意しています。

 

その理由は

・実績のある講師をお呼びしていること

・知識や技術をよりリーズナブルで紹介できること

・若手セラピストにわかりやすい講義を心掛けていただいていること

 

皆様の治療の悩みを少しでも解決できる内容を提供できる秘密をお教えします。

 

多くの受講生が絶賛!腰痛治療は柴本先生に学ぼう


 

今回ご講義いただく柴本先生は、愛知県で体表解剖研究会を主宰されており

年間数百名の若手セラピストへの講演を行われています。

 

また弊社での講義を受講されたセラピストの方々も口をそろえて

 

・基礎からわかりやすく説明してくださっているので勉強になった

・全身の関節を先生にご講義してほしい

 

といったお喜びの声をいただいております。

また受講生様からはぜひ先生を愛知県からお呼びしてほしい、というお話も多く

今回コロナウィルスの影響により実技講習会が開催できないという状況を

残念に思われている方も多くみられていました。

 

ぜひあなたがどの勉強会を受ければいいか迷っているならおすすめのセミナーです。

 

エポックオンラインセミナーが安価でご提供するには理由があります


様々な勉強会がある中でも、この講習会はとりわけ安価に設定しています。

なぜなら「何度も受けて復習していただきたい」からです。

 

記憶に定着させるためには、何度も繰り返し学ぶ必要があります。

知っているだけではいざという時に使い物になりません。

だからこそ何度も何度も繰り返し学びなおしていただきたいという思いから

この低価格でのご提供に踏み切りました。

 

ですので、ぜひ皆様にはわからないところを何度も受けて

記憶の定着に努めていただきたいと思います。

 

エポックセミナーの受講をお悩みのあなたへ


エポックセミナーでは、本来日曜日の日中に開催を行っていました。

しかしながら今回オンラインセミナーを行うことで、夜の隙間時間を利用した学習が可能になりました。

 

またオンラインセミナーを利用することで、地域格差を無くすことができ、

何より会場に足を運ばなくてもいいというメリットもあります。

 

いつでもどこでも誰でも柴本先生の講習会を受講することができる

これがオンラインセミナーのメリットです。

 

確かに対面でお話ができないことで、雰囲気がわかりにくいということはあるかもしれませんが、

それ以上に、いつでも気軽に学べるのがオンラインセミナーの魅力です。

ぜひご参加のご検討をお待ちしております。

 

 

プログラム

・疫学、腰部周囲の解剖学、バイオメカニクスについて

・問診、理学所見の評価方法

・治療紹介

・腰痛予防の姿勢や動作の指導

 

 

 

 

ZOOMを用いたオンラインセミナーで行うため、時間の余裕がない方でも

お手元のスマートフォンやパソコンを使って受講できます。

お申し込みの際には【お申込みから受講までの流れについて】と【お振込の注意点について】をよく読んでお申し込みくださいますようお願い申し上げます。

 

【お申し込みから受講までの流れについて】

お申込みの際にはパソコンメールからお申込みをくださいますようお願いいたします。

こちらからお送りする招待コードやIDに加え、資料を添付しますので容量の加減でお送りできない可能性がございます。

専用フォームからお申し込み後、弊社からメールが届きます。

(直前の申し込みをされた場合、こちらから振込先情報を別途お送りさせていただきます。)

ご受講料金をお振込みいただきましたら、セミナー当日の朝に弊社からメールが届きます。

その中にZOOMの招待URLとミーティングIDを添付しておりますので、メールが届きましたら招待URLをクリックしてアクセスする

又はzoomアカウントをお持ちの方はIDとパスワードでアクセスしてご参加ください。

 また、本講座はzoomアプリでの講座ですのであらかじめアプリをダウンロードいただき、zoomミーティングが可能な環境下で受講をお願いいたします。

 

 

【お振込の注意点について】

お申し込み、お振込については開催日前日の23:59までにお申し込み、お振込をお願いいたします。

もし上記時間以降にお振り込みをいただいた場合は、入金の確認についてお電話をさせていただく可能性がございますので、

大変お手数をおかけいたしますが、お振込みの際の振込明細書はお手元にお持ちくださいますようお願いいたします。

講師

柴本 圭悟 先生

総合上飯田第一病院 理学療法士 / 運動器認定理学療法士 / 体表解剖学研究会講師 / マッケンジー法認定資格


開催情報

2020年10月9日、16日(金)20:00-21:30

zoomを使ったオンライン上にて行います。

6,600円(税込)

あなたにオススメのセミナー