【オンラインセミナー】循環器疾患のリスク管理とフィジカルアセスメント

講師

真鍋 周志 先生

理学療法士 / 呼吸療法認定士 / 認定理学療法士(呼吸、循環器) / 心臓リハビリテーション指導士


開催情報

2020年10月1日(木)19:30~21:00

オンライン上にて行います。

2,200円(税込)
このセミナーに申し込む

セミナー内容

リハビリ職に必要なフィジカルアセスメントとは?


臨床でリハビリを行う以上、リスク管理は切り離せない課題です。

あなたはこのような症状や疑問を臨床で抱いたことはありますか?

 

・離床を促したいのになぜ血圧が下がるのか?

・歩いている最中に動悸や息切れが起こっている理由は?

・運動負荷をかけると唇が青ざめてきた。その原因は?

・脈が飛ぶ現象がある。これは大丈夫なのか?中止すべきなのか?

 

これらの症状はフィジカルサインと呼ばれます。

身体の表面に現れる異常現象をいかに早く察知して理解して

その症状は、何が原因で起こっているのかを視診、触診、聴診、打診を用いて評価し、理解することを

フィジカルアセスメントといいます。

 

フィジカルアセスメントを通じて情報を適切に得ることで

運動を停止したり、もしくは負荷量を調整してリスクを回避したりして、

患者様に安全にリハビリを受けていただけるようにしなければいけません。

 

本セミナーではリスク管理をどのようにしていくかを学び、

こうした悩みを解決する糸口を得るきっかけになると信じています。

 

息切れの原因は運動療法を行う上で重要な情報です


心疾患だけでなく、呼吸器疾患でも見られる症状として息切れがあります。

 

・ベッドからの離床時

・食事中

・歩行練習中

・会話を続けている最中

 

これらの状況とは息切れを起こしやすい場面です。

しかし一概に息切れをおこしているといっても、その原因は様々です。

 

単純に酸素摂取量が少ないのか

肺胞気動脈血酸素分圧較差が低下しているのか

内呼吸がうまくいっていないのか

血液循環機能が低下しているのか

静脈還流量が減少しているのか

 

単純に考えてもこれだけの原因が考えられます。

しかしながらそれらの病態や身体機能によっても様々です。

ですが症状として「息切れ」や「チアノーゼ」が症状として表れている以上

今の状態は「異常」なのです。

 

息切れをなぜ起こしているのか、

息切れ以外にもどのような症状が現れるのか

その際の呼吸音はどのような音が聞こえるのか

 

これらを血圧の測定や視診、聴診などの技術をもって評価することで

見えてくる症状や異常がたくさんあります。

 

浮腫の症状はリスク管理を学ぶ上で見逃せません


 

心疾患で見逃せない症状として浮腫があります。

浮腫は静脈還流量が低下してくることで起こる症状として有名ですが

静脈還流量がなぜ減少するのか、その原因をまずは考えてみてほしい。

 

静脈還流とは心臓から出た血液が静脈を通って心臓に戻ることです。

ですが本来静脈とは静脈弁による逆流防止が行われるはずなのに、その静脈に血液がうっ血してしまっているのです。

その原因は様々です。

 

・心臓から拍出される血液量が少ない

・動脈自体が変性してしまい血液を正常に送れない

・静脈に還流するが右心房や右心室に負担がかかっているため静脈が帰れない

・筋力低下により下腿の筋の収縮で中枢に血液を戻すことができない

・電解質異常により間質細胞への浸潤が起こっている

 

浮腫の原因を考えるだけでもこれだけの問題点が考えられます。

上記の内容だけでも、運動時に危険な浮腫なのか、それとも運動を推進していかなければいけない浮腫なのか、

病態を理解してその浮腫の原因を推察しなければ運動療法を処方できませんよね。

 

浮腫を見分けられるかどうかはリスク管理を行う上で重要になります。

 

理学療法士・作業療法士がリスク管理を学ぶ理由とは?


 

あなたはなぜリスク管理を学ばなければいけないのでしょうか?

それは理学療法士・作業療法士が、患者様が「安定している」状態から「不安定な状態」に変化させる職業だからです。

 

医師や看護師は、患者様の状態を安定させるために、日夜努力を重ねてきます。

昔は病気や骨折になったら数週間~数か月安静ということが当たり前でした。

 

しかし最近は早期離床、早期歩行が一般的になってきているのは周知の事実です。

急性期では入院後1か月以内に回復期に転院するということも当たり前になってきました。

 

つまり回復期もほぼ亜急性期化してきており、患者様は安定していると言えない状況で転院してくるのです。

 

その中で、安定している患者様に運動負荷をかけてリハビリを行うとどうなるか。

患者様の身体機能だけでなく循環機能や精神機能など様々な機能が不安定な状態にあるのに

より不安定な環境に身をおくことになります。

 

そうすると患者様は症状が悪化する可能性もありますよね。

 

その悪化する可能性をいかに見極めて、適切な運動負荷を設定しリハビリを行うか

その際のリスクを最小限に抑えるためにフィジカルサインを見逃さないようにしなければいけません。

 

そのためにリスク管理やフィジカルアセスメント方法を学ぶのです。

 

回復期や維持期の少ない情報下で行うべきリスク管理方法を学ぼう


 

リスク管理と聞くと、どうしても急性期のイメージが強いかもしれません。

しかし、回復期や維持期の理学療法士・作業療法士にこそ、必要な技術なのです。

 

まず、急性期であれば呼吸器や心電図、定期的なエコーやレントゲン、MRIといった多彩な評価バッテリーが数多く得られます。

 

しかしながら、回復期や維持期ではそうした情報を得たくても得られません。

ではどこで得るのかというと、患者様の日頃の様子やフィジカルサインを見極めることが

リスク管理に繋がるのです。

 

・口の渇き

・眼球内の血管の量

・指先や手の色

・皮膚の状態

・呼吸の回数や深さ

 

これらの症状をきちんと把握できているかどうか、そして普段と異なることはないかどうかを見極めることが

情報の少ない回復期や維持期で働くセラピストには重要な技術になります。

 

 

 

リスクの高い患者様が回復期に増加傾向だからこそリスク管理を徹底しよう


 

前述したとおり回復期が亜急性期化してきています。

 

安定している患者様のように見えても不安定である場合も少なくありません。

そんな中、運動療法を処方していくためには、患者様のフィジカルサインをいかに見逃さないようにするか、

心電図やレントゲンをきちんと評価できるようになるかが、リスク管理に重要な知識、技術になるからです。

 

だからこそ回復期や維持期のセラピストは、リスク管理の方法を学ばなければいけないのです。

 

 

エポックオンラインセミナーの心リハ講座は基礎から学べるから安心


心リハを学ぶ上で重要な学問が生理学、病態生理学です。

ですがこれは実は学生の中でもトップ3に入るくらい苦手だという学問でもあると思います。

 

それはなぜか?

 

この学問は座学だからです。

身体を使って学ぶ治療技術は人気だったと思いますが、生理学は難しい用語や

化学の知識が必要になったりと苦手意識を持つ学生は多かったと思います。

 

臨床にでてからも、実苦手だというセラピストも少なくないのではないでしょうか?

 

しかしエポックオンラインセミナーの講師を務めてくださる真鍋先生は

心疾患の基礎から徹底的にわかりやすくご講義をいただくため

受講生様からも大人気の講習会になっています。

 

もし生理学の知識があまりなくて心リハを学びたいけれどなかなか手が出ない

と思っているあなたにはぜひこのセミナーをお勧めします。

 

質問しやすい雰囲気作りが上手な講師だから人気があります


 

真鍋先生の人気の秘訣は質問のしやすさにあります。

とても端的にわかりやすく質問の答えを出してくださいますので、

低価格であると共に上記の理由からリピートされる受講生が多いのが印象的です。

 

エポックオンラインセミナーでは時間帯が遅いこともあり

自宅の空き時間で学べるということも人気の秘訣です。

 

ぜひ一度体験してみてください。

 

エポックオンラインセミナーが安価でご提供するには理由があります


様々な勉強会がある中でも、この講習会はとりわけ安価に設定しています。

なぜなら「何度も受けて復習していただきたい」からです。

 

記憶に定着させるためには、何度も繰り返し学ぶ必要があります。

知っているだけではいざという時に使い物になりません。

だからこそ何度も何度も繰り返し学びなおしていただきたいという思いから

この低価格でのご提供に踏み切りました。

 

ですので、ぜひ皆様にはわからないところを何度も受けて

記憶の定着に努めていただきたいと思います。

 

エポックの心リハセミナーの受講をお悩みのあなたへ


エポックセミナーでは、本来日曜日の日中に開催を行っていました。

しかしながら今回オンラインセミナーを行うことで、夜の隙間時間を利用した学習が可能になりました。

 

またオンラインセミナーを利用することで、地域格差をなくすことができ、

何より会場に足を運ばなくてもいいというメリットが一番の大きい理由ではないでしょうか?

 

いつでもどこでも誰でも真鍋先生の講習会を受講することができる

これがオンラインセミナーのメリットです。

 

確かに対面でお話ができないことで、雰囲気がわかりにくいということはあるかもしれませんが、

それ以上に、いつでも気軽に学べるのがオンラインセミナーの魅力です。

ぜひ一度ご参加のご検討をお待ちしております。

 

 

プログラム

1.リスク管理総論

2.循環器疾患のリスク管理のポイント

3.循環器疾患のフィジカルアセスメント

1)息切れ

2)浮腫

3)聴診

 

 

ZOOMを用いたオンラインセミナーで行うため、時間の余裕がない方でも

お手元のスマートフォンやパソコンを使って受講できます。

お申し込みの際には【お申込みから受講までの流れについて】と【お振込の注意点について】をよく読んでお申し込みくださいますようお願い申し上げます。

 

【お申し込みから受講までの流れについて】

お申込みの際にはパソコンメールからお申込みをくださいますようお願いいたします。

こちらからお送りする招待コードやIDに加え、資料を添付しますので容量の加減でお送りできない可能性がございます。

専用フォームからお申し込み後、弊社からメールが届きます。

(直前の申し込みをされた場合、こちらから振込先情報を別途お送りさせていただきます。)

ご受講料金をお振込みいただきましたら、セミナー当日の朝に弊社からメールが届きます。

その中にZOOMの招待URLとミーティングIDを添付しておりますので、メールが届きましたら招待URLをクリックしてアクセスする

又はzoomアカウントをお持ちの方はIDとパスワードでアクセスしてご参加ください。 

 また、本講座はzoomアプリでの講座ですのであらかじめアプリをダウンロードいただき、zoomミーティングが可能な環境下で受講をお願いいたします。

 

 

【お振込の注意点について】

お申し込み、お振込については開催日前日の9723:59までにお申し込み、お振込をお願いいたします。

もし上記時間以降にお振り込みをいただいた場合は、入金の確認についてお電話をさせていただく可能性がございます。

大変お手数をおかけいたしますが、お振込みの際の振込明細書はお手元にお持ちくださいますようお願いいたします。

 

 


▼ お申し込みフォーム ▼

セミナー情報

【オンラインセミナー】循環器疾患のリスク管理とフィジカルアセスメント

2020年10月1日(木)19:30~21:00
オンライン上にて行います。
申込者情報

※ スマートフォンでドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

申込者情報 (二人目)

※ ドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

申込者情報 (三人目)

※ ドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

※ 個人情報保護方針およびセミナー利用規約について、ご同意いただける方は下記の申し込み内容確認ボタンを押してください。お申し込み頂いた時点で、上記にご同意いただいたものと致します。
 

講師

真鍋 周志 先生

理学療法士 / 呼吸療法認定士 / 認定理学療法士(呼吸、循環器) / 心臓リハビリテーション指導士


開催情報

2020年10月1日(木)19:30~21:00

オンライン上にて行います。

2,200円(税込)
このセミナーに申し込む