回復期リハビリ病棟に務めるセラピストの専門性と臨床応用

講師

中山 直樹 先生

四国医療専門学校 専任教員 / 倉敷芸術科学大学 非常勤講師 / 理学療法士


開催情報

2020年11月22日(日)10:30-16:30

広島県健康福祉センター 小会議室(702)  地図

7,700円(税込)
ペア割 1,000 円キャッシュバック
三人割 1,000 円キャッシュバック
このセミナーに申し込む

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

『回復期』ではなく、『回復期リハビリ病棟』の専門性を追求してみませんか?


回復期セラピストに特化した数少ないセミナーが、ついに広島県でも開催します!!

回復期リハビリ病棟の『スペシャリスト』になってみませんか?

『回復期リハビリ病棟ってどんなところ?』と聞かれた時・・・どのように答えますか?

『回復期セラピストの専門性は?』と聞かれた時・・・どのように答えますか?

回復の時期にリハビリテーションを集中的に行う病棟(セラピスト)?

ADLの向上を図る病棟(セラピスト)?

 

毎年1万人以上排出されるセラピストの多くが回復期リハビリ病棟に就職しているため、

回復期リハビリ病棟では若手のセラピストが多数を占めているのが現状です。

 

一方、回復期リハビリ病棟や回復期セラピストの専門性について深く理解する機会は少ないように思います。

 

学校の授業で詳しく習ったことがない・・・

 

回復期リハビリ病棟(セラピスト)に特化したセミナーはほとんどないし、

学会にも参加したけど考え方を具体的に臨床に活かせていない・・・

 

本セミナーでは、回復期セラピスト(PT・OT・ST)の専門性を再考し、

明日からの臨床ですぐ活用・応用できるような機能面・活動面・参加面への介入の工夫をたくさん提示します。

特に回復期リハビリ病棟『専従』の役割を与えられたセラピストはもちろんのこと、

地域包括ケア病棟・老健・訪問・通所などにも応用できる内容ですので、

他分野のセラピストや他職種(看護師や介護士など)の方もぜひご参加ください!!

 

※以前に開催されたセミナーや今回の内容の一部はブログから!!

https://blog.ep-och.com/search?q=%E5%9B%9E%E5%BE%A9%E6%9C%9F%E3%80%80%E4%B8%AD%E5%B1%B1

 

こんなセラピストにオススメ


回復期リハビリ病棟のスペシャリストになりたい!!

回復期リハビリ病棟でPT・OT・STの専門性を活かしきれていない気がする・・・

回復期リハビリ病棟ならではの機能面への介入視点を手に入れたい!!

取得単位のノルマばかり気にする日々が続いてしまっている・・・

『リハビリテーションの本質』についてこれまでにないような視点から考えてみたい!!

 

プログラム


1.回復期リハビリテーション病棟とは・・・〇〇病棟!?

2.回復期セラピストに特化した専門性ってあるの?

①専門性の本質

・経過からみた回復期セラピストのミッションとは?

・『ICFバランス能力の低下』とは?

・『ジェネラリストのスペシャリスト』の本質とは?

②機能面の改善

・『PT・OT・ST』と『リハビリテーション』は区別して介入するのはなぜ?

・PT=幅、OT=量、ST=質を意識した機能面のプロフェッショナル?

・『自立』よりも『自律』!!寝たきり患者も『自律』はできる?

③福祉用具の活用

・『治療用』福祉用具の視点があれば機能面も改善できる?

・筋活動・筋出力を改善する『スモールシフト』とは?

・施設退院患者に特化した福祉用具検討の新しい考え方とは?

④リスクの管理

・『3ナイの法則』を用いれば廃用症候群を予防できる?

・回復期リハビリ病棟に特化した転倒アセスメントシートの臨床応用とは?

・脳機能の知識はベッドサイドにおける転倒予防対策に活かせる?

⑤実際場面のADL

・『FIM=動作能力の向上』ではない?『してみようADL』と『していくADL』とは?

・血圧変動や昼夜逆転の改善には脳画像とサーカディアンリズムが活かせる?

・『できるADL』と『しているADL』の差はあった方がよい理由とは?















 

過去の受講生様の声

【過去の受講者の声】
2018年10月8日(大阪府開催)
他職種の知識をリハビリテーションに応用する~看護、セラピスト相互知識の共有とリハビリテーションの再考~

・看護からのリハの視点についてなかなか話を聞くことができなかったので今回のセミナーを元に、意識していこうと思いました。
・自分がリハビリをするのではなく、患者様がリハビリをするという考えを忘れずにしていこうと思いました。
・グループワークの時間がもう少しあれば色々な現場に対する話ができて更に話が広がるかもしれないと思いました。
・糖尿病や人工透析を受けている人に対してのお話を聞いてみたい。

2019年11月24日(大阪府開催)
回復期リハビリ病棟に務めるセラピストの専門性と臨床応用

・脳画像のみかたで学校で習う基礎的な部分以外で障害されることでどのような症状が出やすいかを中山先生に教えてほしい
・中山先生が紹介してくださった工夫が新鮮で自分自身では思いつかないようなことがたくさんあり、もっと妄想することが大切だなと考える切っ掛けになりました。
・一年目で学校でリハビリ病棟が授業であまりない中で就職しました。ネットや本で見るよりわかりやすく、ナースとリハスタッフでの目標を一緒にすることや患者のADLの確認も一緒にしたいなと思いました。
・セラピストさんの専門性のある話や介入方法を聞いて看護師の立場でも介入できることがあったり自分の知らないことがたくさんありました。自分のプライマリーのことを考えながら話を聞くことができたので、病院へ持ち帰って活かしたいと思いました。
・回復期でのセラピストの役割が広く学べてよかったです。
・回復期リハに配属されて2年が経ち、何をするべきなのか悩んでいましたが、疾患に向き合うリハビリのときのリハビリにとどまらないなど、できることがたくさんありとても勉強になりました。明日からの臨床に活かしたいです。

2020年1月12日(香川県開催)
回復期リハビリ病棟に務めるセラピストの専門性と臨床応用

・回復期リハに対する考え方が180°変わりました。
・回復期リハビリテーションのイメージが変わった。自分のできることを探していこうという意欲が上がった。
・OTさんSTさんを絡めた臨床的な話もさらに聞きたかったです。


▼ お申し込みフォーム ▼

セミナー情報

回復期リハビリ病棟に務めるセラピストの専門性と臨床応用

2020年11月22日(日)10:30-16:30
広島県健康福祉センター 小会議室(702)
申込者情報

※ スマートフォンでドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

申込者情報 (二人目)

※ ドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

申込者情報 (三人目)

※ ドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

※ 個人情報保護方針およびセミナー利用規約について、ご同意いただける方は下記の申し込み内容確認ボタンを押してください。お申し込み頂いた時点で、上記にご同意いただいたものと致します。
 

講師

中山 直樹 先生

四国医療専門学校 専任教員 / 倉敷芸術科学大学 非常勤講師 / 理学療法士


開催情報

2020年11月22日(日)10:30-16:30

広島県健康福祉センター 小会議室(702)  地図

7,700円(税込)
ペア割 1,000 円キャッシュバック
三人割 1,000 円キャッシュバック
このセミナーに申し込む

あなたにオススメのセミナー