臨床の疑問を解決!~心不全・呼吸不全の病態生理と臨床推論~

講師

真鍋 周志 先生

理学療法士 / 呼吸療法認定士 / 認定理学療法士(呼吸、循環器) / 心臓リハビリテーション指導士

セミナー内容

 呼吸不全、心不全のフィジカルアセスメントを理解しよう


臨床の中でリスク管理をするために血圧や脈拍を徹底的に評価するセラピストが多い中、

整形外科疾患であってもフィジカルアセスメントをきちんと理解しておかなければいけません。

今後心不全パンデミックという状況が起こってくる現代社会において

心不全を合併する患者様が増えてきます。

そんな中で心不全のリスク管理ができないセラピストは淘汰されていくと思いませんか?

 

このエポックセミナーを受けると・・・


・心不全の基礎知識を理解することができる

・心不全に伴うフィジカルアセスメントの内容を理解することができる

・評価のための指標を理解することができる

・病態の理解が可能となる

・心不全の症例を通じて考え方を学ぶことができる

 

実技を交えたセミナーで心不全の理解力Upにつながる


近年の高齢化に伴い、内部疾患、特に心不全を合併している患者が急増していることは

臨床にいれば十分に理解できると思います。

重複障害が当たり前になってきている今、

整形や脳血管だけを専門にするということは非常に難しく、

心不全の最低限の病態の理解とリスク管理能力が求められます。

 

しかしながら、心不全の知識を学ぶにあたって、

苦手意識を持っている方は多いはずです。

それはなぜか?

 

今まで学生時代も様々な知識を勉強してきました。

整形外科疾患なら筋肉の触診

脳血管障害なら神経学的検査

様々な疾患に対しての評価方法を学んできたにもかかわらず、

心不全の知識だけは意外と勉強が苦手だという人は少なくないはずです。

 

それはなぜか?

 

心不全の知識を学ぶ上で、実技というものはないからです。

もちろん心音の聴取や呼吸の聴取などの知識は使わなければいけません。

しかしながら学生時代はそこまで対応する機会は少ないはず。

だから苦手意識があるのではないですか?

 

でも少し待ってみましょう。

心不全の勉強というのは、自分の体の生理反応が

いかに阻害されるかということにほかなりません。

血圧はなぜ上がるのか?

心拍数はどのような原理で上下するのか?

呼吸回数はいつ増減するのか?

交感神経と副交感神経はどのように切り替わるのか?

 

実はこれらは自分の体に目を向けると様々な情報を与えてくれます。

つまり実技として勉強が可能なのです。

心肺運動負荷試験は患者様に評価するだけではありません。

あなた自身が自転車を漕ぎながら出勤しているときも

息が上がっていませんか?

 

こうした生理反応を理解することが心不全の理解に繋がるのです。

今回は心不全、呼吸不全に病態を絞って基本的な病態の理解とそのために必要な評価について講義を行いたいと思います。

一部フィジカルアセスメントについては実技を交えながら適度に身体を動かして明日から使える知識と実技を学んで頂きます。

 

理学療法士・作業療法士は循環器疾患の基礎知識は必須です


なぜ、クリニックや整形疾患のリハビリでも

心不全の知識を学ぶ必要があると言われているのかわかりますか?

それは、主疾患が心不全でない患者様が多く、

合併症として心機能に問題を持っている方も多いため、

心機能の問題がリハビリテーションを進めていく上で

阻害因子となることが多いからです。

今回のテーマは心疾患理学療法を進めるにあたっての

運動・生理学的知識を実技で体験し、理解することが目的になります。

 

一度身体で覚えた知識や技術はなかなか忘れません。

明日からのリハビリに生かせる生理学、あなたも学んでみませんか?

 

プログラム


1.心不全の病態生理
①心不全の病態
☑前負荷 ☑後負荷 ☑代償機転 ☑スターリンの法則 ☑交感神経系 ☑RAA系 ☑リモデリング

②心不全の分類
☑NYHA ☑Forrester ☑Nohria-Stevenson ☑クラス分類 ☑HFpEF ☑HFrEF

③心不全の症状
☑左心不全 ☑右心不全 ☑起坐呼吸 ☑浮腫 ☑BNP ☑肺うっ血 ☑労作性呼吸困難

④心不全の評価
☑胸部レントゲン ☑血液生化学検査 ☑心臓超音波検査 ☑心電図

2.呼吸不全の病態生理
①呼吸不全の病態
☑肺胞低換気 ☑換気血流比不均衡 ☑シャント ☑死腔 ☑拡散障害

②呼吸不全の分類
☑Ⅰ型呼吸不全 ☑Ⅱ型呼吸不全

③呼吸不全の症状
☑低酸素血症 ☑呼吸困難感 ☑努力性呼吸 ☑アシドーシス ☑アルカローシス

④呼吸不全の評価
☑胸部レントゲン・CT ☑血液生化学検査 ☑血液ガス分析 ☑スパイロメトリー

3.症例検討
検査結果を読み解きフィジカルアセスメントを交えながら症例を考えていきたいと思います

 

持ち物


・動きやすい服装
・昼食
・筆記用具
・聴診器

 

※本セミナーご参加の皆様へ

コロナウィルス感染拡大の防止のため、自宅を出る前に必ず体温を測定してからご参加下さい。

また外出時、セミナー参加時にはマスク着用の徹底をお願い致します。

皆様のご協力を宜しくお願い致します。


※お申し込みができない場合は、大変恐れ入りますがこちらからお問い合わせください。

このセミナーに興味のあるあなたにおすすめのセミナーがあります


▼ お申し込みフォーム ▼

セミナー情報

臨床の疑問を解決!~心不全・呼吸不全の病態生理と臨床推論~

2020年7月26日(日)10:30-16:30
尼崎中小企業センター 505号室
申込者情報

※ スマートフォンでドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

申込者情報 (二人目)

※ ドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

申込者情報 (三人目)

※ ドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

※ 個人情報保護方針およびセミナー利用規約について、ご同意いただける方は下記の申し込み内容確認ボタンを押してください。お申し込み頂いた時点で、上記にご同意いただいたものと致します。
 

講師

真鍋 周志 先生

理学療法士 / 呼吸療法認定士 / 認定理学療法士(呼吸、循環器) / 心臓リハビリテーション指導士