片麻痺患者様の連合反応に対する評価と治療

講師

弓岡 光徳 先生

大阪人間科学大学 理学療法科 教授 / 理学療法士

セミナー内容

 

片麻痺の連合反応をどのように治療すればいいかわからない、そんなあなたへ


※本セミナーは一部実技を含みますが、

コロナウィルスの影響による感染予防対策を徹底したうえで、

皆様が安心してご受講いただけるよう努めてまいります。

 

 

片麻痺患者様の動作分析や動作観察が苦手だ

異常な筋緊張をどのように治療すればいいかわからない

 

これらの悩みは新人セラピストだけではなく

経験年数が増えてきても片麻痺の連合反応を

どのように分離させていくべきなのかに悩むことが多いと思います。

 

片麻痺患者様の治療は問題点が複雑化しており

若手セラピストのときは連合反応や異常筋緊張に難渋して、治療に悩むことが多々あるのではないでしょうか?

 

このセミナー講師の弓岡先生は

若手セラピストが悩みやすい片麻痺患者様の治療を

わかりやすく解説してくださいますので

ぜひこの機会に苦手な分野を解決してみませんか?

 

本セミナーは少人数で徹底的に学ぶことができるので

片麻痺患者様の治療を勉強したい方は今がチャンスです

片麻痺患者の治療はまず臥位姿勢を評価してみよう


片麻痺患者様に対する評価・治療について、

起居動作の評価はとても重要だと言われています。

 

なぜなら支持基底面が一番大きい姿勢であるとともに

一番安定している姿勢からの抗重力活動が

きちんと行えているかどうかが如実に現れるからです。

 

しかしながら、座位や立位などの動作に注目してしまい

それ以前の姿勢に視点が向かないという現状が多いと思われます。

 

なぜなら早期離床、早期歩行を促していかなければならない現状があり、

どうしても臥位姿勢を見る機会が少ないということがあるからです。

 

本セミナーは片麻痺を呈している患者様を治療するために

なぜ起居動作から変えていく必要があるのかという重要性を学ぶことができます。

 

片麻痺患者様のリハビリは歩行の評価だけでは良くなりません


あなたは臨床に出てからも問題点ばかりに目が行ってしまい、

他の原因を追求できていなかったりしませんか?

片麻痺患者様の治療において、姿勢や動作を捉える力は最重要課題です。

それは片麻痺の歩行動作の問題点だけでなく、

起居動作や座位、立ち上がりといった

各層においての問題点の繋がりをきちんと理解する必要があります。

 

しかしながら、学生時代のように、片麻痺の問題動作一つ一つを細かく切り取って

文字に起こしてなんてしていたら時間がいくらあっても足りません。

 

だからこそ、片麻痺患者様の一挙手一投足をしっかり捉えて

どこをどのように治療するかを瞬時に判断しなければいけません。

 

判断するとともに、自分の治療効果が施術前と後での違いを判定していかなければいけません。

だからこそ、片麻痺患者様の歩行動作や起居動作、

立位姿勢や各動作の問題点を捉える力を養わなければなりません。

 

本セミナーでは具体例やワンポイントアドバイスを

実際の片麻痺患者様を例題として挙げていただき教えていただけます。

 

片麻痺患者様の筋緊張を調整するために必要な技術が学べます


片麻痺患者様の異常筋緊張に対してアプローチをするためには、

求める動作がなぜ行えないのか、どのような問題点があるかを一つ一つ明確にし、

各動作の問題点を繋げて考えていく必要があります。

 

それぞれの動作は違っても問題点が共通することは多々あります。

その原因を追求し筋緊張を調整することができれば

歩行だけでなく、上肢の連合反応や下肢の連合反応を調整することは難しくありません。

 

その仮説・検証・再評価こそがセラピストの奥義と言っても過言ではないでしょう。

このセミナーでは、【臥位でのアプローチ】として、

重力との関係による筋活動の活性化を目的とした治療技術を学びます。

 

抗重力伸展活動を行うために必要な要素を学ぶには、支持基底面が一番大きい臥位姿勢で行う動作を理解することが一番効率がいいからです。

支持基底面が大きく安定した姿勢で正しい関節運動が行えないのに、

支持基底面が少ない座位や立位で安定した関節運動が行えるはずがありません。

 

片麻痺患者様の治療を考えるうえで、求める動作の改善が難しい場合は

一つレベルを下げた(支持基底面が大きい)動作での関節運動がきちんと行えているかどうかを評価、治療する必要があります。

そのうえで、寝返り、起き上がりといった安定した動作から、

立位、歩行へ繋げる準備に必要な要素や治療方法について学んでいただきます。

 



エポックセミナープログラム


・歩行動作における起居動作の重要性について
・起居動作の要素の分解とそれぞれの筋活動、運動学的な視点の学習
・起居動作から立位・歩行に繋げるための要素について
・起居動作の治療実技指導

エポックセミナー事業部から一言


弓岡先生は動作分析の本も出版されておられ

動作をアカデミックにバイオメカニクス的視点でわかりやすく教えてくださいます。

片麻痺患者様の治療が苦手な方でもわかりやすく運動学的な関節運動や動作観察、分析の仕方を教えてくださいますので

過去の受講生、特に若手セラピストの受講生様からとても人気のあるセミナーになります。

 

※本セミナーご参加の皆様へ

コロナウィルス感染拡大の防止のため、自宅を出る前に必ず体温を測定してからご参加下さい。

発熱がある場合、セミナーのご参加はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

また外出時、セミナー参加時にはマスク着用の徹底をお願い致します。

皆様のご協力を宜しくお願い致します。

 

※お申し込みができない場合は、大変恐れ入りますがこちらからお問い合わせください。

このセミナーに興味のあるあなたにおすすめのセミナーがあります


▼ お申し込みフォーム ▼

セミナー情報

片麻痺患者様の連合反応に対する評価と治療

2020年10月18日(日)10:30-16:30
大阪近郊
申込者情報

※ スマートフォンでドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

申込者情報 (二人目)

※ ドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

申込者情報 (三人目)

※ ドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

※ 個人情報保護方針およびセミナー利用規約について、ご同意いただける方は下記の申し込み内容確認ボタンを押してください。お申し込み頂いた時点で、上記にご同意いただいたものと致します。
 

講師

弓岡 光徳 先生

大阪人間科学大学 理学療法科 教授 / 理学療法士