アナトミートレインセミナーを治療家が学ぶべき理由とは? リハビリセミナー

平素より大変お世話になっております。

先日、弊社主催の「体幹安定化機構へのアプローチ」セミナーを開催させていただきました。

今回は「体幹安定化機構へのアプローチ」ということで運動療法を中心にお伝えしましたが、

安定化に必要な筋肉を機能させるためには運動療法の前に筋・筋膜に対して徒手的にリリースすることも必要になってきます。

 

それは体幹だけでなく、どの部位であっても同様だということをご存じでしょうか?

 

筋膜は、制限が生まれやすいところが決まっていて、「トリガーポイント」と呼ばれています。

トリガーポイントは痛みや痺れだけでなく、伸張制限や収縮不全(筋力低下)も引き起こすので、

トリガーポイントをしっかりと捉えてリリースすることでリハビリ職が得意とする運動機能の改善にも効果を発揮します。

 

またトリガーポイントは経穴(ツボ)と同じ位置にあり、経絡と同じ走行をしているアナトミートレインの調整にも利用することができます。

「アナトミートレインに基づいた治療アプローチ」ではアナトミートレインの異常による可動域制限、痛み、痺れ、筋力低下に対して、

鍼灸治療の理論で決められている経穴(トリガーポイント)を数カ所刺激するだけで改善できるという方法をお伝えしています。

 

筋膜連結は内臓にも|内科的問題も解決する糸口になる

 

また筋膜は内臓も覆っているため内臓機能へも影響しています。

 

アナトミートレインのどのラインに異常をきたすのか?

どのトリガーポイントにアプローチすれば改善できるのか?

 

これらを徹底的にお伝えしています。

 

弊社では、定期的に波田野先生のセミナーを行なっており、以下の日程で予定しております。

筋・筋膜治療は運動器だけではなく、幅広い分野で応用できる概念となっておりますので、

お時間ございましたら是非ともご参加頂ければと存じます。

 

今後ともお付き合いのほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

===========================

2月17日(水)

「心疾患に対するアナトミートレインアプローチ」

お申込みはこちら

===========================

2月22日(月)

「肩関節・上腕痛に対する筋筋膜治療」

お申込みはこちら

===========================

3月1日(月)、15日(月)、22日(月)

「アナトミートレインに基づいた治療アプローチ」

お申込みはこちら

===========================

3月8日(月)

「腰痛・坐骨神経痛に対する筋筋膜治療」

お申込みはこちら