ペースメーカ・植込みデバイス術後の心リハの進め方|エポック心リハスクール#988

ペースメーカ植込みデバイス術後の心リハは運動療法の適応です



2021年に更新されました心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドラインにおいては、 
 
植込み型除細動器など、植込みデバイス術後の患者さんも運動療法が推奨されております。

 

ペースメーカが入っていると何となく運動負荷をかけるのが怖くなっていませんか?

 

確かに、危険な不整脈があったからデバイスの植込みをしているのは事実ですが、

ペースメーカのことをきちんと理解して注意点を守れば安全に運動が可能であるエビデンスが報告されています。

つまり、問題はペースメーカのことをよく理解していないことだと考えられます。

 

そこで、このセミナーの到達目標は

 

『ペースメーカの仕組みを理解し、自信をもって運動療法を提供できるようになる』

 

とします。

 

 

このセミナーを受講することで以下のことが身につきます。

・ペースメーカの仕組みを理解することができる

・ペースメーカの注意点を理解することができる

・ペースメーカ植込み患者さんに適切な運動療法を提供できる

 


 

ペースメーカを植込んでいた方が安全だと思いませんか?


 

呼吸不全に患者さんに介入する際、

酸素投与だけの患者さんと挿管されている患者さん、どちらが安全だと思いますか?

 

リスク管理の力量にもよりますが、私は断然後者だと思っています。

 

なぜなら、呼吸の面はある程度管理されているし、

数値化されてグラフィックモニターまであるからです。

 

呼吸状態が手に取るように分かり、

かつ我々では対応できない換気や酸素化の補助をしてくれているからです。

 

同じ事が不整脈においても言えると思います。

 

医師がペースメーカ植込みを推奨していても断っている方の方が、

ペースメーカが入っている方よりもよっぽどリスクが高いんです。

 

つまり、ペースメーカが入っている方はある意味安全になった患者さんということです。

 



プログラム

ペースメーカの適応になる不整脈について

ペースメーカが必要になる不整脈とはどのようなものかを学びましょう

何のためにそのデバイスを植込んでいるのかを知ることが大切です

 

②ペースメーカの仕組み・モードについて

ペースメーカにはアルファベット3つで作られたモードがあります

すべてを覚える必要はないと思いますが、代表的なものをおさえましょう

植込みデバイスである植込み型除細動器・心室再同期療法などについても理解しましょう

 

③ペースメーカの注意点について~ペースメーカ不全~

ペースメーカの注意点を理解しておけば何を見れば良いのか分かってきますので自信をもって患者さんに対応できますね

ペーシング不全、センシング不全、ペーシングフェイラーなどなど

心電図についても勉強します

 

④ペースメーカ植込み患者さんの運動療法

ペースメーカ植込み患者さんの運動療法の考え方と注意点をお話します

 

⑤ペースメーカ植込み患者さんの生活指導

原則医師や臨床工学技士などから指導や説明があると思いますが、

リハビリ場面で聞かれることも多いので、ある程度の日常生活での注意点を知っておくと役に立ちます

 
 

※注意点※

▽このセミナーはオンラインセミナーでZOOMを用いて行います

▽途中でグループワークを行います。講義の復習とディスカッションによって理解を深めます

▽理解度をチェックしながら2日かけてゆっくり丁寧に進めていきますので、あなたの臨床スキルを確実にUpさせます

▽2回で1セットのセミナーとなりますので、必ず2回とも受講頂くようお願い致します

 


 

・・・エポック心リハスクール 中級編 今後のスケジュールについて・・・

※スケジュールをクリックすると詳細ページに飛ぶことができます。



9月1日、2日   講義9) 心臓リハビリテーション関連領域④~ペースメーカー~

9月8日、9日   講義10) 心臓リハビリテーション関連領域⑤~地域・在宅での心臓リハビリテーション~

 



エポック心リハスクール 初級編(現在第1期開催中、次回開催時期は決まり次第掲載します)

9月29日、30日 心疾患理解のための循環生理学
お申込みはこちら

10月6日、7日 血圧と運動生理学
お申込みはこちら

10月13日、14日 血液生化学検査・血液ガス分析
お申込みはこちら

10月19日、21日 胸部レントゲン
お申込みはこちら

10月27日、28日 モニター心電図の読み方
お申込みはこちら

11月9日、11日 12誘導心電図の読み方
お申込みはこちら

11月16日、18日 心エコーの見かた
お申込みはこちら

11月24日、25日 リスク管理・フィジカルアセスメント
お申込みはこちら

12月1日、2日 心不全の基礎
お申込みはこちら

12月7日、9日 虚血性心疾患の基礎
お申込みはこちら

12月15、16日 弁膜症の基礎と心音評価
お申込みはこちら

12月22日、23日 閉塞性動脈硬化症(ASO)と大動脈疾患
お申込みはこちら

 

 

真鍋先生よりひとこと

本セミナーは90分の講義を2日、合計180分かけてじっくり行います。

グループディスカッションや症例検討を交えて実践能力を養っていきますので、すぐに臨床で活用できる内容となっています。

 

グループ内では講師と受講生の意見交換があるため、大人数でのセミナー開催はできません。

そのため少人数での人数限定のセミナーとさせて頂いております、ご了承下さい。

 

単発でのお申込みももちろん可能です。

 

スクールに入ればアーカイブ動画にて復習もできますし、スクール生同士の交流も可能。

スクール終了後も個別の相談や質問への対応も随時行えますので長期的に安心して成長することが可能です。

 

あなたにセミナーでお会いできることを楽しみにしております。

 

 

ZOOMを用いたオンラインセミナーで行うため、時間の余裕がない方でも

お手元のスマートフォンやパソコンを使って受講できます。

お申し込みの際には【お申込みから受講までの流れについて】をよく読んでお申し込みくださいますようお願い申し上げます。


【お申し込みから受講までの流れについて】

①お申込みの際にはパソコンメールからお申込みをくださいますようお願いいたします。

※こちらからお送りする招待コードやIDに加え、資料を添付しますので容量の加減でお送りできない可能性がございます。



②専用フォームからお申し込み後、弊社から申し込み完了メールが届きますのでご確認ください。



③お申し込みが完了しましたら、セミナー当日の朝に弊社からメールが届きます。

その中にZOOMの招待URLとミーティングIDを添付しておりますので、メールが届きましたら招待URLをクリックしてアクセスする

又はzoomアカウントをお持ちの方はIDとパスワードでアクセスしてご参加ください。

※また、本講座はzoomアプリでの講座ですのであらかじめアプリをダウンロードいただき、zoomミーティングが可能な環境下で受講をお願いいたします。

 


【お申込みの注意点について】

お申し込みについては開催日前日の23:59までにお申し込みをお願いいたします。

もし上記時間以降にお申込みをいただいた場合はこちらからの当日ログイン情報が届くのが遅れる場合があります。
 


【領収書について】

領収書をご希望の場合は、弊社にお問い合わせください。