脳血管障害の起居動作の動作分析とリハセミナー

講師

弓岡 光徳 先生

大阪人間科学大学 理学療法科 教授 / 理学療法士

開催情報

2019年1月27日(日)10:30-16:30

ももち文化センター(ももちパレス)  地図

8,700円(税込)
このセミナーに申し込む

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

起居動作の治療にはとても重要な要素が詰まっています。


脳血管疾患のリハビリテーションについて、起居動作のハンドリングを、寝返り・起き上がり・坐位・立ち上がりを通して学んでいく。

まず臥位で行う治療手技では、重力との関係による筋活動の活性化を目的とした、テンタクル活動、ブリッジ活動、ブリッジ―テンタクル活動を理解する。

つぎに、背臥位でのブリッジの準備として、両膝立て背臥位(crook lying)の誘導の手技を学ぶ。

さらにブリッジ動作の中で選択的な腰椎の可動性を得て、起き上がり動作、立ち上がり動作に繋げていく。

このような起居動作のリハビリテーションの基礎となる腰椎・骨盤リズム、カウンターバランスについても講義する。

プログラム


10:30-12:00 テンタクル活動、ブリッジ活動、ブリッジ―テンタクル活動、

両膝立て背臥位(crook lying)、寝返り動作のハンドリング

12:00-13:00 お昼休み

13:00ー14:30 起き上がり動作のハンドリング、腰椎・骨盤リズム

14:45-16:15 座位動作のハンドリング,カウンターバランス、

立ち上がり動作のハンドリング

16:15-16:30 まとめ・質疑応答

 

弓岡先生の過去のセミナーの様子と受講生様の感想をご紹介


今まで開催したセミナーの様子や、受講生様から頂いた感想を

詳しくこちらでご紹介しています。

ぜひご覧ください。

▼ お申し込みフォーム ▼

セミナー情報

脳血管障害の起居動作の動作分析とリハセミナー

2019年1月27日(日)10:30-16:30
ももち文化センター(ももちパレス)
申込者情報

※ スマートフォンでドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

申込者情報 (二人目)

※ ドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

申込者情報 (三人目)

※ ドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

※ 個人情報保護方針およびセミナー利用規約について、ご同意いただける方は下記の申し込み内容確認ボタンを押してください。お申し込み頂いた時点で、上記にご同意いただいたものと致します。
 

講師

弓岡 光徳 先生

大阪人間科学大学 理学療法科 教授 / 理学療法士

開催情報

2019年1月27日(日)10:30-16:30

ももち文化センター(ももちパレス)  地図

8,700円(税込)
このセミナーに申し込む

あなたにオススメのセミナー