腰部椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の病態およびリハビリテーション

講師

no printing

青木 一治 先生

名古屋学院大学 リハビリテーション学部 理学療法学科

開催情報

2019年1月27日(日)10:30-16:30

決まり次第掲載します(刈谷近郊)

8,700円(税込)
このセミナーに申し込む

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

あなたは下肢の神経症状に対してどのようにアプローチをしていますか?


非特異的腰痛(nonspecific low back pain)とは、「痛みは腰部に起因するが、
下肢に神経障害がなく、重篤な基礎疾患も有しない病態」と述べられている。

腰痛診療ガイドラインでは、明らかな原因のない腰痛を総称する言葉としており、
画像上の脊椎変性所見が症状と必ずしも一致していないものは、一般に非特異的腰痛の範疇に入れる場合が多いとしている。

下肢症状を伴わない腰痛の場合、その85%では病理解剖学的な診断を正確に行うことは困難である、とも加えている。

 

腰椎椎間板変性は、椎間板の機械的、科学的特性が低下した結果であり、腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドラインにも、
「腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板の退行性変化の中で生じる代表的な腰・下肢痛を引き起こす疾患である。」としている。
Clinical pearlとして、椎間板変性のない椎間板ヘルニアはない、といえる。

 

Kirkaldy-Willisは、椎間板変性の進行により3段階に分けている。

「temporary dysfunction(一時的機能障害段階:段階1)」
「unstable phase(不安定段階:段階2)」
「stabilization(安定性段階:段階3)」である。

 

このように変性の進行において、段階1では、非特異的腰痛と扱われるであろうし、
段階2では疾患としての椎間板ヘルニアを考えるであろう。

段階3では椎間板の狭小化(椎体間隙の狭小化)と線維化、椎間関節では関節包の線維化が進み、
脊椎単位としては固定化され、脊柱管や椎間孔の狭小化が起こり、腰椎の固定術が必要になるかもしれない。

本セミナーの内容においては、この段階1から段階3の初期にあたる、
腰部の椎間板障害、椎間板ヘルニア、そして脊柱管狭窄症の病態について述べ、
それぞれの段階に応じたリハビリテーションについて一部実演できればと考えている。

▼ お申し込みフォーム ▼

セミナー情報

腰部椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の病態およびリハビリテーション

2019年1月27日(日)10:30-16:30
決まり次第掲載します(刈谷近郊)
申込者情報

※ スマートフォンでドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

申込者情報 (二人目)

※ ドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

申込者情報 (三人目)

※ ドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

※ 個人情報保護方針およびセミナー利用規約について、ご同意いただける方は下記の申し込み内容確認ボタンを押してください。お申し込み頂いた時点で、上記にご同意いただいたものと致します。
 

講師

no printing

青木 一治 先生

名古屋学院大学 リハビリテーション学部 理学療法学科

開催情報

2019年1月27日(日)10:30-16:30

決まり次第掲載します(刈谷近郊)

8,700円(税込)
このセミナーに申し込む

あなたにオススメのセミナー