脳血管障害の立位・歩行に対するリハビリテーション

講師

生野 達也 先生

動きのコツ研究所 所長 / 理学療法士


開催情報

2019年1月20日(日)10:30-16:30

尼崎中小企業センター502号室  地図

6,500円(税込)
ペア割 1,000 円キャッシュバック

セミナー内容

立てない、歩けない原因は、その座位姿勢だと知っていますか?


 

認知機能はしっかりしているのに、

機能的に立てない、歩けないという患者様に出会ったことはないですか?

 

他にも筋力はしっかりしているのに、それを上手に使えないという場面を

臨床ではよく目にします。

 

座位姿勢のアライメントをきちんと評価できていますか?

座位から立ち上がりに必要な要素をきちんと理解して動作練習を行えていますか?

 

 

このエポックセミナーを受けると・・・


 

  1. 立ち上がりや立位における必要な要素を学ぶことができます。

  2.  脳血管障害の方の効果的な動作練習を学べます。

  3.  座位・立位の評価や介入の実技を学べます。

  4.  声かけのコツなど、臨床で使えるポイントを学べます。


 大切なのは運動学の知識と、○○です。


 

正しい姿勢での動作練習をするためには、運動学的な知識に加えて、

患者様を誘導するための声かけの知識や環境調整もとても重要になってきます。

 

座位における動作の幅が広がれば上肢の自由度が増えます。

そうすると活動量も増えてきますので、

自然と日常生活の中でリハビリテーションができるようになりますね。

 

あなたの治療一つで患者様の人生が変わります。

座位姿勢、立位姿勢をいかに早く獲得させるかが、

歩行動作の早期獲得に繋がりますよ。

このエポックセミナーを受けて

是非リハビリテーションの現場で役立ててください。

 

【プログラム】

  1. 脳血管障害に対する効果的な動作練習の基礎知識

  2. 立位〜座位姿勢における評価の実技

  3. 立位〜座位姿勢における介入の実技

  4. 参加者同士で評価から介入の実践


 

【持ち物】

  • 筆記用具

  • 動きやすい服装

  • 昼食


 

エポックセミナー事業部からの一言


今まで開催したセミナーの様子や、受講生様から頂いた感想を掲載しています。

受講を悩まれている方は、今までの開催の様子をご覧ください。

生野先生は自費分野で中枢神経疾患の治療をされています。

治療だけではなく、その声掛けや誘導方法についても

わかりやすく教えてくださいます。

臨床的な話から学術的な話まで

ぜひいろいろとご質問してみてください。

 

過去の受講生様の声

2018年7月8日 関西開催
「新人のための脳卒中片麻痺に対する運動学習〜立位から歩行まで~」

・わかりやすく、今後の臨床に生かしていきたいと思いました。
・筋緊張のコントロールが難しい方を担当したときに、大変苦労しました。
・今回のセミナーを通じて、少しでもCVAや片麻痺で困っている方の手助けができるように勉強していきたいと思います。
・感覚が低下している患者様を担当したときに、足底入力の方法がわからないことが多かったので、今回学んだやり方をぜひ行ってみたいと思いました。
・講義中心ではなく、実技中心だったので、実際に触れてみることでわかりやすく学ぶことができました。
・少人数だったので、生野先生に直接教えてもらう機会が多かったことがよかったです。
・今回、骨盤を触って足底のどの部分に重心が位置しているのか、その評価と治療の方法を教えていただき大変勉強になりました。
・講義、実技中心でわかりやすく教えていただいてよかったです。
・伝え方が大事だと思いました。意識一つで変わるということを実感したので明日から実践してみます。
・少人数で実技も多く、講師の先生にも質問がしやすい環境だったのでやりやすかったです。
・普段意識していない視点が学べてよかった。
・具体的にどうしたらいいのかが難しかった。

講師

生野 達也 先生

動きのコツ研究所 所長 / 理学療法士


開催情報

2019年1月20日(日)10:30-16:30

尼崎中小企業センター502号室  地図

6,500円(税込)
ペア割 1,000 円キャッシュバック