姿勢異常を評価する~運動器疾患の評価・治療アプローチについて~

講師

岡田 直樹 先生

理学療法士 / ベクストエスジー代表 / 日本平成セラピスト協会代表 / グッポコンディショニングルーム代表

開催情報

2015 年 3 月 29 日 (日) 10:30 - 16:30

市民交流センターよどがわ106号室

5,500円

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

姿勢異常を評価するための、基礎実技講習会開催決定!


 

姿勢異常の評価には、なぜその姿勢を取らざるを得ないのかを考える必要があります。

 

不良姿勢になるには、原因が必ずあります。

・筋の弱化

・疼痛回避姿勢

・骨・筋のアライメント異常

 

不良姿勢が起こす原因は、他の部位に過剰な負荷をかけてしまい、二次的な障害を引き起こします。

それは、運動器疾患・脳血管疾患問わず、治療現場では必ず起こっている問題です。

 

根本的な問題であるのか?それとも二次的に怒っている問題なのか?

 

その原因がどこにあるのかを適切に捉える、ということが今回のセミナーのテーマになります。

 

 

今回の講師の岡田直樹先生は、理学療法士として臨床で活躍されておられると同時に、ピラティスのインストラクターとしても活躍されておられます。

筋緊張のアンバランスが引き起こす弊害に対して、適切な評価技術をご講義頂くと同時に、ピラティスの要素を用いた治療アプローチをご講義頂きます。

 

近年代替療法としても注目されているピラティスを、あなたも学んでみませんか?

 

概要


今回のテーマは、疼痛・機能障害・変性などから、抑制あるいは筋力低下と緊張あるいは短縮により生じる筋機能不全を指します。

これを、マッスルインバランス不良と呼びます。

 

運動器疾患は個人の姿勢や生活習慣、職業、スポーツなど、繰り返される物理的ストレスが特定の筋、筋膜、腱、関節などの組織に炎症や損傷を起こす原因になります。

 

そして、特定の筋の過剰使用は、筋の過緊張をおこしてしまい、短縮傾向に変位します。

一方で過剰な緊張筋の拮抗筋は相反抑制の影響を受け、弱化の傾向に陥ります。

そのため、姿勢アライメントや運動パターンを変化させ、代償動作が機能障害となります。

 

今回の講義は主に、骨盤帯領域を中心とした下部交差性症候群と肩甲帯領域を中心とした上部交差性症候群による姿勢不良および動作異常を講義として行い、マッスルインバランスの修正していく一つの手段としてピラティスの要素を入れ、実技をしようと思います。

 

<お知らせ>

専用ヨガマットを弊社でレンタルしております。(1枚300円)
ご利用の際には申し込み内容の欄にその旨を記述してください。

プログラム


・姿勢の概念

・姿勢の評価の仕方

・マッスルインバランスとは

・下部交差性症候群に対する考え方と治療(ピラティス)

・上部交差性症候群に対する考え方と治療(ピラティス)

 

岡田直樹先生プロフィール


〇資格
理学療法士
PHIピラティスMATインストラクター

〇所属
ベクストエスジー 代表

講師

岡田 直樹 先生

理学療法士 / ベクストエスジー代表 / 日本平成セラピスト協会代表 / グッポコンディショニングルーム代表

開催情報

2015 年 3 月 29 日 (日) 10:30 - 16:30

市民交流センターよどがわ106号室

5,500円

あなたにオススメのセミナー