腰部障害の鑑別のために~神経学的検査から診る腰痛評価~

講師

渡辺 賢治 先生

理学療法士、BCSc(Bachelor of chiropractic science)、BAppSc(clinical science)(Bachelor of applied science)

開催情報

2015 年 2 月 15 日 (日) 10:30 - 16:30

市民交流センターひがしよどがわ404号室  地図

8,000 円

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

【短日受講でも安心!!腰痛・腰部障害のスペシャリストになる為のセミナー開催!】

「腰痛・腰部障害のスペシャリスト」になる為のシリーズセミナー第4回が2月に開催されます。
講師を務めて頂きますのは、EPochセミナーで毎回、定員になってしまうほど大人気の渡辺 賢治 先生です!

本セミナーは腰部障害の機序や症状・病態の把握にはじまり、
評価・治療までを段階的に着実に学べます。

もちろん、シリーズ全てを受けることが難しい方は単日で受講していただいても、
明日からの臨床にしっかりと生かすことができるようになっています。

今回のテーマは「神経学的検査から診る腰痛評価」です。

最初のころはリハビリテーションの治療手技・アプローチ法の習得にとらわれがちですが、
臨床では、様々な知識や技術が必要になります。

その中でも、特に重要なものが「リスク回避できる能力」です。

腰痛治療で使う神経学的検査がリスク回避に必要不可欠?

そう思われる方も多いでしょう。

実は腰痛にもさまざまな種類があり、【対処してはいけない腰痛】も中にはあります。
セラピストは腰痛治療のオーダーに対応するだけではなく、
その腰痛がどのような種類の腰痛に当てはまるのかを適切に判断しなければなりません。

その【リスクを回避するため】に、適切な評価検査が必要になるのです。

今回は、「臨床で必要な神経学検査と理学検査」をメインにご講義いただきます。
本セミナーを受講し、適切なリスク管理を学びましょう!

概要


理学療法士、作業療法士が訪問リハビリに関わったり、独立して医療機関外で医師が側にいない状況でリハビリを行うケースは今後ますます増えます。
この時リスク管理、リスク回避の能力が乏しいと深刻な事態に陥る可能性があります。

腰痛セミナーをシリーズとして行って来ましたが、今回はリスク管理、リスク回避に関わる検査がテーマです。

腰痛といっても、筋骨格の問題ばかりではありません。
子宮、前立腺、腎臓、膵臓、腸、大動脈などの痛みが骨盤部、腰に起こります。
背部まで目を向けると肝臓、肺、脾臓、胃などの痛みも腰に出現します。

これらの痛みと筋骨格系の痛みは、ドクターが鑑別していましたが、
今後セラピストの活躍の場が拡がると診断はせずとも鑑別して、リスク回避することは求められます。
危険な兆候を見逃さず、主治医やかかりつけ医に適切な情報を上申出来る能力は必須です。

そして、理学療法士、作業療法士は検査がウィークポイントです。
このセミナーでは、神経学検査と理学検査を学びます。

○神経学検査(基本的な神経学検査、下肢を学びます)
・運動検査
・反射検査
・感覚/知覚検査

○理学検査(基本事項を学び、視診、触診、打診、聴診を実技を通して学びます)
・バイタル
・呼吸器系
・循環器系
・腹部

持ち物


聴診器、打腱器、爪楊枝(一本)、ヨガマット、昼食、温度調節のできる動きやすい服装

お知らせ


専用ヨガマットを弊社でレンタルしております。(1枚300円)
ご利用の際には申し込み内容の欄にその旨を記述してください。

過去の受講生様の声

2014 年 10 月 12 日 (日) 第3回 腰部障害の鑑別のために~MMTを治療に生かす~

・参加するごとにグレードアップした内容の講義で、理解も深まっていく実感がある

・とても特殊な内容だが、多くの人がとても使いやすく、スキルアップもはかりやすい内容

・途中からの参加だが最後の回まで受けたい

・自己学習も進めていきたいが、できれば復習も取り入れながら行っていただけると、トータル的な考え方が習得できるかなと思う

・すごく分かりやすく、楽しかった

 

 

2014 年 7 月 27 日 (日) 第1回 腰部障害の鑑別のために~整形学検査を学ぶ~

・ためになった

・実技が多く、大変よかった

・もっとたくさん練習したかった

・徹底的に実技指導して頂いてすごくよかった

・スペシャルテストの勉強になった

・実技が多くておもしろかった

・説明がわかりやすく、これから自分ももっと専門性を持って取り組まないと考えさせられました

 

 

2014 年 6 月 8 日 (日) 腰痛の鑑別と治療

・検査の具体的な解釈の方法や臨床思考が知れて大変参考になった。明日からの自身の治療に生かして生きたい

・大変勉強になりました。シリーズで受けていきたいです。

・渡辺先生の話すスピード、話し方がとても聞きやすかったです

・先生の話が非常に分かりやすかった

・腰痛の評価・ポイントが勉強できました

・治療の考え方・ヒントを教えていただけて良かった

・「リハビリテーション=気づかせる」、「理学療法=~する」両方の内容が入っていて良かった

・自分の整形外科学検査の知識不足を思い知りました

・改善点は特になく、とても良いセミナーでした

・海外の情報やPTの現場では出てこない話が多くあり、とても新鮮な気持ちで学ぶことが出来た

・危険な腰痛の区別を知れました

 

 

2014 年 1 月 19 日 (日) 渡辺先生×EPochコラボレーションセミナー

脊柱・骨盤のアプローチについて〜2012年発行の腰痛治療ガイドラインに基づく最新治療法〜

 

・エビデンスについて理解できて良かった

・参考資料のサイトを分かりやすく記載しており良かった

・難しい用語が少なく理解しやすかった

・学校で学んだことと違う話が聞けて良かった

・定期的に渡辺先生のセミナーを開催してほしい

 

2013 年 4 月 21 日 (日) 【腰椎、骨盤の診かた】〜実技ばかりを検査から治療まで〜

・椎間孔の因子について学べた

・実技メインで良かった

・情報量が多く良かった

・普段行わない治療を学び視野が開けた

・先生が回ってくれるのですぐに聞けた

 

 

2013 年 1 月 13 日 (日) 脊柱の評価と手技

・カイロの実際の手技を学べた

・大変学ぶことが多かった

・なかなかよくならない患者様に対して、どう考えていくのかヒントになった

講師

渡辺 賢治 先生

理学療法士、BCSc(Bachelor of chiropractic science)、BAppSc(clinical science)(Bachelor of applied science)

開催情報

2015 年 2 月 15 日 (日) 10:30 - 16:30

市民交流センターひがしよどがわ404号室  地図

8,000 円

あなたにオススメのセミナー