他職種の知識をリハビリテーションに応用する~看護、セラピスト相互知識の共有とリハビリテーションの再考~

講師

木部 由紀 先生

協和会病院 看護部 師長代理 / 脳卒中リハビリテーション看護 認定看護師

中山 直樹 先生

四国医療専門学校 講師 / 認定理学療法士(脳卒中、運動器)、介護支援専門員

開催情報

2018年10月8日(月・祝)10:15-16:30

東淀川区民会館 第2会議室  地図

6,500円(税込)

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

チームワークに必要な他職種を知るための講習会です


※開始時間が変更になっています。
9:50~受付開始
10:15~講義開始

 

※他職種連携に興味がある方は職種は問いませんのでぜひご参加ください。

本セミナーでは看護、セラピストの双方の知識をお互いに学び合い、
患者様の日常生活に落とし込むための勉強会です。
昨今の国の政策(医療・介護)の流れは地域包括ケアシステムの考えを軸に、
多職種連携・多分野連携が当たり前のように求められるようになっています。

専門性をさらに高めるための勉強会はもちろん大切ですが、
複数の職種を対象とした合同勉強会の開催も必要と考え、本セミナーを開催する運びとなりました。

『リハビリテーション』はあなただけではできません。


患者様に関わるすべての職種が一丸となって患者様のADL,QOLの向上に向けて取り組んでいかなければいけません。

 

 

 

 

一人ではリハビリはできないのです。
その理由を詳しく知りたいあなたはこちらをチェック!!


 

 

 

 

 

看護の目的は『本来もつ自然治癒力を発揮しやすい環境を整え、健康の保持増進、疾病の予防、健康の回復、苦痛の緩和を行い、
生涯を通して、その人らしく生を全うすることができるよう身体的・精神的・社会的に支援すること』とされています(日本看護協会)。
そしてセラピストの目的は『障がい者が環境に適応するための訓練を行うばかりでなく、
障がい者の社会的統合を促す全体として環境や社会に手を加えること』とされています(世界保健機関)。

このように看護師とセラピストが専門性を活かしつつも共有すべき部分があると考えますが、お互いの専門性と共有部分の理解が不十分なまま協動していることも少なくないと思います。
例えば看護側としては、セラピストの脳画像の知識を共有できれば、
生活環境において何を注意しなければいいかが学ぶことが出来て、効率的な看護に活かせるようになります。

またトランスファーなどの生活動作も運動力学的な知識を学ぶことで、
患者様も、看護師側も身体にに負担の少ない効率的な誘導方法を学ぶことができます。
セラピストとしては、看護の視点から看護計画やケアの目標を知ることで
患者様に今必要なことや、病棟生活において看護師がどのような視点で看護に取り組んでいるのか、何を必要としているのかを知ることができます。

また内科的な評価や日々のチェック項目(トイレや食事摂取量、服薬の内容)などを理解することで
日々のリハビリ現場に役立てることができます。

他職種で共通の部分をディスカッションすることで新しい視点が見つかる!

本セミナーにおいては、看護師・セラピストそれぞれの視点の融合により、広義の『看護』と『リハビリテーション』を再考し、臨床に活かせるアイディアを共有する場にしたいと考えています。

だからこそ、お互いの職種を理解し、それぞれの専門性を発揮するために必要なコミュニケーションをどのように行っていけばよいかを学んでいただきます。

 

 

プログラム


 

回復期や生活期の看護師やセラピストを中心に病棟や在宅生活を豊かにするための介入方法を共有します。セラピストの専門性である機能面の改善も含んだ内容です。

① リハビリテーションを看護の視点から紐解く

・チーム医療における多職種連携教育の重要性とは?
・アセスメント・看護計画・チーム目標の設定に役立つPDCAサイクルの本質とは?
・看護・リハビリケアのための小管理の理解と臨床応用とは?
・リハビリテーションは生命の消耗ではないのか?
など・・・

② 看護をリハビリテーションの視点から紐解く

脳卒中や認知症患者の理解に繋がる脳画像や脳機能の視点で考える関わり方を考えます。
・脳画像から生活環境を解釈できる?
・マズローの欲求階層と大脳基底核の強化学習を臨床で実践できる?
・ベッドサイドで使える皮膚受容器と脳との関係とは?
・前頭葉の活性による下行性疼痛抑制の実際は?
・脳機能と日光を知れば体内時計・血圧の安定を図れる?
など・・・

持ち物


・筆記用具
・昼食

 



 

中山先生の過去のセミナーの様子と受講生様の感想をご紹介


今まで開催したセミナーの様子や、受講生様から頂いた感想を

詳しくこちらでご紹介しています。

ぜひご覧ください。

講師

木部 由紀 先生

協和会病院 看護部 師長代理 / 脳卒中リハビリテーション看護 認定看護師

中山 直樹 先生

四国医療専門学校 講師 / 認定理学療法士(脳卒中、運動器)、介護支援専門員

開催情報

2018年10月8日(月・祝)10:15-16:30

東淀川区民会館 第2会議室  地図

6,500円(税込)

あなたにオススメのセミナー