スポーツコンディショニングについて~国内外の研修、帯同に必要な知識~

講師

山川 雅史

りんくう総合医療センター 理学療法士

開催情報

2018年6月17日(日)10:30-16:30

メディカル整体院 SpAid 天王寺店 4階会議室  地図

3,500円(税込)

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

※少人数限定です!!お申込みはおはやめに!


活躍の場をスポーツ現場に移したいあなたへ


※少人数限定です!!お申込みはおはやめに!


スポーツ業界では現在いろんな治療法やトレーニングが横行しています。


一部の一流選手に効果があれば皆こぞって取り組んでいる現状もあり、本当はどれが正しいのか判断が難しいと思います。中には育成年代や成人スポーツ選手、高齢者、障がい者どれも同じようなトレーニングやケアをしている方もいらっしゃいませんか?


また、実際経験しているのとは違い、スポーツ分野に取り組みたいと思っているのに、二の足を踏んだり、ツテがなかったりとなかなか手を出せないセラピスト、トレーナーもいると思います。


実際にスポーツに携わっているまたはこれからスポーツ分野に飛び込みたいと思っているセラピスト、トレーナー、指導者に向けてこの度、EPochスポーツ事業部ではスポーツトレーナー育成プログラムを作成し、国内、外での研修制度も確立してスポーツ分野への関わりを深めていける事業を始めます。


数あるセミナー、研修を通して現場で活躍できるコンディショニングコーチの育成し、スポーツ分野におけるコンディショニング、ケアの知識、技術の向上を図りたいと考えています。

今回はそのオープニングセミナーとなります。


今回はスポーツ分野に必要な知識とは何か?

というタイトルで、選手が怪我をしない為に、パフォーマンスを向上するためのコンディショニングについてお話をしていく予定にしています。

また、練習中、練習後の疲労回復についての説明からウォーミングアップ、クールダウンについて実技を交えながらお話ししたいと思います。


知識を深めたい、国内外のスポーツの現場に飛び込みたい、コンディショニングコーチ育成に携わりたいなどスポーツに携わりたいと思われる方に参加していただきたいと思っております。


プログラム



1.スポーツ事業部紹介

2.国内外の研修制度について

3.EPochでのスポーツ帯同について

3.スポーツコンディショニングについて

4.疲労回復について

5.ウォーミングアップについて

6.クールダウンについて(実技を交えて)



持ち物



・筆記用具

・動きやすい服装

・昼食



※スポーツセミナーの今後のカリキュラム予定について



【ステップ①】


7月15日 国内外で活躍するスポーツトレーナー、コンディショングコーチになるためには

7月15日 傷害予防への身体的コンディショニングついてpart1

7月28日 傷害予防への身体的コンディショニングについて part2

7月29日 スポーツ特有の疾患に対するアスレティックリハビリテーションについて(股関節)

未定   スポーツ特有の疾患に対するアスレティックリハビリテーションについて(総論)


8月5日 スポーツ特有の疾患に対するアスレティックリハビリテーションについて(膝関節)


8月25日 スポーツ特有の疾患に対するアスレティックリハビリテーションについて(足関節)

未定   応急処置とBLS

9月某日 見学実習 2回



10月以降


【ステップ②】


1、 スポーツ特有の疾患に対するアスレティックリハビリテーションについて(上肢①)

2、 スポーツ特有の疾患に対するアスレティックリハビリテーションについて(上肢②)

3、 スポーツ特有の疾患に対するアスレティックリハビリテーションについて(体幹)

4、 スポーツ栄養 基礎編

5、 テーピング 基礎編 上肢

6、 テーピング 基礎編 下肢


現場実習(10回)傷害者 対応



【ステップ③】


1、 パフォーマンス向上に向けたフィジカルトレーニング(総論)

2、 パフォーマンス向上に向けたフィジカルトレーニング(スピード強化)

3、 パフォーマンス向上に向けたフィジカルトレーニング(マッスルストレングス)

4、 パフォーマンス向上に向けたフィジカルトレーニング(アジリティーとバランス)

5、 パフォーマンス向上に向けたフィジカルトレーニング(体幹トレーニング)

6、 スポーツ栄養 応用編

7、 テーピング 応用編 上肢

8、 テーピング 応用編 下肢

9、 スポーツ現場での簡易評価とプレー可否の判断について

10、 脳震盪に対する評価とプレーの再開

11、 競技復帰に向けたトレーニングの立案と実践

12、 パフォーマンス向上に対するトレーニングメニューの立案と実践

13、 スポーツ現場における全般的な緊急時の対応について


(現場実習)実践

(海外研修)



随時掲載予定!ぜひ奮ってご参加下さい!!




 

過去のスポーツ事業部の活動の内容はこちら


2018-04-10 参加者145名 スポーツ事業部 栄養講座

2018-05-22 スポーツ事業部、新たなプログラムが始まります!

2018-06-05 2次ラウンド進出が決定!!

過去の受講生様の声

2018年5月13日
運動器、脳血管疾患の歩行分析と立脚期におけるアプローチ〜実例を通して考える〜
受講生の声はこちら

2018年3月11日
"下肢運動器疾患に対する治療アプローチ ~股関節・膝関節疾患の特性を運動学的に学ぶ~"
受講生の声はこちら

2018年2月18日
"体幹機能の評価と運動療法
~脳血管疾患や運動器疾患のどちらにも必要な知識と技術~"
受講生の声はこちら

2017年12月10日
歩行動作の基礎知識と動作分析に基づく運動療法
受講生の声はこちら

2017年11月12日
"脳血管障害の歩行に対してのアプローチ~下肢機能向上に向けて取り組むべきこと~"
受講生の声はこちら

2017年10月22日
"体幹機能の評価と運動療法~脳血管疾患や運動器疾患のどちらにも必要な知識と技術~"受講生の声はこちら

2017年7月16日
"脳血管障害の歩行動作~下肢機能向上に向けて取り組むべきこと~"
受講生の声はこちら


2016 年 3 月 27 日 (日)
足関節の機能評価と下肢運動器疾患の運動療法
受講生の声はこちら


2015 年 12 月 6 日 (日)
歩行動作獲得のためのバランス反応と運動療法~運動学的な思考過程での介入~
受講生の声はこちら


2015 年 9 月 13 日 (日)
運動学に基づいた治療アプローチ~下肢運動器疾患の姿勢制御について~
受講生の声はこちら


2015 年 7 月 19 日 (日)
脳血管障害に対する運動療法の5大原則 ~連合反応を出さずに治療を進めるためには~
受講生の声はこちら


2015 年 6 月 14 日 (日)
脳血管障害に対するリハビリテーション(実践編)~座位の安定性から歩行能力の獲得について~
受講生の声はこちら


2015 年 3 月 8 日 (日)
運動学的思考に基づいた下肢運動器疾患に対する治療アプローチ ~股関節・膝関節疾患
の特性を中心に~
受講生の声はこちら


2014 年 8 月 3 日 (日)
~基礎を学んで治療に生かす~膝関節疾患の質的な評価と治療展開
受講生の声はこちら


2013 年 12 月 15 日 (日)
【治療の初歩は運動学から考える】〜下肢運動器疾患の特性を踏まえて〜
受講生の声はこちら


2013 年 5 月 19 日 (日)
動作観察に対する運動学的視点からみた解釈
受講生の声はこちら


2012 年 12 月 2 日 (日)
PNF概論、運動学に基づいた運動療法
受講生の声はこちら


2012 年 10 月 14 日 (日)
「PNF概論」〜運動学に基づいた運動療法 Part3〜
受講生の声はこちら


2012 年 8 月 5 日 (日)
「PNF概論、運動学に基づいた運動療法」
受講生の声はこちら


2012 年 5 月 13 日 (日)
PNF概論 運動学に基づいた運動療法
受講生の声はこちら

講師

山川 雅史

りんくう総合医療センター 理学療法士

開催情報

2018年6月17日(日)10:30-16:30

メディカル整体院 SpAid 天王寺店 4階会議室  地図

3,500円(税込)

あなたにオススメのセミナー