肩関節安定化機構に基づく機能解剖と触診技術

講師

西川 仁史 先生

甲南女子大学看護リハビリテーション学部
理学療法学科 准教授

開催情報

2018年7月15日(日)10:30-16:30

尼崎中小企業センター  地図

6,500円(税込)

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

肩関節の安定化機構を見て、考えて、触って、記憶する!!


あなたは肩関節の構造が頭の中でイメージできていますか?
肩関節を治療する上で大切なのは、触診技術や知識も必要ですが、肩関節周囲で軟部組織がどのような状態になっているかをイメージすることが大切です。

イメージするためには、解剖書に描かれている図を立体的に捉える必要があります。もしくは、実際の解剖実習に立ち会って、裏から、表から見てイメージ画像を頭に入れることです。ですが、これらはなかなか容易にできるものではありません。ではどうするか?を、このセミナーではお伝えします。

本セミナーでは、肩関節安定化因子に基づく解剖学・運動学の基礎知識を整理し、肩関節を立体的に捉えるために骨模型を用いて確認したり触診の練習も合わせて行います。また、合わせて講義中に肩関節の解剖映像も交えてイメージがしっかり付くように解説します。
理論とともに実技を交えて、頭の中に【肩関節】をしっかりとイメージできるようなセミナーになっておりますので、ぜひ肩関節を基礎から学びたい方は受講をおすすめします。

概要


機能解剖を中心に、療法士に必要な評価知識・技術の研鑽を目的としております。特に新人のセラピストに向けて重点的に基礎からお話していただきます。骨模型を用いて肩関節を視覚的に捉え、その上で肩関節周囲の骨・筋の触診を進めていきます。

プログラム


1.肩関節の機能解剖
2.肩関節安定化機構からみた運動機能障害
3.骨モデルを使用した肩関節運動の再現
4.触診実習

過去の受講生様の声

2018 年 7 月 15 日 (日)
肩関節安定化機構に基づく機能解剖と触診技術

◯臨床ではどう対処するのかを知りたい。
◯脱臼など、解剖学から教えていただき、また臨床でのお話も聞けてイメージしやすかった。
◯肩の痛みを軽減する方法を知りたいです。
◯勉強になりました。また聞きたいと思います。
◯肩関節に障害がある患者様が少ないので、基礎的な勉強が受けることができ、自分自身すごく勉強になりました。
◯機能解剖に関して、テキスト等だけではわからないところが話を聞けてよかったです。また触診のポイントもわかりやすくてよかったです。ありがとうございました。
◯週二回外来で通院されている肩関節周囲炎の患者様で、外転、外旋制限がありどのようにアプローチしていくか悩んでいましたが、軸回旋の評価からもう一度していこうと思います。


2018 年 3 月 4 日 (日)
拘縮肩に対する機能解剖と評価に基づいたアプローチ
受講生の声はこちら

2017 年 10 月 1 日 (日)
肩関節の評価と治療実技講習会~臨床で多く経験する拘縮へのアプローチ~
受講生の声はこちら

2016年9月11日
肩関節の評価と治療技術
受講生の声はこちら

2016 年 3 月 13 日 (日)
肩関節の評価とアプローチ
受講生の声はこちら


2015 年 9 月 6 日 (日)
肩関節の機能解剖と触察法 -基礎解剖学から臨床応用へのヒント-
受講生の声はこちら


2014 年 10 月 19 日 (日)
肩関節の機能解剖と触診法~骨モデルから学ぶ基礎解剖学から臨床応用まで~
受講生の声はこちら


2013 年 8 月 4 日 (日)
肩関節の機能解剖と触診法ー基礎解剖学から臨床応用までー
受講生の声はこちら

講師

西川 仁史 先生

甲南女子大学看護リハビリテーション学部
理学療法学科 准教授

開催情報

2018年7月15日(日)10:30-16:30

尼崎中小企業センター  地図

6,500円(税込)

あなたにオススメのセミナー