脳卒中の病態と姿勢制御~セラピューティックな介助方法と背臥位の分析と運動療法~

講師

小西 健一郎 先生

JBITA認定 ボバース・セラピスト / LSVT global認定 LSVT Big セラピスト(パーキンソン病の運動療法) / 日本理学療法士協会認定理学療法士(介護予防)

開催情報

2018年5月13日(日)10:30-16:30

社会医学技術学院専門学校 運動療法室  地図

12,960円(税込)
ペア割 1,000 円キャッシュバック
三人割 1,000 円キャッシュバック
このセミナーに申し込む

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

介助の方法一つで歩行の治療が変わるって本当?


本セミナーでは、回復期リハビリテーション病棟に勤務するセラピストが
臨床で担当することが多い脳卒中片麻痺患者さまへの運動療法について学びます。
(急性期や維持期の方を担当している方が受講していただいても全くかまいません)

正常な運動のメカニズムは、大脳皮質での運動プログラム作成から始まり、
脳幹網様体での運動前段階での姿勢制御「予期的姿勢制御」や
大脳基底核と視床での運動のコントロールが行われてから動き出します。

しかし脳卒中片麻痺になると、麻痺側の感覚が鈍くなったり、非麻痺側の過剰活動がおこったりすることによって、
健康な頃と比べて身体イメージが狂ってきます。

そして麻痺だけの問題でなく、体幹や手足の筋肉のコンディションが悪化して
固くなりこわばってしまいます。

 

皆さんは脳卒中片麻痺の方へ様々な運動指導を行う際に、きちんと姿勢を評価して、ポジショニングをし
「動きやすい身体」を準備していますか。

 

準備不足のまま努力的に自由の利かない身体を無理やり動かそうとすればするほど
患者さんの身体はこわばり支持面からの情報を上手く利用できない状況に陥ってしまいます。

しっかりと姿勢や筋緊張を評価して患者さんに必要なことを最小限の介助で誘導してあげられるようになると
患者さんはより能動的に動き出せるようになっていきます。

 

これらの評価は背臥位だけでなく、座位や立位などからも評価することは可能ですが、
そのあたりの評価が曖昧なまま練習に取り組むことも多々あるのではないでしょうか?
これらを曖昧にしていると、歩行動作の獲得を行う際に、運動療法が思ったように進まないということが出てきます。

 

講義では実技を多く交えてそのクリニカルリーズニングに必要な知識と
脳卒中片麻痺者への運動療法を分かりやすく講義したいと思います。

※このセミナーは4回に分けて様々なテーマで行います。

第二回目:背臥位から側臥位、そして座位姿勢の評価
第三回目:従重力位から抗重力位の変化に伴う評価と治療
第四回目:立位から歩行の評価と治療

プログラム


※ そもそも脳卒中片麻痺ってなに?脳卒中による身体への影響

・バランスへの影響
・姿勢への影響
・筋緊張への影響
・運動への影響
・感覚と知覚への影響

※ 片麻痺者の身体感覚の体験

・片麻痺の方の背臥位ってどんな感じ?
・片麻痺の方の端座位ってどんな感じ?
身体各部の重さを確かめてみよう。
基本動作への介入 セラビューティっクな”最小限”の介助方法について

※ ベッドで寝ている片麻痺患者さんをリハ室に連れていくまで。

・背臥位の方を横にずらしてみよう
・背臥位の方を側臥位にしてみよう
・側臥位から端座位へ
・端座位の方を車いすへ
・車いすでの安心感をプラスした移送
・麻痺側を下にした側臥位と麻痺側を上にした側臥位
・重度の介助が必要な方ヘの介入と軽症者への介入
・車いすを使った練習
・背臥位の特徴と診かた
・背臥位でのポジショニング
・ポジショニングで筋緊張を整える
・背臥位で出来る歩行運動へのアプローチ
・背臥位で行う上肢・肩甲帯へのアプローチ

持ち物


・筆記用具
・動きやすい服装
・昼食
・ヨガマット(実技時に2人に1枚必要)
・バスタオル(枕代わりとして使用します)

▼ お申し込みフォーム ▼

セミナー情報

脳卒中の病態と姿勢制御~セラピューティックな介助方法と背臥位の分析と運動療法~

2018年5月13日(日)10:30-16:30
社会医学技術学院専門学校 運動療法室
申込者情報

※ スマートフォンでドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

申込者情報 (二人目)

※ ドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

申込者情報 (三人目)

※ ドメイン受信制限を行っている方は「ep-och.com」のドメインからのメールが届くようになっているかご確認ください。 受信制限の解除方法はこちら → auSoftbankdocomo

- -

※ お勤めでない場合は「なし」と入力してください。

※ お勤めでない場合は「学生・主婦・なし」のように入力してください。

※ お勤めでない場合はお住まいの地域を選択してください。

※ 個人情報保護方針およびセミナー利用規約について、ご同意いただける方は下記の申し込み内容確認ボタンを押してください。お申し込み頂いた時点で、上記にご同意いただいたものと致します。
 

講師

小西 健一郎 先生

JBITA認定 ボバース・セラピスト / LSVT global認定 LSVT Big セラピスト(パーキンソン病の運動療法) / 日本理学療法士協会認定理学療法士(介護予防)

開催情報

2018年5月13日(日)10:30-16:30

社会医学技術学院専門学校 運動療法室  地図

12,960円(税込)
ペア割 1,000 円キャッシュバック
三人割 1,000 円キャッシュバック
このセミナーに申し込む

あなたにオススメのセミナー