腰下肢痛の評価と治療~神経絞扼性疼痛とは~

講師

波田野 征美 先生

理学療法士 / Mr.コリとる院長 / Oriental Physio Academy 代表

開催情報

2018 年 4月 29日 (日) 10:30-16:30

港区民センター 松竹  地図

10,800円(税込)
ペア割 1,000 円キャッシュバック
三人割 1,000 円キャッシュバック

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

『腰痛症の80%以上が画像診断では原因がわからない』と言われています。


画像診断で「ヘルニア」をはじめとした異常所見が見つかって医師から「これが原因だね。」と診断されることもありますが

異常のある部位とデルマトームで一致しないことが多く、

そもそも、近年では症状のない人でもレントゲンやMRIを撮ればほとんどの人にヘルニアや狭窄などの異常が見つかるという報告があり、そういった異常所見と症状はあまり関係ないのが現実です。

 

そんな患者さんの多くは私がこれまでセミナーでお伝えしてきた『トリガーポイント療法』で劇的な改善が見られるのですが

ごく稀に疼痛・しびれの出現エリアに関連痛パターンを持っているトリガーポイントをリリースしても大きな改善が見られない、場合によっては全く効果がないという患者さんに出会います。

 

そういう患者さんに出会ってしまった時に、関連痛パターンで考えればありえない筋肉をリリースした時に劇的に改善することをよく経験しました。

最初は「キートリガーポイント?・・・いやいや、だとしたらサテライトをリリースしても効果は出るはず。」と困惑したのですが

トリガーポイントの重要な症状を忘れていました。

そう。

『神経絞扼』

です。

 

 

収縮状態から戻れないトリガーポイントの形成部位では正常よりも太くなるため(ミリ単位の力こぶだと思ってください)

そこを通る神経を圧迫・絞扼してしまうのです。

 

今回のセミナーで紹介する手技自体はトリガーポイントリリースがメインにはなりますが

腰痛・下肢症状を引き起こす
神経の走行
絞扼部位
各種検査

もお伝えします。

 

これまでのトリガーポイント療法セミナーでは「関連痛」にフォーカスしたものでしたが今回は神経絞扼にフォーカスしたアプローチです。

トリガーポイント療法以外の手技も紹介する・・・かもしれません。

 

まだトリガーポイント療法を受講していない人はもちろん

すでにトリガーポイント療法セミナーを受けている人でも

神経絞扼という新しい視点での手技療法を提案できるはずです。

是非、この機会にご参加ください。

 

【持ち物】


・筆記用具
・動きやすい服装
・昼食
・ヨガマット(実技時に2人に1枚必要)

<お知らせ>
専用ヨガマットを弊社でレンタルしております。(1枚300円)
ご利用の際には申し込み内容の欄にその旨を記述してください。

 

銀行振込の場合は以下のフォームよりお進み下さい。

クレジット支払い
コンビニ支払いをご希望の方は
こちらからお申し込み下さい。

過去の受講生様の声

2018年4月29日
腰下肢痛の評価と治療~神経絞扼性疼痛とは~

〇本日はありがとうございました。
〇実技の時間をもう少し欲しかったけど、大変わかりやすかった。
〇楽しく受講させていただきました。ありがとうございました。
〇解剖学を再び学び参加します。
〇仙腸関節付近の痛みや腰痛の患者さんの症状が取りきれないことが多いので
試してみようと思いました。トリガーポイントの応用が聞けてよかったです。

講師

波田野 征美 先生

理学療法士 / Mr.コリとる院長 / Oriental Physio Academy 代表

開催情報

2018 年 4月 29日 (日) 10:30-16:30

港区民センター 松竹  地図

10,800円(税込)
ペア割 1,000 円キャッシュバック
三人割 1,000 円キャッシュバック

あなたにオススメのセミナー