新人のための手関節の基礎解剖と評価・触診技術講習会

セミナー内容

~脳血管・運動器どちらにも必要な知識と技術の紹介~


手関節・手指の複雑な解剖学と運動学は理解していますか?

手関節・手指は動作を完成させるための最終的な効果器になります!

人間が人間らしく生活するために、必要不可欠な機能であり、様々な効果を発揮する器官である『手』。

その手に何か異常が生じ、うまく使えなくなった時、そんな症例を目の前にして、あなたは何をしてあげられますか?
手関節・手指には人間が進化する上で培ってきた特殊な機能が存在しています。その機能を解剖学・運動学的に理解し、適切な介入・治療手技を行わなければなりません。

今回は、急性期病院と地域の整形外科クリニックで作業療法士として経験を積んだ石原が、基礎の部分から実技を交えて講義致します。

プログラム


・手関節・手指の機能解剖と触診について
・手関節・手指の障害について
・手関節・手指への評価と介入方法の考え方

 

持ち物


・筆記用具
・動きやすい服装
・昼食

過去の受講生様の声

2018年4月1日
新人のための手関節の基礎解剖と評価・触診技術講習会

○手指だけの勉強会があればいいです。
○丁寧に個別に回って頂きありがとうございました。
○実技が多めなので、明日からの臨床ですぐに試してみたいと思えてよかったです。
○ナイトセミナーの頻度、場所をもっとたくさん増やしていただけるとすごく助かります。今日はありがとうございました。
○技術が多く、楽しく受講できました。少人数だったので、すぐに質問しやすく良かったです。
○実技の時間も長く取っていただいたので、指導を十分に受けることができ、理解しやすかったです。

講師

石原 武幸

EPoch 作業療法士 / メディカル整体院SpAid 院長