【一歩進んだ新人のための】体幹機能障害に対する治療アプローチの習得

セミナー内容

上肢機能やADL の妨げとなる安定性や可動性の低下に対する治療手技についてお伝えします。


体幹機能への治療に難渋することはありませんか? 今の自分の治療法で良いのか、悩むことはありませんか?


四肢の問題や動作の問題と違い、「体幹機能」の問題点や治療ポイントを見つけることは難しいように感じます。 しかし人間の身体は必ず構造的にも運動学的にも様々な特徴を有しています。

その特徴をしっかりと理解し、正常を知ることで異常な問題点に対する評価と治療アプローチの選択が可能となります。

このセミナーでは基礎医学から導き出される体幹機能の特徴と治療についての考え方、実際の評価と治療手技について実技を交えて学んで頂きます。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。

以下のようなセラピストが対象です。

・新人から若手~中堅層まで、上肢機能のアプローチに自信の持てないセラピスト

・評価ー考察ーアプローチの繋がりをしっかりと学びたいと思っているセラピスト

・体幹機能障害に対するアプローチに難渋しているセラピスト

・体幹治療の引き出しや考え方の幅を広げたいセラピスト

内容


日々の上肢治療で悩むセラピストなどに、絶対に外さない評価フォーマットの紹介と最短で最大可動域を獲得できる、機能的な回復を導く方法を学ぶ事が出来る上肢の各関節の具体的な評価法による病態理解から適切なアプローチ方法を導き出し、その手技、手法を徹底的に習得して頂く。



プログラム


・体幹の構造的、機能的特徴について
・臨床上、問題となる体幹機能の特徴について
・体幹機能の評価と治療に対する考え方について
・体幹機能への治療のために必要な触診と評価方法の習得
・体幹機能改善のための治療手技の紹介と習得

 

銀行振込の場合は以下のフォームよりお進み下さい。

クレジット支払い
コンビニ支払いをご希望の方は
こちらからお申し込み下さい。

過去の受講生様の声

2018年4月29日
"【一歩進んだ新人のための】
体幹機能障害に対する治療アプローチの習得"

〇本日は臨床で使用できるアプローチを紹介していただきありがとうございました。是非また次回も愛媛での開催をしていただけたらと思います。手関節、手指等のアプローチを学んでいきたいです。
〇臨床での視点をたくさん学べたので明日から活かしたい。
〇経験が浅く、下肢ばかりに目が行きがちでありましたが、今回の講習で上肢~体幹への視野やアプローチの考え方の幅が広がったと思います。今後の臨床に活かしたいと思います。
〇解剖、生理学などから教えてもらったので頭に入りやすかったです。治療も明日からの臨床で使っていきたいと思います。
〇分かりやすい講義でわからないところもすぐに教えてもらえてよかったです。
〇体幹のアプローチに対して苦手意識が強かったのですが、実際の手技等解りやすく講義していただき、早速臨床でトライしてみようと思いました。
肩甲骨の固定性を高めるアプローチで難渋していた点もあったので助かりました
〇内容が実技が多く楽しめました。ありがとうございました。

講師

石原 武幸

EPoch 作業療法士 / メディカル整体院SpAid 院長