肩関節の機能解剖と触診の実技(肩関節の痛みに対する治療技術を含む)

講師

高濱 照 先生

九州中央リハビリテーション学院 副学長 / 理学療法士 / 日本肩関節理学療法研究会 会長 / 専門理学療法士(運動器)

開催情報

2018年2月25日(日)10:30~16:30

深見ビル 2階H室  地図

10,800円(税込)
ペア割 1,000 円キャッシュバック
三人割 1,000 円キャッシュバック

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

肩の解剖映像を見ながら知識を深める特別リハビリテーションセミナー


肩関節はとても複雑かつ繊細な関節です。
だからこそ、精密な触診技術や治療技術が要求されます。

今回のリハビリテーションセミナーは触診技術の実技を徹底的に行います。
正確に触診するためには、何が必要か?その実例を挙げながら解説いたします。

リハビリテーションの世界では、本来間違っていることが本当のことのようにいわれることがあります・
たとえば肩内旋位で外転すると,最終域まで挙上できません。これは大結節が肩峰に当たっているからと言われています。
これは間違いで実際は大結節と肩峰は当たっておりません。

なぜ、このようなことが起きるのか...?あなたは理解していますか?

今回のリハビリテーションセミナーは、実際の解剖の動的観察を写真や動画を見ながら解説し、触診の実技に繋げていきます。
その動的なイメージも含めて修得していただければ、今後の肩関節病態の考察に必ず役に立つと思います。

また、痛みの治療法には圧迫法と揉捏法があります。揉捏法は筋硬結に対して行います。
圧迫法は万能で、筋のスパズムを緩めて痛みをとることは容易にできますし、筋以外の軟部組織の痛みにも効果があります。
今回は肩の治療ということで行いますが、肩以外の痛みも同じですので応用することができます。実技で行いますので是非修得されてください。

また筋の触診は腱板筋が主ですが,それ以外には上腕三頭筋長頭が重要です。上腕三頭筋長頭のスパズムは肩峰下インピンジメントの原因となりそうです。
当日解剖での動的所見を見ながら説明します。

【プログラム】


・肩関節の解剖、運動学
・インピンジメント症候群はなぜ起こるのか?
・触診実技
・疾患に対する評価とアプローチ

【持ち物】


・筆記用具
・動きやすい服装
・昼食
・ヨガマット(実技時に2人に1枚必要)

過去の受講生様の声

2018年2月25日
"肩関節の機能解剖と触診の実技(肩関節の痛みに対する治療技術を含む)"

○時間的にも有意義な研修会でした。ありがとうございました。
○動画などによる説明があり非常にわかりやすかったです。
○エビデンスも含めた話があるとよかった。
○常識が覆ったので良かったです。当たり前を疑うことが大切なのがわかりました。
○教科書に書かれていることが全て正しいことではないとわかりました。
○筋の特性(解剖、運動、生理学)中心の講義があれば参加してみたいです。
○実技も先生が一人一人回って説明してくださったので、その場で理解することができてよかった。
○講義内容はすごく面白かったです。今までと違う知識が入ったりと大変勉強になりました。
○臨床で肩の治療をする際に困っていたことがたくさんありましたが、臨床に活かせそうだと思いました。
○もっと福岡で講義をしていただきたいです。

講師

高濱 照 先生

九州中央リハビリテーション学院 副学長 / 理学療法士 / 日本肩関節理学療法研究会 会長 / 専門理学療法士(運動器)

開催情報

2018年2月25日(日)10:30~16:30

深見ビル 2階H室  地図

10,800円(税込)
ペア割 1,000 円キャッシュバック
三人割 1,000 円キャッシュバック

あなたにオススメのセミナー