評価・治療プログラムに繋げる脳画像のみかた

セミナー内容

 脳画像を理解するための基礎知識を徹底学習!!


どんなリハビリテーションを行う上でも、セラピストとして専門性を発揮するために必要なこと、それは適切な評価に基づく治療プログラムの立案です。

特に症状が多岐に渡る、脳卒中・脳損傷の症例に対して、適切な評価を確立するためには脳の基礎知識が必要となり、そのことで脳画像を評価と治療に活用することが可能となります。学生時代に脳の機能局在や脳画像のみかたについて十分学ぶことはできなかったのではないでしょうか。

また、働き出してからでは、目の前の症例の評価・治療のことで頭がいっぱいになっていませんか?

このリハビリテーションセミナーでは前編・後編と段階的にしっかりと脳の基礎解剖の理解と画像のみかた、そして臨床での評価・治療プログラム立案に活かすまでに必要となる基礎を学ぶことができます。

是非この機会に、自分の評価・治療プログラムを一段階深いものにしてみませんか?
ご参加お待ちしております!

 

【概要】


「初歩の脳解剖学の整理と脳画像でみる脳解剖」

EPoch主催リハビリテーションセミナー「評価・治療プログラムに繋げる脳画像のみかた」は前編、後編の2回にわたる研修会企画です。2回の研修会を通じて、脳画像情報から自ら臨床推論できるようになるための礎を築くことを目標とします。

前編では、なぜ画像情報を活用することで評価と治療プログラムの精度が上がるのか、その概念について解説し、画像を活用する上で必要不可欠な基本的な脳解剖を整理します。さらに、その脳解剖を臨床で眼にする事が多い水平断面の画像でみた場合にどのようにみえるのかを解説します。また、CT、MRIといった各種画像の特徴や病変がどのようにみえるのか、また、その病変は時間経過とともにどのような変化を起こすのかについて解説します。後に続く、後編を理解するために不可欠な情報を提供するための初学者向けの研修会です。全くの初学者でも理解できる程度の解剖学であり、特に各葉の機能を中心に紹介します。基礎的な脳解剖学をじっくりと整理して、画像を活用するための基礎中の基礎を習得することを目的とした研修会となります。

※後編のお申込みはこちら※ 前編、後編と合わせてのご受講をおすすめします。

【プログラム】


・なぜ画像評価が必要なのか?
・画像を活用する上で必要不可欠な基本的な脳解剖
・水平断面での画像のみかた
・CT、MRIなど、各種画像の特徴とみかた

【持ち物】


・筆記用具
・昼食
・カラーペン(3色以上をお持ちください)

過去の受講生様の声

2017年12月10日
評価・治療プログラムに繋げる脳画像のみかた(前編)

○Pusher症候群についてのアセスメントと脳画像の評価について知りたいです。
○非常にわかりやすかったです。
○自分の基礎知識が足りていないと感じた。復習したいと思います。ありがとうございました。
○運動と感覚の主たる経路が難しかった。再度、勉強する必要があると思います。
○とてもわかりやすかったですが、最後の方がペースが速くてついていきにくかったです。知識不足で理解できないところはしっかり復習して後編も受講したいです。ありがとうございました。
○ずっとわからずにしてきた脳解剖。画像をみようと思えました。次回も楽しみにしています。
○脳の損傷で機能が低下することは何となくわかるようになってきました。まだまだ、
これから頑張るところですが...。ただ、なぜ神経が損傷するのか、脳出血の損傷の仕方、脳梗塞での損傷の仕方等そんな大もとの部分が恥ずかしながらわかりません。
○トレーニング(画像)問題を集めた問題集を出版してほしい。
○詳しく何度も説明してくださったので、一度では理解できなかったことも理解することが出来ました。理解度のチェックや問題があったので、さらに理解が深まりました。
画像のみかたは、明日からの臨床でも役に立つことばかりだったのでとても勉強になりました。
○とても、勉強になりました。

講師

阿部 浩明 先生

広南病院リハビリテーション科 総括主任 / 理学療法士