新人のための脳卒中片麻痺の手に対するリハビリテーション~廃用手からの脱却~

講師

石原 武幸

EPoch リハビリテーション事業部 部長 / 作業療法士

開催情報

2017年7月16日(日)10:30~16:30

ももちパレス  地図

6,500円(税込)
ペア割 1,000 円キャッシュバック
三人割 1,000 円キャッシュバック

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

脳卒中片麻痺手の治療に難渋しているセラピストへ


若手セラピストの強い味方!
EPoch石原のNEWリハビリテーションセミナー開催決定!

 

脳卒中の後遺症として片麻痺を呈した症例の麻痺手に対して、皆さまは日頃、どのようなリハビリテーションを行っていますか?
あまりにも麻痺が重度の場合、随意性が少なく、痙性も強い状態で、そんな手の麻痺に対して、あなたはどんなリハビリテーションを行っていますか?

脳卒中の後遺症後であるため、脳の回復が見られなければ上肢や手指にアプローチして難しいと考えているセラピストもいるかもしれません。

しかし、身体の構造や運動学的特徴を理解することで、それが本当に麻痺による筋緊張の異常状態なのか、またはアライメントの不良や関節の不安定性によるものなのかを判断することができるようになります。

その判断や評価が行えるようになることで筋緊張の亢進や弛緩など、バランスを崩してしまった症例に対して徒手的なアプローチが可能となります。

今回のリハビリテーションセミナーでは、脳卒中片麻痺患者の上肢機能の特徴や解剖学、運動学的に抑えておかなければいけないポイントと実際の治療介入方法と手技の練習を行い、麻痺手へのアプローチを習得して頂きます。

 

プログラム


1. 脳卒中片麻痺者の上肢機能障害について
2. 解剖学、運動学的に抑えておくポイント
3. 実際の治療介入の紹介
4. 徒手的アプローチ方法の練習

 

持ち物


・筆記用具
・動きやすい服装
・昼食
・ヨガマットもしくはバスタオル(実技時に2人に1枚必要)
・バスタオル(枕代わりとして使用します)

過去の受講生様の声

2017年7月16日
"新人のための脳卒中片麻痺の手に対する
アプローチ~廃用手からの脱却~"

○拘縮が進んだ高齢者にはどのようにアプローチしたらいいかわかりません。よかったらそのようなセミナーを開いて下さると受講したいと思います
○片麻痺への解剖・生理を通した体の連動で巧緻動作への物品を使用したexや促通etcを講義していただければと思います
○実技がすごくありがたいです。分かりやすかったです。CVA患者の麻痺側上肢のアプローチも詳しく知りたいです(肩など)
○今までの勉強会に比べ、実技が多く、すぐ近くで教えて下さりとても分かりやすかった。あまり難しい用語を使用されずに、みんなが確実に分かってからすすめて下さったので、マイペースである私にもついてくことができました。明日から臨床で実践していきます。ありがとうございました。また福岡に来て下さい
○実技があり、個別で教えてもらえてよかった。全体的に分かりやすい説明と資料で理解しやすい講義でした。リハビリのプログラム内容など段階付けが難しく教えて頂きたいです
○肘や肩、体幹のストレッチ、筋促通方法が知りたいです
○今回初めてEPochに参加させていただきました。なかなか臨床では学ぶことができない技術を学ぶことができて大変勉強になりました。明日から実際に生かしていきたいと思います。ありがとうございました
○訓練中の廃用手に対するアプローチに悩んでいたこともあり、今回のセミナーで学んだ事、臨床で生かしていき、応用的な訓練も自分なりに学んでいきたいと思います
○体の使い方や手指の使い方など教えてもらいありがとうございました。体幹や下肢のアプローチに対して困っているので、よかったら講義してもらえませんか?
○明日から、すぐに実践できるような手技を教えて頂きありがとうございました
○実技に入る際、部屋が狭くて近くで見えにくかった。手の構造は細かくて難しかったけど勉強になりました
○実技に対して、人数が多く、時間がかかりすぎている
○臨床ですぐ役立ちそうなのでとても勉強になりました。ありがとうございました
○また次回も参加したいです。ありがとうございました
○リーチ動作の安定性、体幹に対するアプローチについて学びたい
○話すペースも丁度良く分かりやすかった。臨床で活かせる患者がいたら使ってみたい
○色々なアプローチを教えていただき大変勉強になりました
○とても勉強になりました!
○正常なアライメント修正から中枢系への具体的介入方法をもう少し学びたかったです
○明日から実践したいアプローチがありました。ありがとうございました
○手へのアプローチ法について勉強になりました
○対応が丁寧でユーモアあり楽しかったです。明日からリハビリで活用していきたいと思います。またよろしくお願いします。上肢 Brs.I の促通法が知りたいです
○肩のモビライゼーションも知りたいです。肩の痛みの評価や片麻痺の方へのアプローチも知りたいです
○教室を広いところでやってほしい (実技がみえづらい)
○教室が狭かったです。講義は、脳血管障害や整形でも使用できるのでよかったです
○実技があったので分かりすかったです。体幹のアライメント修正についても学びたいです
○肩関節に対するセミナーへ参加してみたいと思いました
○肩・肩甲帯に対する内容 (脳血管疾患)

2017年7月9日
"新人のための体幹機能の評価と治療
~上肢機能練習やADL練習に繋げるために~"
受講生の声はこちら

2017年6月25日
"新人のための体幹機能の評価と治療 
~上肢機能練習やADL練習に~"
受講生の声はこちら

2017年6月4日
"新人のための脳卒中片麻痺の手に対するアプローチ
~廃用手からの脱却~"
受講生の声はこちら

2017年5月14日
"手関節の基礎解剖とアプローチ
~脳血管・運動器疾患どちらにも有効な手技の紹介~"
受講生の声はこちら

2017年4月2日
"新人のための上肢機能へのアプローチ
~運動器・脳血管疾患の具体的な介入例を用いて~"
受講生の声はこちら

2017年3月19日
手関節疾患の介入に悩むセラピストのための評価・治療アプローチ
受講生の声はこちら

2017年2月26日
新人のための運動器・脳血管疾患どちらにも有効な上肢機能へのアプローチ
受講生の声はこちら

2017年1月29日
手関節疾患の介入に悩むセラピストのための評価・治療アプローチ
受講生の声はこちら

2016 年 12 月 11 日 (日)
新人のための体幹機能の評価と治療 ~上肢機能練習やADL練習に繋げるために~
受講生の声はこちら

2016 年 11 月 27 日 (日)
新人のための運動器・脳血管疾患どちらにも有効な上肢機能へのアプローチ
受講生の声はこちら

2016 年 10 月 9 日 (日)
新人のための運動器・脳血管疾患どちらにも有効な上肢機能へのアプローチ
受講生の声はこちら

2016 年 9 月 11 日 (日)
手関節の基礎解剖とアプローチ~脳血管・運動器疾患どちらにも有効な手技の紹介~
受講生の声はこちら

2016 年 8 月 28 日 (日)
手関節の基礎解剖に基づく触診と治療 ~脳血管・運動器どちらにも必要な知識と技術~
受講生の声はこちら

2016 年 7 月 31 日 (日)
新人のための体幹機能の評価と治療 ~上肢機能練習やADL練習に繋げるために~
受講生の声はこちら

2016 年 5 月 29 日 (日)
手関節の基礎解剖とアプローチ~脳血管・運動器疾患どちらにも有効な手技の紹介~
受講生の声はこちら

2015 年 11 月 1 日 (日)
手関節の機能解剖学に基づく評価・治療 ~ADLに繋げる使える手の獲得を目指して~
受講生の声はこちら

2015 年 7 月 26 日 (日)
手関節・手指のリハビリテーション ~拘縮・浮腫に対する治療介入~
受講生の声はこちら

2015 年 6 月 28 日 (日)
脳卒中片麻痺後の上肢機能への実技講習 〜基礎解剖・運動学に基づいたアプローチの紹介〜
受講生の声はこちら

2015 年 3 月 8 日 (日)
『ADLに繋げる!脳血管疾患に対する上肢機能への評価・アプローチ』
受講生の声はこちら

2014 年 12 月 7 日 (日)
手関節の機能障害に対する評価と治療~ADLに繋げる使える手の獲得を目指して~
受講生の声はこちら

講師

石原 武幸

EPoch リハビリテーション事業部 部長 / 作業療法士

開催情報

2017年7月16日(日)10:30~16:30

ももちパレス  地図

6,500円(税込)
ペア割 1,000 円キャッシュバック
三人割 1,000 円キャッシュバック

あなたにオススメのセミナー