循環器疾患の基礎知識とリハビリテーション

講師

真鍋 周志 先生

理学療法士 / 呼吸療法認定士 / 認定理学療法士(呼吸) / 心臓リハビリテーション指導士

開催情報

2017年4月9日(日)10:30~16:30

東淀川区民会館  地図

5,400円(税込)

定員に達したため、
申し込みを締め切りました。

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

運動負荷を適切に調整できるセラピストが求められています


超高齢社会を迎え、循環器疾患を重複した様々な患者を治療する場面が増えています。
そして重症心疾患があっても様々な理由で保存的治療となった患者がリハビリを受ける場面が増えているのが現状です。

 その中であなたは循環器や呼吸器疾患のリスクを理解した上でリハビリを実施できていますか?

 急性期、回復期、維持期、在宅、いずれのステージにおいても数々の合併症をお持ちの患者様が増えているため、循環器の知識は欠かせません。

本セミナーは近年循環器疾患患者のリハビリテーションに対するエビデンスを基に、循環器の基礎知識を学び、これらを元に病態の理解と治療や運動負荷の進め方についてご講義頂きます。

※特に新人の方におすすめの内容になっています。

プログラム


1)循環器疾患の病態を理解する

・虚血性心疾患ってどんな病態なの?

弁膜症ってどんな病態なの?
不整脈があってもリハビリしても大丈夫?
あらゆる心疾患の終末像、心不全を理解することが循環器理解の第一歩!

2)循環器疾患を評価する
(ア)代表的な検査結果の意味を解釈できるようになろう
心電図
心エコー
胸部レントゲン
血液生化学検査
その他
(イ)その日その場の状態を把握する『フィジカルアセスメント』
視診
聴診
その他

3)循環器疾患の理学療法
(ア)虚血性心疾患の運動療法戦略を理解する
なぜ運動した方が良いのか?
中長期的な視点で運動療法を考える
(イ)心不全患者の運動療法はこんなに重要!
絶大な効果を誇る運動療法ができるようになる
適切な負荷量をどう考えていくか

持ち物


・筆記用具
・動きやすい服装
・昼食
・聴診器
・血圧計(もしあればご持参ください)

過去の受講生様の声

2016 年 11 月 20 日 (日)
実技で学ぶ循環器疾患に対する評価と治療

○負荷量を考えながらリハビリをしていくことの大切さがわかりました。心臓について興味があるのでさらに詳しく勉強させてもらいたいです
○とても貴重なご講義ありがとうございました。臨床でリハビリしていく中でとても役立つお話ばかりでした。今回の内容を今後の臨床で活かしたいと思います。ありがとうございました
○心音の聴診についての勉強会をしてほしいです
○基礎が学べてよかったです。STも運動で悩んでいる点があるので今後も勉強会を開いて頂きたいです
○改めて循環器リハの大切さを感じました。しっかり勉強していきます。ありがとうございました
○循環器だけでなく内部疾患のリハに対して興味があります。実際にcpxができる環境ではないので、運動負荷の決定にいつも悩まされています。今回のセミナーを参考によりよいリハが提供できる様に努めていきたいです


2016 年 7 月 3 日 (日)
実技で学ぶ循環器疾患に対する評価と治療
受講生の声はこちら


2016 年 2 月 21 日 (日)
新人のための心疾患の評価と治療
受講生の声はこちら


2015 年 8 月 30 日 (日)
心疾患理学療法のエッセンス~実技で学ぶ運動生理学~
受講生の声はこちら


2015 年 2 月 15 日 (日)
実例と実技で学ぶ循環器疾患に対する理学療法
受講生の声はこちら


2014 年 7 月 13 日 (日)
心リハを考える~慢性心不全患者に対するリハビリテーション~
受講生の声はこちら


2013 年 5 月 12 日 (日)
慢性心不全の病態把握と包括的リハビリテーション〜緊急事態における心肺蘇生のすすめ〜
受講生の声はこちら


2012 年 11 月 4 日 (日) 心不全の基礎~心不全の心臓の気持ち~
受講生の声はこちら

講師

真鍋 周志 先生

理学療法士 / 呼吸療法認定士 / 認定理学療法士(呼吸) / 心臓リハビリテーション指導士

開催情報

2017年4月9日(日)10:30~16:30

東淀川区民会館  地図

5,400円(税込)

定員に達したため、
申し込みを締め切りました。

あなたにオススメのセミナー