評価・治療プログラムに繋げる脳画像のみかた

セミナー内容

「自信を持って説明できる? 脳画像を理解するための機能局在」


どんな治療を行う上でも、セラピストとして専門性を発揮するために必要なこと、それは適切な評価に基づく治療プログラムの立案です。

特に症状が多岐に渡る、脳卒中・脳損傷の症例に対して、適切な評価を確立するためには脳の基礎知識が必要となり、そのことで脳画像を評価と治療に活用することが可能となります。学生時代に脳の機能局在や脳画像のみかたについて十分学ぶことはできなかったのではないでしょうか。

また、働き出してからでは、目の前の症例の評価・治療のことで頭がいっぱいになっていませんか?

このリハビリテーションセミナーでは前編・後編と段階的にしっかりと脳の基礎解剖の理解と画像のみかた、そして臨床での評価・治療プログラム立案に活かすまでに必要となる基礎を学ぶことができます。

是非この機会に、自分の評価・治療プログラムを一段階深いものにしてみませんか?
ご参加お待ちしております!

 

【概要】


「初歩の脳解剖学の整理と脳画像でみる脳解剖」

EPoch主催リハビリテーションセミナー「脳画像のリハビリテーションへの活用」は前編、後編の2回にわたる研修会企画です。2回の研修会を通じて、脳画像情報から自ら臨床推論できるようになるための礎を築くことを目標とします。

前編では、なぜ画像情報を活用することで評価と治療プログラムの精度が上がるのか、その概念について解説し、画像を活用する上で必要不可欠な基本的な脳解剖を整理します。さらに、その脳解剖を臨床で眼にする事が多い水平断面の画像でみた場合にどのようにみえるのかを解説します。また、CT、MRIといった各種画像の特徴や病変がどのようにみえるのか、また、その病変は時間経過とともにどのような変化を起こすのかについて解説します。後に続く、後編を理解するために不可欠な情報を提供するための初学者向けの研修会です。全くの初学者でも理解できる程度の解剖学であり、特に各葉の機能を中心に紹介します。基礎的な脳解剖学をじっくりと整理して、画像を活用するための基礎中の基礎を習得することを目的とした研修会となります。

※後編のお申込みはこちら※ 前編、後編と合わせてのご受講をおすすめします。

【プログラム】


・なぜ画像評価が必要なのか?
・画像を活用する上で必要不可欠な基本的な脳解剖
・水平断面での画像のみかた
・CT、MRIなど、各種画像の特徴とみかた

【持ち物】


・筆記用具
・昼食

過去の受講生様の声

2017年4月30日
評価・治療プログラムに繋げる脳画像のみかた(前篇)

○説明もできるだけ嚙み砕いてわかりやすい表現で理解しやすかった。途中で復習する時間もあったため、わからないまま進むことがなかった。後半もまた楽しみにしています
○画像・説明ともにわかりやすかったです。今後の治療に活かしたいと思います
○臨床の話などを含めて頂けたらもっと実用的だと感じた
○以前も阿部先生の講義を受けさせて頂きました。すごくわかりやすく臨床で活用することができました。一度ではわからないため、今後も復習を兼ねて受講させて頂きたいです
○アプローチの方法をもっと知りたいです。画像の説明がわかりやすかったです
○CT・MRI などを詳しく知ることができた。脳の基本から話が開けて臨床画像とあわせて考えることができた
○とても分かりやすく、勉強させていただきました。ありがとうございました
○画像に対して苦手意識を持っていましたが、まずゆっくりと患者様の評価に活かしてみようと思いました。頑張ります。ありがとうございました
○老健勤務なので画像を診ることがなかなかないので、利用者さんの障害を見ながら病巣を予測していこうと思った
○一度教えて頂いた点を後半に復習する機会があったので、とても分かりやすく理解が深まりました
○とても分かりやすい内容で、今後は患者様の脳画像をすすんで見ていこうと思いました
○画像などが沢山で分かりやすかった
○今さら聞けないような基礎的な内容も丁寧に説明頂き、とても良い復習となりました。若い世代に教える際の参考にさせて頂きます。また、臨床場面のエピソードもあわせてお話あり、とても分かりやすかった
○学んだ知識を臨床に活かせていけそうな内容で勉強になりました
○脳の解剖を理解することが大切なことを改めて大切だと思いました
○前回、初級~上級編参加させて頂きまして、非常に自分のスキルアップになりました。今回もまだまだ理解できていないことがたくさんあるので再度参加させて頂こうと思います。以前の参考文献を購入させて頂き、大変勉強になりました。脳卒中学術集会の内容も入れて頂けましたら大変ありがたいです
○他のセミナーと比較して、受講料が安かったので良かったです。横浜だけでなく東京や千葉等での開催を検討して頂けると幸いです。ナイトセミナー等もあると、参加しやすい。講師の先生、 是非実技を取り入れたセミナーを開催して下さい
○脳画像の診方はOTとなってずっと不得手としていて、やっと、分かるきっかけを作ってもらいました。2回目も受講したいです。先生の説明とても分かりやすく、正直、脳解剖など飽きてしまいそうな内容も導入や穴埋め等、本当に的確で時間も早く過ぎてよくわかりやすかったです

講師

阿部 浩明 先生

広南病院リハビリテーション科 総括主任 / 理学療法士