手関節疾患の介入に悩むセラピストのための評価・治療アプローチ

講師

石原 武幸

EPoch 作業療法士 / メディカル整体院SpAid 院長

開催情報

2017年3月19日(日)10:30~16:30

刈谷市産業振興センター/401会議室  地図

5,400円(税込)
ペア割 1,000 円キャッシュバック
三人割 1,000 円キャッシュバック

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

あなたは教科書に出てくる基礎解剖と運動学の知識を日々の臨床に落とし込んで考えられていますか?


臨床において、手関節に起きる機能障害は多岐にわたります。
骨折、捻挫、腱鞘炎、関節炎などなど。
足の関節や体幹機能の問題点に対しては比較的軽く診られがちな手関節ですが、
実は手関節の周辺に起きる問題点はその動作を最終的に完遂させることを妨げます。

それは手が人間らしく生活するために欠かせない効果器であるからであると言われています。手関節・手指の機能障害の改善を図るためには、時期に応じた適切な処置やアプローチ・治療手技が必要となってきます。

基礎解剖・運動学が大切であることは言うまでもありませんが、それをいかにして、症例の個別性を評価し、どのように治療に生かしていくのか、
その手順とポイントを正しく理解して介入することがとても重要となってきます。

今回は、臨床の手関節疾患に対する評価についての正しい手順や方法、
それぞれの病期や症状(可動域制限や痛み)に応じたアプローチの方法と治療手技の練習を行います。

プログラム


・手関節の基礎解剖と運動学
・手関節疾患の特徴について
・臨床で押さえておくポイント
・治療介入方法の紹介
・治療手技実技演習
・症例紹介

持ち物


・筆記用具
・動きやすい服装
・昼食

過去の受講生様の声

2017年2月26日
新人のための運動器・脳血管疾患どちらにも有効な上肢機能へのアプローチ

○背臥位でなく、端座位や椅子座位でアプローチできる肩周囲の方法がもう少し知りたかった
○実際に使用できそうな利用者がいそうなので、明日から臨床で実践してみます
○各実技の際に、どういった症状や患者様、アプローチしたい目的の例え等を挙げて頂けるとよりわかりやすいと思いました
○モビライゼーションなど技術面に関してわからないことが多く悩んでいた部分がありました。実技も多くとても分かりやすい説明でした。書く時間のタイミングも絶妙でした。また参加させて頂きたいと思います。ありがとうございました
○2回目の受講でした。以前は「何とかして臨床でできることを多くしたい」と参加させて頂きました。しかし、1回目より臨床で多くの患者様を担当させていただき、他の知識も前回よりも入ったことで、今回の受講で以前より様々な患者様に使うことができそうです。また他の勉強会もありましたら参加したいです。1日ありがとうございました
○講義よりも実際に実技を交えて行なうため、わかりやすかった
○男女のペアにならないように最初に配慮してもらえると良かった
○手技主体で分かりやすく参考になりました。また機会があれば参加したいです
○実技が多くて眠くならないで、受講することができました。すぐに臨床に活用できそうな技術が多くて良かったです。上肢と体幹機能の関係性について理解を深めることができた
○実際に実技練習中に先生が回って来て頂けたので、理解しやすかったです。明日から病院の同期とも練習し、臨床に活かしていきたいと思いました。肘の勉強会にぜひ受講したいと思いました。
○わかりやすくて非常に良かったです!脳外に特化した上肢機能の勉強会を開いて欲しいです!ありがとうございました
○とても丁寧に説明して頂き、わかりやすかったです。各テーブルに個人的にも教えて頂けるのでとっても良かったです
○本日はありがとうございました。アプローチごとに手技・方法を確認でき先生からも指導を受けることができ、わかりやすかったです。明日から実際にアプローチしてみたいと思います
○肘の解剖・機能面の講習があればいいと思います
○ありがとうございました。明日、実際に治療場面で行なってみたいと思います
○現在、整形外科・CVA…様々な疾患を担当しており、ぜひ本日学んだ実技を試してみたいと思いました
○肘・手指に対するアプローチが勉強してみたいです
○中枢疾患の方のベッド上や座位でのポジショニング方法を先生の経験の中で症例などを通して教えて頂ける機会があればうれしいです
○実技が多く、臨床ですぐに立つようしたいと思えたセミナーでした。実技の時、先生が1人なので何人か聞ける人がいたら良いなと。また他のセミナーも参加したいです
○実技が多くて良いが、それに対して質問できる先生の数が少ないので、インストラクターの先生もいると良いと思います
○講義・実技を混合に行なって下さったのでわかりやすかったです。患者様と健常者では多少異なると思うので、練習を重ねていこうと思います
○臨床で試して練習していきたいと思います。ありがとうございました
○上肢を使う際に体幹などの中枢が大切なことを実際に体験して行なうことができて、より頭に入りました
○痙性の高い人のアプローチに悩んでいました。本日学んだことを臨床へ活用していきます
○実技が多く、分かりやすい指導でとても有意義な時間でした。今後、基本動作(座位・立ち上がり)等の講義があれば是非受けたいです

2017年1月29日
手関節疾患の介入に悩むセラピストのための評価・治療アプローチ
受講生の声はこちら

2016 年 12 月 11 日 (日)
新人のための体幹機能の評価と治療 ~上肢機能練習やADL練習に繋げるために~
受講生の声はこちら

2016 年 11 月 27 日 (日)
新人のための運動器・脳血管疾患どちらにも有効な上肢機能へのアプローチ
受講生の声はこちら

2016 年 10 月 9 日 (日)
新人のための運動器・脳血管疾患どちらにも有効な上肢機能へのアプローチ
受講生の声はこちら

2016 年 9 月 11 日 (日)
手関節の基礎解剖とアプローチ~脳血管・運動器疾患どちらにも有効な手技の紹介~
受講生の声はこちら

2016 年 8 月 28 日 (日)
手関節の基礎解剖に基づく触診と治療 ~脳血管・運動器どちらにも必要な知識と技術~
受講生の声はこちら

2016 年 7 月 31 日 (日)
新人のための体幹機能の評価と治療 ~上肢機能練習やADL練習に繋げるために~
受講生の声はこちら

2016 年 5 月 29 日 (日)
手関節の基礎解剖とアプローチ~脳血管・運動器疾患どちらにも有効な手技の紹介~
受講生の声はこちら

2015 年 11 月 1 日 (日)
手関節の機能解剖学に基づく評価・治療 ~ADLに繋げる使える手の獲得を目指して~
受講生の声はこちら

2015 年 7 月 26 日 (日)
手関節・手指のリハビリテーション ~拘縮・浮腫に対する治療介入~
受講生の声はこちら

2015 年 6 月 28 日 (日)
脳卒中片麻痺後の上肢機能への実技講習 〜基礎解剖・運動学に基づいたアプローチの紹介〜
受講生の声はこちら

2015 年 3 月 8 日 (日)
『ADLに繋げる!脳血管疾患に対する上肢機能への評価・アプローチ』
受講生の声はこちら

2014 年 12 月 7 日 (日)
手関節の機能障害に対する評価と治療~ADLに繋げる使える手の獲得を目指して~
受講生の声はこちら

講師

石原 武幸

EPoch 作業療法士 / メディカル整体院SpAid 院長

開催情報

2017年3月19日(日)10:30~16:30

刈谷市産業振興センター/401会議室  地図

5,400円(税込)
ペア割 1,000 円キャッシュバック
三人割 1,000 円キャッシュバック

あなたにオススメのセミナー