【EPoch特別セミナー】日本徒手理学療法学会 理事の中山孝先生による徒手療法実技講習会ついに開催決定!

講師

no printing

中山 孝 先生

東京工科大学 医療保健学部 理学療法学科 教授 / 理学療法士 / 理学療法修士 / 学術博士 / 日本徒手理学療法研究会 幹事

セミナー内容

筋骨格系障害に対して運動機能改善をはかるための徒手的治療アプローチとは?


 

一流のセラピストは臨床の中できちんと解剖学的・生理学的に問題点の評価ができています。

 

筋、関節、表在・深部覚など、各系(感覚器系、結合組織、筋系、神経系、関節系、循環系、内臓系など)において、

徹底的に評価した上で、最も適する治療手技を選択する技術を身につけています。

それは経験という裏付けから得られるものもありますが、やはり徹底的な基礎知識があるからこそできる技でもあります。

 

 

しかし新人だからと言って患者様は待ってくれません。目の前の患者様には一刻の猶予もないのです。

 

そのためにはどうしなければいけないのか。

 

それは臨床的にも研究者としてもベテランのセラピストに学ぶことが一番の近道です。

 

 

本セミナーは筋・筋膜リリースや姿勢治療としても有名な徒手理学療法研究会でご活躍の中山孝先生にお越しいただきます。

中山先生は東京工科大学で教授として教鞭をとられているだけでなく、日本徒手理学療法学会の理事としてもご活躍中です。

本セミナーでは下肢・骨盤の評価について構造的に必要な知識を学び、各系に対する評価結果からどのような治療を選択すべきかという治療推論を学んでいただきます。

概要


脊椎~四肢に及ぶ筋骨格系の障害は、医師の診断学的疾病分類に基づいた徒手的評価・治療では
満足した結果をクライアントに与えることができません。

我々は臨床症状に基づいて身体機能を評価し、適切な治療戦略を構築する必要があります。

本講演会では、神経筋骨格系障害を有する症例に対し、臨床症状をどのように捉え、評価・治療目標を立て、ゴールに迫る徒手理学療法を展開すべきか、

これまでの研究報告と臨床経験をもとに概説します。

 

※本セミナーは実技中心となります。

持ち物


・筆記用具
・動きやすい服装
・昼食

講師

no printing

中山 孝 先生

東京工科大学 医療保健学部 理学療法学科 教授 / 理学療法士 / 理学療法修士 / 学術博士 / 日本徒手理学療法研究会 幹事