東洋医学から見た自律神経の調整法

講師

千葉 道哉 先生

理学療法士、鍼灸師

開催情報

2016年11月27日(日)10:30~16:30

サンピアンかわさき 研修室  地図

5,000円

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

自律神経は薬で調整するのではなく、徒手的に調整できるって知ってた?


現場でよく見られる肩こりや腰痛の症状も、問題点が必ずそこにあるとは限りませんよね。

 

患者様の症状を教科書に当てはめて考えても、結果が出ない。
そもそも問題点が見つからない。

 

そういうことはありませんか?

 

特に自律神経に由来する問題点(眠れない、めまいがする、ドキドキする、頭痛がする)などは、薬で調整することが普通だと思っているセラピストが大半だと思います。

 

こういう場合、そこからくる肩こりや腰痛は薬で本当に治るのでしょうか?

 

実は薬を使わなくても簡単に徒手的に自律神経を調整する方法があるのです。
それをマスターすれば新しい視点からの治療技術が身につきます。

ぜひ一度学んでみてください。

【概要】


東洋医学というと少し怪しく聞こえますが、実際はかなり効果的です。
なぜかというと、東洋医学は主に「自律神経」に働きかけ体を調整します。
皆さんも精神的に緊張すると体も固くなりますよね?

それもほとんどが自律神経の影響です。

その固さが腰痛や肩こりを発生させている場合があります。
そのため、自律神経を調整してみると緊張が一気に落ちることがあります。そのような面白さを、このセミナーで感じて頂ければと思います。

【プログラム】


自律神経とは
東洋医学との類似点
科学的根拠
東洋医学を臨床で使うには?
評価
アプローチ

【持ち物】


・筆記用具
・動きやすい服装
・昼食
・ヨガマット(実技時に2人に1枚必要)
・バスタオル(枕代わりとして使用します)

<お知らせ>
本セミナーではヨガマットのレンタルは行っておりません。

講師

千葉 道哉 先生

理学療法士、鍼灸師

開催情報

2016年11月27日(日)10:30~16:30

サンピアンかわさき 研修室  地図

5,000円

あなたにオススメのセミナー