実技で学ぶ循環器疾患に対する評価と治療

講師

真鍋 周志 先生

理学療法士 / 呼吸療法認定士 / 認定理学療法士(呼吸、循環器) / 心臓リハビリテーション指導士

開催情報

2016年11月20日(日)10:30~16:30

東淀川区民会館 会議室1  地図

6,000円

セミナー内容

生理学は今、学んでおかなければ後で後悔します!


【運動生理学を実技で学ぶ】がコンセプトの真鍋先生による大人気講習会!!
心疾患の評価と治療を進めるために必要な知識を学びます。


 

循環器の勉強で実技?
そう思われる方も多いかもしれません。

 

ですが、自分たちの身体ほど、運動負荷に対する反応がよい検体はありません。
だからこそ、【実技で学ぶ】ことで、リハビリに必要な【生理学の知識】が身につくのです。

 

なぜ、クリニックや整形疾患のリハビリでも循環器の知識を学ぶ必要があると言われているのかわかりますか?

それは、主疾患が心疾患でない患者様が多く、合併症として心機能に問題を持っている方も多いため、
心機能の問題がリハビリテーションを進めていく上で阻害因子となることが多いからです。

今回のテーマは心疾患理学療法を進めるにあたっての運動生理学的知識を実技で体験し、理解することが目的になります。

一度身体で覚えた知識や技術はなかなか忘れません。
明日からのリハビリに生かせる生理学、あなたも学んでみませんか?

【概要】


第一部:心臓生理学


循環器疾患の基本的な病態把握のための講義を行います。
医学的所見に基づいた循環器疾患の病態把握や全身状態の解釈に欠かせない内容です。

①心臓の基本的構造(解剖学)
②興奮?収縮連関
③刺激伝導系と心電図
④冠循環
⑤Cardiac Cycleと心エコー
⑥心ポンプ機能の規定因子

第二部:循環器疾患の運動療法


循環器疾患患者における運動療法の考え方、効果などについて講義を行います。
具体的な運動処方について学びます。

①運動療法の効果
②運動療法の安全性
③疾患別運動処方とリスク管理

第三部:運動生理学


なるべく実技での体験を通じて運動生理学の理解を深めてもらいたいと思います。
循環器疾患、特に心不全患者と正常との違いを学んでもらいます。

①姿勢変化に伴うVital変動
②運動様式の違いによるVital変動
③運動負荷試験を模して運動負荷時の反応を考える

持ち物


・筆記用具
・動きやすい服装
・昼食
・聴診器
・血圧計

過去の受講生様の声

○負荷量を考えながらリハビリをしていくことの大切さがわかりました。心臓について興味があるのでさらに詳しく勉強させてもらいたいです
○とても貴重なご講義ありがとうございました。臨床でリハビリしていく中でとても役立つお話ばかりでした。今回の内容を今後の臨床で活かしたいと思います。ありがとうございました
○心音の聴診についての勉強会をしてほしいです
○基礎が学べてよかったです。STも運動で悩んでいる点があるので今後も勉強会を開いて頂きたいです
○改めて循環器リハの大切さを感じました。しっかり勉強していきます。ありがとうございました
○循環器だけでなく内部疾患のリハに対して興味があります。実際にcpxができる環境ではないので、運動負荷の決定にいつも悩まされています。今回のセミナーを参考によりよいリハが提供できる様に努めていきたいです


2016 年 7 月 3 日 (日)
実技で学ぶ循環器疾患に対する評価と治療
受講生の声はこちら


2016 年 2 月 21 日 (日)
新人のための心疾患の評価と治療
受講生の声はこちら


2015 年 8 月 30 日 (日)
心疾患理学療法のエッセンス~実技で学ぶ運動生理学~
受講生の声はこちら


2015 年 2 月 15 日 (日)
実例と実技で学ぶ循環器疾患に対する理学療法
受講生の声はこちら


2014 年 7 月 13 日 (日)
心リハを考える~慢性心不全患者に対するリハビリテーション~
受講生の声はこちら


2013 年 5 月 12 日 (日)
慢性心不全の病態把握と包括的リハビリテーション〜緊急事態における心肺蘇生のすすめ〜
受講生の声はこちら


2012 年 11 月 4 日 (日) 心不全の基礎~心不全の心臓の気持ち~
受講生の声はこちら

講師

真鍋 周志 先生

理学療法士 / 呼吸療法認定士 / 認定理学療法士(呼吸、循環器) / 心臓リハビリテーション指導士

開催情報

2016年11月20日(日)10:30~16:30

東淀川区民会館 会議室1  地図

6,000円