運動制御に基づいた体幹へのアプローチ

セミナー内容

「動き」と「安定」相反する役割を両方獲得するために


日常生活動作を獲得していく中で、体幹の機能は重要なポイントになることを理解しているセラピストは多いと思います。

しかし、体幹(脊柱)機能とは何なのか?
どのような機能を獲得することが必要なのか?
あなたは根拠を持って説明ができますか?

体幹はStability(安定性)を求め過ぎるとActivity(動き)に連動させることが難しくなっていきます。
Activity(動き)にポイントを置くとStability(安定性)を求めにくくなります。

この相反する役割をいかに高め合えるのか。
そして、これらの役割は、同時に獲得していく必要があります。

獲得するにはどのような評価が、治療技術が必要なのか?

本セミナーでは、体幹機能を根拠を持って評価・治療する思考プロセスを学び、
高レベルの体幹制御が求められる動作に繋げるために必要な評価、治療技術の習得を目的に、小滝先生にご講演いただきます。

【概要】


これまでの体幹へのアプローチシリーズではあくまでActivityにこだわり、動作に繋がるための方法論を中心に展開してきましたが、今回は少し視点を変えて、どうやって脊柱を制御させるかという視点で挑んでみたいと思います。

脊柱の機能とはどのようなものでしょうか?

体幹そのものや四肢の運動の起点としての安定性を確保しながらも、Activityの中では十分な可動性が必要です。

この相反する脊柱の機能を獲得するためには、可動域を拡げる、ローカルマッスルを強化するという安易なプログラムでは達成できず、表在感覚や固有感覚からのフィードバックにより運動学習を促すことが重要となります。

問題はこれをどうやって行うか。さらに脊柱とは切り離せない胸郭(肋骨)と骨盤の連携性を考えていくことで、整形、中枢疾患はもちろんトップアスリートのコンディショニングまで応用が可能と考えています。

今回も技術論にこだわって理論を技術に変換するためのアイデアをたくさん紹介していきたいと思います。

【プログラム】


・脊柱・体幹の機能解剖とその評価
・呼吸を利用した脊柱コントロール
・多裂筋の活動を誘発する
・脊柱の可動域を拡げる
・腰椎のstabilityを獲得する
・胸郭と骨盤の連携性を強化する

 

【持ち物】


・筆記用具
・動きやすい服装
・昼食
・ヨガマット(実技時に2人に1枚必要)
・バスタオル(枕代わりとして使用します)

<お知らせ>
専用ヨガマットを弊社でレンタルしております。(1枚300円)
ご利用の際には申し込み内容の欄にその旨を記述してください。

過去の受講生様の声

○体幹へのアプローチのプロセスにおいて、頸部から腰部まで様々なアプローチ方法があることがわかった
○実技中心で、わからない点は丁寧に教えて頂けて、大変有意義な時間でした。明日からの臨床につなげていきたいです
○実技中心の講義だったので、臨床に結びつけやすくとても勉強になりました○もう少し抵抗の方向などを説明して頂ければよかった
○実技が多く、とても勉強になりました。実際に治療効果を出す緊張感もありましたが、それが集中できました
○実技での治療の流れを理解することができたことがよかったです
○症例を通した発表内容があれば理解が深まるかなと思いました。実技の際スタッフの数が足りず、直接的な指導が充実していないのは残念に思いました
○とても勉強になりました。ありがとうございました
○実技が多かったので、とてもいい勉強になりました。色々な受講者と実技が行えたので、治療効果がみれたり、教え合えてよかった
○座位や立位で左右差のある患者様に対して、どこから修正していけばいいのかとても迷います
○胸郭の動かし方についてもっと知りたいと思っています。大変わかりやすく、学びになりました。臨床でも活かしていきます。ありがとうございました
○下肢と体幹の連携について聞いてみたいです
○非常にいいセミナーでした
○装具をつけて立位や歩行をする際のハンドリング技術を磨きたいので、そのあたりの勉強会をしてほしいです
○奈良でも小滝先生のセミナーを行って欲しいです
○土曜日の開催もあればいいなと思います


2016 年 5 月 15 日 (日)
Activityに繋げるための体幹トレーニング
受講生の声はこちら

2015 年 10 月 4 日 (日)
Activityに繋げるための体幹トレーニング~坐位・立位など高い重心位置での体幹制御をどう獲得させるか~
受講生の声はこちら

2015 年 6 月 7 日 (日)
Activityに繋げるための体幹へのアプローチ
受講生の声はこちら

2014 年 11 月 9 日 (日)
【単日参加コース】股関節に対する評価・アプローチ~PNFの概念を用いた臨床問題解決
の糸口~
受講生の声はこちら

2014 年 9 月 28 日 (日)
【単日参加コース】股関節に対する評価・アプローチ~PNFの概念を用いた臨床問題解決の糸口~
受講生の声はこちら

2014 年 2 月 16 日 (日)
【本場のPNFを基礎から学ぶ】~基本原理と臨床応用~
受講生の声はこちら

講師

小滝 昌彦 先生

株式会社PNF研究所 西宮所長 / 理学療法士