足関節・足部における機能解剖と運動療法の展開

講師

中宿 伸哉 先生

吉田整形外科病院 リハビリテーション科 科長 / 整形外科リハビリテーション学会理事 / 理学療法士

開催情報

2016年10月2日(日)10:30~16:30

刈谷市産業振興センター203会議室  地図

10,000円

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

実技で学ぶ、足部の基礎解剖と疾患に対する評価と治療


 

基本的動作を理解する上で、特に「立つ・歩く」動作に大きく影響する足関節・足部の基礎解剖を知っておくことは必須です。

しかし、足関節・足部特有の構造や機能を理解することは難しく感じかもしれません。

 

バランス能力で考えてみましょう。

足部は姿勢保持のストラテジーにとても重要な部分です。

それではそこでどのようなメカニズムで姿勢を保持しているのでしょうか?

 

足部のアーチ機能、足根骨の一つ一つに意味があり、それらが協調的に位置し、筋が適切に働くからこそ

姿勢の維持や運動を可能にするのです。本セミナーでは足部の機能解剖運動学から、姿勢異常の評価、そしてアプローチについて学びます。

 

今回は整形外科リハビリテーション学会でご活躍されている中宿伸哉先生をお招きし、

苦手意識の持たれやすい足関節・足部の基礎を重点的に固めていただきます。

 

運動器障害を担当するセラピストは特に必見です!

 

【概要】


足関節、足部は、歩行など荷重時における床面からの外力を、一番初めに受ける部位であり、

これらの機能の安定が、バランスやパフォーマンスの能力を左右します。

 

特に足部では、足根骨1つ1つが協調して動くことで、それらをコントロールするため、アーチの機能を理解することは重要です。

今回の講義では、足関節、足部の機能解剖を理解した上で、足関節周辺の外傷と、有痛性足部疾患を題材に、それぞれ病態解釈のための評価方法と治療について講義致します。

 

【プログラム】


1.足関節、足部の機能解剖

2.足関節周辺外傷に対する治療戦略:足関節果部骨折を題材に(実技も含めて)

3.有痛性足部疾患に対する治療戦略(実技も含めて)

 

◯持ち物
・筆記用具
・動きやすい服装
・昼食
・ヨガマット(実技時に2人に1枚必要)

 

 

※愛知EPochセミナーではヨガマットのレンタルは行っておりません。
必ず、ヨガマットまたはその代わりとなるものをご用意ください。

過去の受講生様の声

◯中宿先生のセミナーを部位別でもっとやってほしい
◯骨盤、股関節中心のセミナーを開催してほしい
◯大変中身の濃いセミナーでした。しっかり臨床に入れていきます
◯講義のスピードがちょうど良かったです
◯足部についての評価をもっと学びたい
◯セミナーの流れがとてもわかりやすく勉強になった
◯基礎をしっかりと学ぶことができた
◯足関節や膝関節疾患を中心に知りたいです


2015 年 7 月 19 日 (日)
足関節・足部における機能解剖と運動療法の展開

受講生の声はこちら

講師

中宿 伸哉 先生

吉田整形外科病院 リハビリテーション科 科長 / 整形外科リハビリテーション学会理事 / 理学療法士

開催情報

2016年10月2日(日)10:30~16:30

刈谷市産業振興センター203会議室  地図

10,000円

あなたにオススメのセミナー