歩行分析からの治療アプローチ

講師

大森 崇史 先生

ヒューマンコンディショニングPNFセンター ホワイトデール / 理学療法士(保健学修士)

開催情報

2016 年 9 月 18 日 (日) 10:30~16:30

クレオ大阪西  地図

10,000円

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

PNFの概念を用いた動作分析を臨床に活かす方法とは?


歩行の基本はしっかり理解出来ていますでしょうか?

脳血管障害に伴う歩行障害や、大腿骨頚部骨折後の歩行障害など、
臨床において、歩行の問題は多く遭遇します。

 

歩行に対するアプローチはどのように進めていますか?
アプローチを進める上で、まず重要になるのが分析です。

 

例えば、歩行周期における床反力と下肢筋活動や、立脚初期、中期、後期、遊脚期の力学的条件など
歩行分析するためには様々な知識が必要となります。

 

歩行の基礎を知り、正確な観察が出来なければ歩行分析は出来ません。

 

問題点の抽出、治療の展開も歩行をしっかり理解しないと、導き出すのが難しいと思います。

 

そこで今回は、歩行においてどのような運動連鎖が生じているのか、臨床的に多い異常歩行のメカニズムなどの話から、どのように歩行分析するのかについても説明します。
そして、歩行分析から運動療法へどのように展開するのかについて、実技を中心に展開しようと考えています。

 

今回ご講義頂く大森先生は、ヒューマンコンディショニングPNFセンター ホワイトデールで活躍されておられ、各種団体などで講師としても多く経験されており、人気で多くの受講者より喜びの声があがっております。

動作分析が少しでも出来るようになり、より良い治療アプローチを見出せるようにご講演いただく予定です。
ぜひご興味があれば受講をご検討ください。

持ち物


・筆記用具
・動きやすい服装
・昼食

過去の受講生様の声

2016 年 9 月 18 日 (日)
歩行分析からの治療アプローチ
○実技がたくさんあって、とてもよかったです
○PNF的な視点で歩行に対して教えて頂き、実際に実感もあった為理解しやすかったです
○直接臨床に繋げれる内容だったのがよかったです
○とてもわかりやすい説明で、イメージがわきやすかったです
○実技が多く、反応が見え、実際の臨床にも使いやすい事が多かったので、臨床に出ても使っていけたらと思います。ゆっくり丁寧に指導して下さり、ありがとうございました
○もっと解剖学・運動学等をしっかりと勉強しなければと感じました
○治療中心のセミナーで、臨床に活かしやすいと思いました
○丁寧に説明して頂き、わかりやすかったです。
○筋連結が重要であることを改めて感じた

講師

大森 崇史 先生

ヒューマンコンディショニングPNFセンター ホワイトデール / 理学療法士(保健学修士)

開催情報

2016 年 9 月 18 日 (日) 10:30~16:30

クレオ大阪西  地図

10,000円

あなたにオススメのセミナー