姿勢・動作からみた下肢運動器障害へのアプローチ ~姿勢・動作に着目した評価と治療の実際~

講師

三谷 保弘 先生

関西福祉科学大学 保健医療学部リハビリテーション学科 教授 / 理学療法士 / 専門理学療法士(基礎理学療法)/ 専門理学療法士(運動器)

開催情報

2016年8月7日(日)10:30~16:30

尼崎中小企業センター401号室  地図

6,000円

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

運動連鎖を実技で学ぶ!下肢運動器疾患はなぜ連鎖的に症状が出るのか?


EPochで大人気の下肢運動器障害のセミナー開催決定!
下肢のアライメント評価はどうしたらいいか迷っている新人セラピスト必見です!

 

変形性膝関節症はなぜ姿勢が問題だと言われるのでしょうか?

足の小指の痛みが肩こりを引き起こす、腰の痛みから膝の痛みが出現する。

 

一件関係のないように見えて、症状が様々なところに出るのはなぜでしょうか?

 

ヒトの身体は重力によって支配され、重力に逆らうことで運動を行います。

つまり下肢に加わる力学的負荷を考えることが、下肢運動器疾患の症状を考えるヒントになります。

運動学=物理学とも考えられる論理的な思考過程をあなたも学んでみませんか?

 

概要


下肢運動器障害に対する理学療法では、下肢に加わる力学的負荷を考えながら行う必要があります。

下肢の力学的負荷を増大させる要因は、姿勢や動作が関係していることが多くあります。

 

したがって、姿勢・動作に着目した評価は障害発生のメカニズムを理解するためにも重要であり、また姿勢・動作に着目した理学療法の実践は、下肢の過剰な力学的負荷を軽減させ、下肢運動器障害の再発予防のためにも重要なものとなります。

今回のセミナーでは、姿勢・動作に着目した下肢運動器障害へのアプローチについて解説するとともに、評価の組み立て方や理学療法プログラムの立案に至るまでの論理的思考力を身につけることも目的とします。

実技のみならず運動学・運動力学的知識を基にした理論についても丁寧に解説しますので、既に臨床で働いている療法士はもちろんのこと、経験年数が少ない新人、若手療法士の皆様にも、理解しやすい内容となっております。

 

プログラム


1.下肢アライメントと下肢運動器障害
2.運動連鎖と下肢運動器障害
3.体幹機能と下肢運動器障害
4.姿勢・動作に着目した下肢運動器障害に対する理学療法

 

持ち物


・動きやすい服装(足部・膝が露出できるもの)
・筆記用具
・昼食

過去の受講生様の声

◯大事なことや初見では理解しにくい内容を講義の中で繰り返し教えて頂き、頭に残りやすく、理解できました
◯現在足部の勉強をしており、リンクすることが多く、すごく有意義な講義となりました。ありがとうございました
◯スポーツ的な話が多く、自分の受け持ちの患者様に照らし合わせて考えることができませんでした
◯非常にわかりやすかった。実技が少し見えにくかったのが残念です
◯重要な所は何度も繰り返し説明してもらえたので、分かり易くて良かった
◯講義がとてもわかりやすく、資料もとてもわかりやすかった
◯姿勢についてアライメントの変化が他の関節でどの様な影響が出るのかよくわかった。実技の練習をもう少ししたかったと思いますが、その点については明日からの臨床で試して使っていきたい
◯解剖学についてもう少し理解した上で、今回のセミナーを受ければよかったなと思った。もちろんセミナー自体はわかりやすかったのですが、自分自身もう少し理解が必要だと感じました
◯明日の治療よりすぐに取り入れていきたいと思います。参加してすごく勉強になりました。ありがとうございます
◯患者様にすぐ実践できるような内容でとても勉強になった
◯筋力評価方法の難易度が高く、高齢者では難しい印象で、主観的
な物が多い。現象の見方はわかりやすく説明して頂いたので良かったが、治療法が少なかった。スポーツ選手と高齢者で動作に変化はそこまでないと思うが、あるとすればどういうものがあるのか教えて頂きたい
◯生活期では生活行為の向上加算など、IADLに向けられています。そこでPTも介入できるような講義をして頂ければ幸いです
◯わかりやすいセミナーでした。実技も時折あったので、集中力が切れそうになった時のメリハリになりました。高齢者にもできる運動療法も教えて頂きたい
◯基礎的な内容を復習出来てよかった。説明が丁寧で分かり易かった
◯資料も見やすく、内容も分かり易かった
◯分かり易い講義でした。もっと三谷先生の運動連鎖理論を深く勉強したいと思った
◯ちょくちょく復習をはさんでくれたのがよかった
◯明日からの臨床で使える内容だったので、すごくよかったです。早速明日から使っていこうと思います


2016 年 2 月 28 日 (日)
姿勢・動作からみた下肢運動器障害へのアプローチ ~姿勢・動作に着目した評価と治療の実際~
受講生の声はこちら

2015 年 7 月 19 日 (日)
姿勢・動作からみた下肢運動器障害へのアプローチ ~姿勢・動作に着目した評価と治療の実際~
受講生の声はこちら

2014 年 9 月 14 日 (日)
下肢運動器障害に対する姿勢・動作のみかた~姿勢・動作に着目したリハビリテーションの実技と実践~
受講生の声はこちら

2014 年 3 月 30 日 (日)
【ヒトの動きを科学する】~運動学・運動力学的知識を基にした下肢運動器障害のみかた~
受講生の声はこちら

2013 年 6 月 9 日 (日) 下肢のバイオメカニクスと理学療法
受講生の声はこちら

講師

三谷 保弘 先生

関西福祉科学大学 保健医療学部リハビリテーション学科 教授 / 理学療法士 / 専門理学療法士(基礎理学療法)/ 専門理学療法士(運動器)

開催情報

2016年8月7日(日)10:30~16:30

尼崎中小企業センター401号室  地図

6,000円

あなたにオススメのセミナー