中枢神経疾患の臨床動作分析~歩行に繋げる動作分析の方法~

講師

鈴木 俊明 先生

関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科 教授・学科長 / 関西医療大学大学院 教授・研究副科長

開催情報

2016年6月26日(日)10:30~16:30

刈谷市総合文化センターアイリス501.502講座室  地図

8,000円

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

動作分析の基礎は、運動学にあります


 

脳血管障害の立位・歩行動作はいびつな動きをしているために
なかなか捉えられないという新人の頃の特有の悩みがあると思います。

 

そしていつも指導は

 

「正常動作と異常動作の違いはなんですか?」

と指摘されることって多くないですか?

 

 

でも少し待ってください。そもそも正常動作とどのように比較すればよいのでしょう?

そして正常動作とは、いったい何を基準に正常動作って言うんでしょうか?

このあたりで今現在も悩んでおられる方はいませんか?

 

 

でも少し言葉を変えてみましょう。

 

正常動作を「正常に動作を遂行しやすい動き方」という言い方に変えてみればわかりやすくないですか?

 

正常に動作を遂行しやすい動き方として例を挙げるのであれば、立ち上がり動作の際に座面の支持基底面から足底の支持基底面に重心を移動させますよね?

 

そうする理由は明確だと思います。それがなぜ効率的なのかも。

 

もうわかりましたか?

正常動作=運動学なのです。

 

今回のセミナーでは、脳血管障害の患者様の歩行動作の問題点の抽出の仕方、そしてその動作に対する治療方法を運動学的を用いて徹底的にご講義頂く予定になっています。

 

本講座を受講していただくことで、以下のメリットがあります。

 

〇各歩行周期における観察の要点が理解できる。
〇関節運動学的な視点から、治療方法を確立することが出来る。
〇実際の患者様の動画を見ながらの講義を進めていただくので、視覚的にも理解しやすい。
〇ディスカッションを交えて講義を行うことで、第三者の意見交換もできる。

 

【本講座受講後、明日からの臨床での視診力が必ず変わります】


 

【概要】


リハビリテーションを行う際に、その評価として、姿勢分析、動作分析は必須である。
この講演では、神経疾患の動作分析を明確にすることを目標にする。
具体的には以下の点については、受講生のみなさんにできるだけ理解いただきたいところである。

【プログラム】


1 現象と運動
2 健常者の動作分析

1)椅子からの立ち上がり動作
2)歩行動作
3)上肢挙上動作
4)脳血管疾患の臨床動作分析

本セミナーでは正しい運動学にもとづいた動作分析を熱く語ります。

※本セミナーは講義が中心ですが、ディスカッションと実技を一部含みます。

【関西理学療法学会 会長 鈴木俊明先生とは】


鈴木俊明先生は関西医療大学で教授としてご活躍されておられます。

「治せる治療家を育てる」ことを究極の目的とし、講習会、症例検討会などを通じて日々、リハビリテーションの知識・技術を研鑽されています。

神経疾患の理学療法をご専門に研究され、多数のセミナー講師を務められ、多くのセラピストに支持されておられます。

そして理学療法と鍼灸医学の考えを組み合わせた新しい治療法の開発など、臨床家として多くの成果を挙げられておられ、患者様からも支持されておられます。

 

【持ち物】


・筆記用具
・動きやすい服装
・昼食

過去の受講生様の声

2015 年 9 月 20 日 (日)
中枢神経疾患の臨床動作分析~安定した歩行動作獲得の為に~

・質問に対して的確な答えを出してくれるのがよかった
・基礎の大切さがわかった
・整形疾患にも十分使える
・先生が昼食もとらずに質問に答えて頂いた
・運動学、解剖学から患者様を診る視点が広がった
・細かいデータや先生の臨床の経験をたくさん聞けた
・基本的な動作観察から機能障害を導き出す思考の重要性を改めて感じた
・臨床での治療や考え方について新しい見方を知ることができ、大変よかった
・先生が熱く、現象を機能障害にまで掘り下げて丁寧に教えて下さったのでわかりやすかった


2015 年 7 月 12 日 (日)
動作分析のために必要な基礎知識~基本動作から歩行動作まで~

・実技を交えた講義だったので、理解しやすかった
・すごくわかりやすく、明日からの臨床に生かせると思った
・内容についていくのでいっぱいいっぱいだった
・質問の時間が多く、分かるまで教えて頂き非常にわかりやすかった
・提示された様な患者様が実際に臨床にいるので、すごく勉強になった
・動作分析への見方がすごく変わった
・先生の様なセラピストになっていきたいと思います
・もっと深く考えてリハビリをしていこうと思った
・動画を使った講義で説明もわかりやすかった
・一生懸命教えてもらってありがたかった
・理解するのに時間が足りない
・難しいけど有意義な講義だった

講師

鈴木 俊明 先生

関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科 教授・学科長 / 関西医療大学大学院 教授・研究副科長

開催情報

2016年6月26日(日)10:30~16:30

刈谷市総合文化センターアイリス501.502講座室  地図

8,000円

あなたにオススメのセミナー