運動学に基づいた治療アプローチ~下肢運動器疾患の姿勢制御について~

講師

山川 雅史

りんくう総合医療センター 理学療法士

開催情報

2015年9月13日(日)10:30~16:30

市民交流センターひがしよどがわ403号室

6,000円

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

姿勢制御を評価するために必要な基礎知識とは


 

下肢運動器疾患の治療を進めていく上で
必ず問題となる姿勢制御機構によるバランス能力の低下

 

不安定な動作を評価する際、
あなたは姿勢制御の問題点を適切に説明ができますか?
  

  
たとえば座位姿勢における側方リーチの際の体幹伸展機構・頸反射、
歩行動作時の立ち直り反応や足部、股関節のストラテジー機構など
各々の動作において、筋出力を調整する制御機構の働きは重要です。

 

その姿勢制御を調整するために必要な知識、そして運動療法を進めるにはどのようにすればよいかそれを考える内容となっています。

 

 

本セミナーは主にバランス反応を中心にご講義いただきます。
12月に本セミナーの発展版として、歩行動作におけるバランス反応と運動療法と言うテーマでセミナーを開催しますので、ぜひ合わせて受講をご検討ください。

 

概要


バランス障害は加齢による影響や脳血管障害などあらゆる疾患において認めます。バランスの概念から最新知見を提示し、エビデンスに基づく思考過程の紹介からバランス能力向上に向けた運動療法の工夫について紹介したいと考えています。

 

 

持ち物


・筆記用具
・動きやすい服装
・昼食
・ヨガマット(実技時に2人に1枚必要)

 

<お知らせ>
専用ヨガマットを弊社でレンタルしております。(1枚300円)
ご利用の際には申し込み内容の欄にその旨を記述してください。

過去の受講生様の声

◯実技が多く、またすぐに臨床で活かせる内容だった
◯普段見逃していたことに気付けてよかった
◯触診の時間の目安を教えて頂けると、交代するタイミングがわかるのでありがたい
◯できれば参考文献をつけてほしい


2015 年 7 月 19 日 (日)
脳血管障害に対する運動療法の5大原則 ~連合反応を出さずに治療を進めるためには~
受講生の声はこちら


2015 年 6 月 14 日 (日)
脳血管障害に対するリハビリテーション(実践編)~座位の安定性から歩行能力の獲得について~
受講生の声はこちら


2015 年 3 月 8 日 (日)
運動学的思考に基づいた下肢運動器疾患に対する治療アプローチ ~股関節・膝関節疾患
の特性を中心に~
受講生の声はこちら


2014 年 8 月 3 日 (日)
~基礎を学んで治療に生かす~膝関節疾患の質的な評価と治療展開
受講生の声はこちら


2013 年 12 月 15 日 (日)
【治療の初歩は運動学から考える】〜下肢運動器疾患の特性を踏まえて〜
受講生の声はこちら


2013 年 5 月 19 日 (日)
動作観察に対する運動学的視点からみた解釈
受講生の声はこちら


2012 年 12 月 2 日 (日)
PNF概論、運動学に基づいた運動療法
受講生の声はこちら


2012 年 10 月 14 日 (日)
「PNF概論」〜運動学に基づいた運動療法 Part3〜
受講生の声はこちら


2012 年 8 月 5 日 (日)
「PNF概論、運動学に基づいた運動療法」
受講生の声はこちら


2012 年 5 月 13 日 (日)
PNF概論 運動学に基づいた運動療法
受講生の声はこちら

講師

山川 雅史

りんくう総合医療センター 理学療法士

開催情報

2015年9月13日(日)10:30~16:30

市民交流センターひがしよどがわ403号室

6,000円

あなたにオススメのセミナー