姿勢・動作からみた下肢運動器障害へのアプローチ ~姿勢・動作に着目した評価と治療の実際~

講師

三谷 保弘 先生

関西福祉科学大学 保健医療学部リハビリテーション学科 教授 / 理学療法士 / 専門理学療法士(基礎理学療法)/ 専門理学療法士(運動器)

開催情報

2015年7月19日(日) 10:30~16:30

市民交流センターよどがわ106号室  地図

6,500円

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

大人気運動連鎖セミナー!実践的に学ぶ、下肢の運動療法


~障害が起こる原因と、再発予防について~

 

高齢者のリハビリで多い、変形性膝関節症、そして変形性股関節症

高齢になればなるほど関節面が変形しやすいのはなぜでしょう?

 

筋力が落ちてきたから?
アライメントが崩れているから?
軟骨が擦り減ってきたから?

 

まず、変形性関節症が起こる原因を知らねば、運動療法は意味を成しません。

 

それはなぜか?

 

問題は関節ではなく、トータルバランスだからです。

 

 

姿勢や動作における、微妙な力学的ストレスが、最終的に膝や股関節に影響しているのです。
だからこそ、全身を見て、治療を進めなければいけないのです。

 

本セミナーでは、下肢の運動連鎖に着目し、下肢運動器障害の再発予防を防ぐ方法を学びます。

 

力学的な視点を持つことで、どの筋が弱いのか?どの筋を鍛えればよいのか?どこを操作すべきなのかがわかります。
だからこそ、実践的な運動療法を提供できるようになるのです。

 

本セミナーは毎年満員の大人気セミナーです。
基礎から実践的に学び、明日からの治療にぜひ取り入れてください。

 

【概要】


下肢運動器障害はoveruse(使い過ぎ)が原因であることが多く、下肢に加わる力学的負荷を考えながらリハビリテーションを行う必要があります。

姿勢・動作に着目した評価は、下肢に加わる力学的負荷を推察し障害発生のメカニズムを理解するためにも有用な情報を与えてくれます。

そして、姿勢・動作に着目したリハビリテーションの実践は、下肢の過剰な力学的負荷を軽減することができ、

下肢運動器障害の再発予防のためにも重要なものとなります。

 

今回のセミナーでは、下肢運動器障害に対する姿勢・動作のみかたについて解説し、

姿勢・動作の変化が下肢にどのような影響を与えるかについて理解を深めることを目的とします。

また、下肢運動器障害に対する姿勢・動作に着目したリハビリテーションの実践についても解説します。

実技を中心としたセミナーとなりますが、運動学・運動力学的知識を基にした理論についても丁寧に解説しますので、

既に臨床で働いている療法士はもちろんのこと、経験年数が少ない新人、若手療法士の皆様にも、理解しやすい内容となっております。

 

【プログラム】


1.下肢アライメントと下肢運動器障害
2.運動連鎖と下肢運動器障害
3.体幹機能と下肢運動器障害
4.姿勢・動作に着目した下肢運動器障害に対する理学療法

 

【持ち物】


・動きやすい服装(足部・膝が露出できるもの)
・筆記用具
・昼食
・ヨガマット(2人に1枚必要)

<お知らせ>


専用ヨガマットを弊社でレンタルしております。(1枚300円)
ご利用の際には申し込み内容の欄にその旨を記述してください。

過去の受講生様の声

◯足関節のアライメントをもっと詳しくみてみようと思った
◯とても丁寧で内容がわかりやすく、勉強になった
◯疾患に対する治療をもっと知りたかった
◯実技もあり、知識を深めることができた
◯臨床で実践できる内容を教えて頂けて、とても興味深かった
◯高齢者に行いやすい評価をもっと知りたかった
◯運動連鎖について曖昧だったが、知識を深めることができた



2014 年 9 月 14 日 (日)
下肢運動器障害に対する姿勢・動作のみかた~姿勢・動作に着目したリハビリテーションの実技と実践~
受講生の声はこちら

2014 年 3 月 30 日 (日)
【ヒトの動きを科学する】~運動学・運動力学的知識を基にした下肢運動器障害のみかた~
受講生の声はこちら

2013 年 6 月 9 日 (日) 下肢のバイオメカニクスと理学療法
受講生の声はこちら

講師

三谷 保弘 先生

関西福祉科学大学 保健医療学部リハビリテーション学科 教授 / 理学療法士 / 専門理学療法士(基礎理学療法)/ 専門理学療法士(運動器)

開催情報

2015年7月19日(日) 10:30~16:30

市民交流センターよどがわ106号室  地図

6,500円

あなたにオススメのセミナー