足関節背屈制限における制限因子の評価法と運動療法

講師

猪田 茂生 先生

伊賀市立上野総合市民病院 リハビリテーション課 理学療法士 整形外科リハビリテーション学会 認定指導員A


開催情報

2019年3月24日(日)10:30-16:30

なんば市民学習センター セミナー展示室  地図

6,900円(税込)

セミナー内容

現状把握だけでよい!? 原因究明のための評価が適切な運動療法へとつながる!


※20名限定のためお申し込みはおはやめに!

関節可動域の測定方法は、養成校時代に理学療法評価法の中で習い、一生懸命練習して身につけました。

では、制限因子の見つけ方は?

どのような所見が得られたら損傷・筋攣縮・伸張障害・滑走障害が起きていると判断していますか?

これらの質問に答えを出せるでしょうか?

 

関節可動域運動は、理学療法士が最もよく実施する治療方法でありながら、制限因子の見つけ方の手順をしっかり習ったという話はあまり耳にしません。

制限因子の推察方法を学ぶ機会が全くなかった学生さんや若い療法士の方々は、病態に合わない、形だけの関節可動域運動を実施してしまい、良くならない患者さんを目の前に、どうしてよいかわからなくて悩む結果になってしまいます。

 

 

治療方法を決定し、臨床における問題解決を図るためには、角度を計測するという「現状把握のための評価」にとどまらず、制限因子を推察するという「原因究明のための評価」が欠かせません。

 

「制限因子の推察方法」と言っても、知識を並べて憶測で物を言うのではなく、臨床所見という事実を揃えて述べるということが大切です。

 

これは、私が知る一流の療法士の方々が、どのような手順・過程で評価を進めているかを分析しながら「1症例1症例を丁寧に診る」を続けてきた中で見つけた現時点での評価の基本部分です。

 

このセミナーでは、足関節背屈制限を例に挙げ、機能解剖学的触診技術を用いて得られた臨床所見を比較・統合することで可動域制限の原因となる「どこの組織が?」「どのような病態か?」を推察し、病態に合った運動療法を実施できるようになることを目指しています。

初めから「上手にする」ことは難しいと思いますが、「丁寧にする」は誰でもできます。

「丁寧」は、細かいところまで注意が行き届いていることであり、相手を大切にする心から生まれます。

「患者さんを良くするために、丁寧に所見をとって原因を見つける」を実践してみませんか?

 

プログラム


1.正常な運動軌跡での足関節背屈操作技術(実技あり)

2.足関節背屈制限において治療対象となりやすい組織の触診(実技あり)

3.足関節背屈制限における制限因子の推察手順(実技あり)

4.症例紹介

 

猪田先生の過去のセミナーの様子と受講生様の感想をご紹介


今まで開催したセミナーの様子や、受講生様から頂いた感想を

詳しくこちらでご紹介しています。

ぜひご覧ください。

過去の受講生様の声

2018年6月24日 愛知県開催
「足関節背屈運動における制限因子の推察に必要な触診技術」

・今回学んだことを、今担当している患者様に行いたいです。
・当たり前だと思っていた事を、改めて考えると理解していなかったと再認識することができた。また復習します。
・実技がたくさんあり、わかりやすかったです。
・初めてのセミナー参加で緊張していましたが、とても勉強になりました。
・膝のセミナー希望です。
・股関節、膝関節の触診やCTの見方などを聞いてみたいです。
・1年目なので、問題点の見つけ方や治療への結び付け方のセミナーがあるといいと思いました。
・説明がわかりやすく、少人数だったので良かった。
・楽しかったです。ありがとうございました。
・股関節のセミナーをしていただきたいです。

講師

猪田 茂生 先生

伊賀市立上野総合市民病院 リハビリテーション課 理学療法士 整形外科リハビリテーション学会 認定指導員A


開催情報

2019年3月24日(日)10:30-16:30

なんば市民学習センター セミナー展示室  地図

6,900円(税込)