手関節・手指のリハビリテーション ~拘縮・浮腫に対する治療介入~

講師

石原 武幸

EPoch 作業療法士 / メディカル整体院SpAid 院長

開催情報

2015年7月26日(日) 10:30~16:30

市民交流センターよどがわ203号室  地図

6,000円

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

【基礎から学ぶ、手関節のイロハと治療アプローチについて】


新人セラピストでも理解できる、手関節の解剖学的知識の臨床応用。 明日からの治療で、手をみれば、あなたはどこを治療すべきかが理解できます。

 

例えば、手指屈筋腱損傷における髄鞘内での屈筋腱縫合は、 術後に癒着して腱の十分な滑走が得られず満足できる結果が得られていないという論文がある。

 

それはなぜか??

 

どうすれば、癒着を最小限に抑えて進めることが出来るのか?

 

一次修復が完了するまでに早期運動療法を勧められるが、 そこで注意しなければいけないことがある。

 

あなたなら、屈筋腱損傷後のリハビリテーションはどのように進めるだろうか?

 

このように、手関節の解剖学を学んでも、病理学的な知識や生理学的な知識、 そしてその修復過程や手術中の情報などを絡めて学んでいくことは、特に新人のうちは難しいかもしれません。

 

本セミナーでは、手関節・手指のリハビリを進めるにあたり、必要な基礎医学的な知識と、 治療に必要な注意点をくまなく説明していただきながら、 ADLに繋げている動作を獲得するために必要な治療推論をご講義頂きます。

【概要】


手関節・手指はヒトが手作業をするときに最終的な効果を発揮する部位です。

 

その機能は多岐に渡り、触る・持つ・握る・つまむ・押すなどなど、様々な状況で力を発揮します。

その効果器として重要な手指、そして、その手指の動きを最大限にサポートするための 手関節の構造と機能について、基礎から理解し、治療介入に繋げる方法をお伝えします。

 

特に手関節・手指は人体の末梢部であり、拘縮や浮腫などが起きた場合に、 軽減・改善させることが大変困難に思われるセラピストも多いのではないかと考えます。

そのような疑問や治療の悩みに対して、具体的症例を交えてどんな状況の時にどのような手順でアプローチすることが最適であるかを 講義と実技を交えてお伝えしていきます。

 

【プログラム】


・手関節・手指の基礎構造と機能

・症例紹介

・拘縮に対する具体的介入

・治療手技

 

【持ち物】


・筆記用具

・動きやすい服装

・昼食

・ヨガマット(実技時に2人に1枚必要)

 

<お知らせ>

専用ヨガマットを弊社でレンタルしております。(1枚300円)

ご利用の際には申し込み内容の欄にその旨を記述してください。

過去の受講生様の声

◯より専門性の高い内容を望んでいた
◯解剖からつまづいていたので、基礎的なことから学べてとてもわかりやすかった
◯実技が多く臨床に役立てそう
◯先生がテーブルに回って下さったので、気軽に質問することができた
◯最後に時間が余って少し間延びしたので、もう少し内容を濃くして頂いた方が良かった


2015 年 6 月 28 日 (日)
脳卒中片麻痺後の上肢機能への実技講習 〜基礎解剖・運動学に基づいたアプローチの紹
介〜
受講生の声はこちら

2015 年 3 月 8 日 (日)
『ADLに繋げる!脳血管疾患に対する上肢機能への評価・アプローチ』
受講生の声はこちら

2014 年 12 月 7 日 (日)
手関節の機能障害に対する評価と治療~ADLに繋げる使える手の獲得を目指して~
受講生の声はこちら

講師

石原 武幸

EPoch 作業療法士 / メディカル整体院SpAid 院長

開催情報

2015年7月26日(日) 10:30~16:30

市民交流センターよどがわ203号室  地図

6,000円

あなたにオススメのセミナー