脳卒中片麻痺後の上肢機能への実技講習 〜基礎解剖・運動学に基づいたアプローチの紹介〜

講師

石原 武幸

EPoch 作業療法士 / メディカル整体院SpAid 院長

開催情報

2015年6月28日 10:30~16:30

刈谷市総合文化センターアイリス 中央生涯学習センター501・502号室  地図

6,500円
ペア割 1,000 円キャッシュバック
三人割 1,000 円キャッシュバック
新人割 1,000 円キャッシュバック

あなたにオススメのセミナー

セミナー内容

基礎解剖・運動学を手技・実技に活かすまでの方法論とは?


 

本セミナーでは、脳卒中片麻痺後に出現する、上肢機能の異常状態・機能障害に対して基礎解剖・運動学を正確に理解することが目標です。

その上で、各治療場面での治療アプローチ方法をご紹介します。

 

脳卒中の主の問題は勿論、脳そのものや脳機能に多く存在しています。

しかし症状はその身体に出現しています。

 

片麻痺後に起こる肩関節・肘関節・手関節・手指の状態は、正常機能とは逸脱していることをまず理解していただき、その上で何が異常なのか、どの機能が残存しているのかを理解し、それに対する治療の考え方や実技を交えたレクチャーを行います。

 

各関節の筋・骨格系に対して、どのように介入を行うのか、それについて実技を中心に練習し、明日からの臨床に活かせるように習得して頂きます。

 

【プログラム】


・上肢機能に必要な基礎解剖・運動学

・上肢機能介入前に必要な評価・先行治療について

・治療介入方法

 

【持ち物】


・動きやすい服装(肩関節を露出できる服を持参してください)
・昼食

過去の受講生様の声

◯わかりやすく評価から今一度見直してみます。亜脱臼について
◯指導するスタッフが多いとさらにスムーズに行えると思った
◯一人での出席が不安でしたが良かった
◯肩甲骨の固定の方法リリースについて学ぶことが出来て良かった
◯実技メインで講習を行って頂けたのが良かった
◯上肢機能の解剖学から実技まで学ぶことができて、復習も兼ねて勉強になった
◯今後1つの実技として使っていきたい
◯肩関節の基礎解剖学、運動学についてわかりやすく学ぶことができた
◯分かりやすく勉強になりました。また機会があれば参加したい
◯実技の際に先生が二人ぐらいいれば時間短縮になるのでは?
◯しっかり実技していただいて、分かりやすかった


2015 年 3 月 8 日 (日)
『ADLに繋げる!脳血管疾患に対する上肢機能への評価・アプローチ』
受講生の声はこちら

2014 年 12 月 7 日 (日)
手関節の機能障害に対する評価と治療~ADLに繋げる使える手の獲得を目指して~
受講生の声はこちら

講師

石原 武幸

EPoch 作業療法士 / メディカル整体院SpAid 院長

開催情報

2015年6月28日 10:30~16:30

刈谷市総合文化センターアイリス 中央生涯学習センター501・502号室  地図

6,500円
ペア割 1,000 円キャッシュバック
三人割 1,000 円キャッシュバック
新人割 1,000 円キャッシュバック

あなたにオススメのセミナー