循環器リハを実技で学ぶ、基礎知識とアプローチ

講師

真鍋 周志 先生

理学療法士 / 呼吸療法認定士 / 認定理学療法士(呼吸、循環器) / 心臓リハビリテーション指導士


開催情報

2019年1月13日(日)10:30-16:30

ももち文化センター 特別会議室  地図

6,900円(税込)

セミナー内容

運動生理学を実技で学ぶ 大人気エポックセミナーを福岡で


え?循環器の勉強で実技?

驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。
真鍋先生のセミナーは循環器リハを実技を通して学ぶことができるのです。

臨床において、循環器の疾患を合併している方が少なくありません。
つまり、理学療法士だけでなく作業療法士も
循環器の疾患と関わっているのです。

 

あなたはしっかりとした知識を持っていますか?

 

このエポックセミナーを受けると・・・



  1. 循環器疾患の基本的な病態把握ができます。

  2. 循環器疾患の病態把握や全身状態の解釈が学べます。

  3. 循環器疾患患者における運動療法の考え方、効果を学ぶことができます。

  4. 運動療法のための運動負荷設定の方法を学ぶことができます。

  5. 実技での体験を通じて運動生理学を学べます。

  6. 循環器疾患、特に心不全患者と正常との違いが分かります。


 

知っているようで知らない循環器


 

理学療法士・作業療法士のあなたは、主疾患の勉強で手一杯になっていませんか?

主疾患が循環器疾患でない患者様を担当する機会が多いと、

どうしても循環器の勉強は後回しになってしまいますよね。

(私がまさにそうでした。)

 

しかしながら合併症として循環器に問題を持っている方は、

臨床上、非常に多く、循環器がリハビリテーションを進めていく上で

阻害因子となることも少なくありません。

 

今回のエポックセミナーは循環器リハを進めるにあたって

運動生理学の知識を実技で体験し、学んでいきます。

循環器を実技を通して学んで、その重要性やリスク管理を学んでみませんか?

 

【プログラム】

第一部:心臓生理学


循環器疾患の基本的な病態把握のための講義を行います。

医学的所見に基づいた循環器疾患の病態把握や全身状態の解釈に欠かせない内容です。

  1. 心臓の基本的構造(解剖学)

  2. 興奮-収縮連関

  3. 刺激伝導系と心電図

  4. 冠循環

  5. Cardiac Cycleと心エコー

  6. 心ポンプ機能の規定因子



第二部:循環器疾患の運動療法


循環器疾患患者における運動療法の考え方、効果などについて講義を行います。
具体的な運動処方について学びます。

  1. 運動療法の効果

  2. 運動療法の安全性

  3. 疾患別運動処方とリスク管理



第三部:運動生理学


なるべく実技での体験を通じて運動生理学の理解を深めてもらいます。
循環器疾患、特に心不全患者と正常との違いを学んでもらいます。

  1. 姿勢変化に伴うVital変動

  2. 運動様式の違いによるVital

  3. 変動運動負荷試験を模して運動負荷時の反応を考える


 

【持ち物】

  • 筆記用具

  • 動きやすい服装

  • 昼食

  • 聴診器

  • 血圧計


 

エポックセミナー事業部からの一言


今まで開催したセミナーの様子や、受講生様から頂いた感想を掲載しています。

受講を悩まれている方は、今までの開催の様子をご覧ください。

 

真鍋先生はとても丁寧でわかりやすく、

いろんなことを教えてくださります。

教科書に載っていることばかりではなく、臨床的な内容をどんどん説明してくださるので
会場で是非とも積極的に話をしてみてください。

優しい先生なので、丁寧に教えてくださいますよ!

過去の受講生様の声

2018年9月16日 愛知県開催
「これだけは知っておきたい循環器疾患のリハビリテーション 〜基礎医学と病態の把握〜」

・難しい内容でしたが、丁寧に説明してくださり、概ね理解できました。
・基礎的なことから説明してくださり、大変わかりやすかったです。
・心リハを対応するにあたり基礎から学び直すことができました。
・リスク管理に気をつけてリハビリをしていきたいと思います。
・基礎から丁寧に教えていただきとても勉強になりました。
・OTの初歩的な基礎をアップできる講座があれば知りたいです。
・循環器の分野に対してこんなに考えたことがなかったので、 明日からの臨床で考えていきたいです。
・症例検討をあまりしたことがなかったのですが、グループで話ができてよかった。
・股関節・骨盤周囲の筋の触診についてセミナーしてほしい。


2018年10月28日 関西開催
「心リハに必要な循環器疾患の基礎知識とリハビリテーション」

・訪問で働いているOTなのですが、実際の訪問だとなかなか心電図などを見る機会が無いのが現状です。
 その中で担当の先生と連携してデータを送っていただくようになったので、
 本日の講義を参考にして病態把握をしていきたいと思います。
・病態、基礎知識からリハビリまでどうやって対応するか説明していただいたので
 とてもわかりやすかったです。
・実際の症例を使いながらの説明はわかりやすくおもしろかったです。


2018年11月18日 関西開催
「【実技で学ぶ】循環器疾患に対する基礎知識とアプローチ」

・老健でも特に最近回復期に当たる方が来られることが増えてきている気がする。
・心疾患や肺疾患を持っている方も多く、リハ内容や負荷量に悩みます。
・本日は大変勉強になりました。


2018年12月16日 関西開催
「【心リハ】新人向けの心不全患者のADL評価とリハビリ」

・具体的でわかりやすかったです。心不全の病理、基礎的なところもよくわかりました。
・セラピストの考え方、見かたが少しだけわかったように思います。
 グループワークもわかりやすかったです。ありがとうございました。

講師

真鍋 周志 先生

理学療法士 / 呼吸療法認定士 / 認定理学療法士(呼吸、循環器) / 心臓リハビリテーション指導士


開催情報

2019年1月13日(日)10:30-16:30

ももち文化センター 特別会議室  地図

6,900円(税込)